FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.04.20

あずさ56号

どうも。

三流亭まん丸でございます。



で、帰りなんですけど・・・

あ、前回の続きです。

上諏訪駅17時30分発の「あずさ56号」に乗って
新宿へ戻ってきました。

と、あずさに乗るまでにちょっと時間があったので、
上諏訪駅から徒歩10分くらいのところにある
片倉館に立ち寄ってひとっぷろ浴びてきましたよ。

え?

片倉館、ご存知じゃない??

ほら、あの映画「テルマエロマエ」の撮影が行われた・・・

ほら、「百人入っても大丈夫!」って・・・
あ、それはイナバの物置だった。

ほら、深さ1.1mもあって
百人が立って同時に入れる「千人風呂」がある・・・

「千人じゃないじゃん」って、
まぁ、そこは
水に流していただければと存じます。

温泉だもの・・・。


で、行った時間も中途半端だったせいか、
そのでっかい浴室には
私一人しかおりませんで、
もう貸切風呂状態だったんですよ。

誰に気を使うこともなく、
開放感に浸って、さぞや気持ちよく・・・
って思うでしょ?

でもね、広すぎる風呂にポツンと1人、
チンアナゴにように立って
入浴するっていうのは、
想像以上に落ち着かないんですよねぇ。

お湯も熱かったこともあって
早々に出てきてしまいましたけど
あずさ発車までたっぷり時間があったんですから
もう少しゆっくり浸かっててもよかったですかねぇ。

あずさ、さむさも、時間まで、
といいますしねぇ。




で、「あずさ56号」の話しに戻ります。

この列車、
土曜・日曜・祝日だけ運行されている
臨時特急なんですね。

臨時特急は
停車駅や料金、所要時間、列車の外観や内装は、
通常特急と全く同じなんですけど、
車内販売がないんですよねぇ。

今回はちょうど夕食時間帯なんですけど
それがないので
新宿まで寝ていくことにしたんですよ。

で、ウトウト心地よくまどろんでいたところ、
いきなり
「なんで車内販売がないんだ!」
っていう怒声が。

2席ぐらい前に座っていた
60代半ばくらいのオッサンが
車掌さんを捕まえて、
えらい剣幕で文句言ってんですよねぇ。

寝た振りしてたんですけど、
オッサンの必死の訴え、

「オレを飢え死にさせるつもりか!」

で笑いのスイッチが入っちゃいましてね、

「飲み物無きゃ、干物になっちまうじゃねぇか!」

でトドメをさされて、おもわず噴き出してしまいました。

もうね、笑いをこらえるのに必死でしたよ。



で、10人くらいの子供達のグループが
甲府からドヤドヤ乗ってきたんですね。

そのうちの一人、
通路を挟んだ反対側の席に座った
10歳くらいの女の子が座るや否や、
ずっ~と念仏を唱えるようにブツブツと

「おなかが空いた、おなかが空いた、おなかが空いた・・・」

これ、ず~っとですよ、ず~っと!

もうね、気になっちゃって眠れないんですよ。


で、八王子を過ぎたあたりで
(この段階で1時間経過してます)
ようやく通りかかった車掌さんを
その子が呼び止めたんですね。

「あの、車内販売ってないんでしょうか?」

「臨時特急なので車内販売はありません。」

「え~っ!!!!!」

すると今度は

「信じられない、信じられない、信じられない・・・」

これが、新宿まで、ず~っと・・・。





19時57分新宿着、「あずさ56号」。

臨時特急なんですから
車内販売が無いのは、
しゃーないんですよ。










ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.18

あずさ1号

どうも。

三流亭まん丸でございます。


実母が信州の出なもので、
実母の帰郷に付き合う形で
よく「あずさ1号」(新宿・朝7時発)を利用します。

あずさ、この3月にダイヤ改正して、
自由席がなくなったんですね。
全席指定、しかもスピードアップを図るためか
停車する駅が少なくなりまして。

新宿を出ると、立川、八王子、
その先は以前は大月(改正後も停まるあずさもある)
塩山・山梨市や石和温泉などに停車していたのが
今はほとんどすっ飛ばして、いきなり甲府。

ま、大月や石和温泉には、
同じ中央線特急の「かいじ」を
使ってくださいねってことなんでしょうね。



先日のこと。

いつものようにあずさ1号に乗りこんで、
ウトウトまどろんでおりましたところ
左の肩をトントンされていることに気づきましてね。

で、目を開けると、左肩をトントンしていたのは
怪訝そうな顔した二人組のオバちゃんのうちの一人。

なんとなくの雰囲気でわかったのは
どうやら八王子を発車したばかりっていうこと。

「なんでしょうか。」

「あの、そこ、私らの席なんですけど。」


あらら、座席間違えたかな、と思って
あわてて自分の切符を取り出して
座席番号を確認してみたんですけど

「いや、私達(私と母)の席で間違いないですよ。
そちらこそお席、お間違えではありませんか?」

その答えにカチンときたのか、
ちょっとムッとした様子で

「いいえ、私達の切符には、はっきりと
〇号車△番のA・Bって書いてあるんですっ!」


もしや、と思って

「申し訳ないんですけど、
その切符、見せてもらえませんか?」

と尋ねると、オバちゃん、鼻息荒く、
見せるのは良いけど、
見たらさっさとどきなさいよ感ありありに

「どうぞ!」

と言って切符を私に差し出します。

その切符には確かに、
この座席番号があったんですけど
行き先がね、


八王子 → 石和温泉


やっぱり、そうだったか。


私ね、おとなげないとは思いながらも
心地よいまどろみの時間を
ぶち壊されたことへのプチ仕返しで、

「この列車、あずさ1号、なんですけどね。」

と、ちょっとだけ嫌味っぽく言いながら
切符をお返ししたんですねぇ。


するとオバちゃんたちの顔は
みるみる真っ赤になっちゃって

「あら、やだ! あずさに乗っちゃったわ!」

で、そんなこと誰も聞いちゃいないのに

「もう、恥ずかしいったらありゃしない!」

「乗る電車、間違えちゃったわ!」

「かいじじゃないなんて!」

と、ずっと自分らのマヌケさぶりを
周囲に大きな声で説明しながら
デッキの方へスタコラサッサと退散していきました。

・・・黙っていけば、誰も気づかないのにねぇ。(苦笑)



土日は、八王子駅では、
「あずさ1号」が発車したわずか4分後に
同じホームから「かいじ73号」が
発車するんですねぇ。



大月を出た「あずさ1号」は、
石和温泉駅を平均時速100kmであっという間に通過し
次の停車駅である甲府へ向かってひた走ります。


オバちゃんたちは、
ちゃんと大月で降りたのでしょうか。

かいじ73号に乗り換え
目的地である石和温泉駅に
無事着けるのでしょうか。


・・・ま、どうでもいいですけどね、そんなこと。



7時ちょうどのあずさ1号。

春まだ浅い信濃路へと向かう列車内では
様々なドラマが繰り広げられておりました。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。

三流亭まん丸でございます。


夕食後、寝っ転がってお尻ポリポリかきながら
テレビで野球見てたら・・・

痛っ! 


突然、左足の裏がつりましてね。

そんときは風呂に入ってよーく揉み解してね、
それからはなんともなかったんですけど、
次の日の夕方になって、今度は
左足外側のくるぶしの下から足の薬指にかけて、
激痛が走ったんでございますよ。

ぶつけたり、ひねったりした覚えはまったくないのに、
もうね、足を地に着けることができないんですよ。

ぐわっ、ぐぐぐ・・・



そういや、3月の健康診断で
尿酸値高めという結果がでてたぞ?!

まさか・・・

も、もしかして・・・





突然ですが、この先は、
珠玉の名曲「言葉にできない」(小田和正)
をお聴きになりながら、どうぞ。






la la la…… 

痛むはずのない 足が痛んだ
串で突いて刺すように・・・
違う、きっと、違う 心が叫んでる

一人では歩くことできなくて
また、「あれかも」と疑ってる
足が 痛すぎて 言葉にできない

la la la…… 言葉にできない



整形外科に着いたら 
ジジィババァでメチャ混みで
果たして この足の 診察 いつになる

「誰のせいでもない 
あんたが不摂生すぎるから」
それは 正しくて 反論できない

la la la…… 言葉にできない



もう、今は・・・



痛風で なくて ほんとうによかった
嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない
la la la…… 言葉にできない



痛風で なくて woo woo woo woo



言葉にできない



でも、足が痛くて woo woo woo woo



 



結局、足の痛みの原因は不明なのですが
痛風でないことはお墨付き。


いろんな意味で

言葉にできない。










ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.14

どうも。

三流亭まん丸でございます。


2024年でしたっけ?

新紙幣が発行されるなんていう
話題がありましたね。

40年もの長きに渡り
「人の上に人を作り、人の下に人を作る」
格差社会の要因である一万円の、
その肖像画でありつづけた福沢諭吉先生も
ようやくご隠居の身となられるわけですね。

おつとめ、お疲れ様でございました。



で、新メンバーの顔ぶれは

 一万円札 ・・・ 渋沢栄一
 五千円札 ・・・ 津田梅子
 千円札 ・・・ 北里柴三郎


なんだそうで。


だいたい明治以降の社会の変動期に活躍した、
国内だけでなく国際的にも評価されている
文化人・知識人・経済人らから選ばれる、
というのが慣例みたいですね。

政治家はね・・・

前は描かれていたお札もあったそうですが
まぁ、昔と違って今の政治家には
ロクな人がいませんからねぇ。

口がへの字なのは肖像画に向かないし・・・。



ということで、今回はこんな話し。

今から85年後の新紙幣の肖像画に
誰が選ばれるのか、考えてみよう!



イマドキの、
様々な功績を挙げられた著名な方々が
ちょうどその頃の候補になりそうでしょ。

なんか面白そうだし。

ヒマだし。




ということで、
希望に満ちた独断と偏見でいきます。



まずは千円札から。

 手塚治虫さん

裏面はぜひアトムでお願いします。

手塚治虫さんがいなければ、
いまや世界に誇る日本のマンガ・アニメ文化は
存在しなかったといっても過言ではありません。

もし手塚さんがダメだというのなら、
ぜひ吉田戦車を。

それもダメなら、鴨川つばめを。




次に五千円札。

 山中伸弥さん

京大iPS細胞研究所・山中伸弥教授がよろしいかと。
おそらくiPS細胞は、
今後、創薬、新しい治療法の開発、再生医療で実用化され
85年後の世界の医療の
スタンダードになっていることでしょう。

もし「STAP細胞はありまーす」だったら、
小保方晴子さんもあったかも・・・

いや、無いな。





で、最後は日本の顔、一万円札。

 緒方貞子さん

これは文句なしだと思いますが・・・。

国連公使、
国際連合児童基金(ユニセフ) 執行理事会議長、
国連人権委員会日本政府代表、
第8代国連難民高等弁務官、
アフガニスタン支援政府特別代表、
国際協力機構 (JICA) 理事長を歴任。

特に国連難民高等弁務官時代、
世界各地で起こる紛争最前線に自らが赴き、
命がけで現場の指揮を執り、
世界の強国を相手取って
妥協を許さぬ交渉を行い、
難民保護や人道支援を実現。

175万人に及ぶクルド難民、
ボスニア紛争難民75万人、ルワンダ難民・・・、
緒方さんの「行動する弁務官」の言動は世界を動かし
虐殺や飢餓から救いだされた世界の難民は
数百万人ともいわれています。

国際社会において常に弱者の立場に立ち、
強権に対して決して屈せず、、
相互理解の促進と人権に対する貢献を実践、
「世界の良識」と賞賛されている、
日本人で知らない人がいたとしても
世界で知らない人はいないという日本人。

この緒方貞子さんを、日本の顔である
一万円札の肖像画に選ぶのならば
私はそんな日本国を心から誇りに思いますねぇ。

・・・なんか、一万円だけ真面目に書いてますねぇ。


あ、もし85年後も忖度があれば、
まさかの安倍さんっていうことも・・・

もし、そんなことになったら
私はそんな日本国を心から軽蔑しますけどねぇ。





てなわけで、皆さんも、この機会に
「誰のお札を見てみたいか」、
お考えになってみてはいかがでしょうか。

ま、もっとも85年後には
すべてキャッシュレスになっていて
紙幣そのものが
存在してないかもしれないですよねぇ。


そもそも私がこの世に存在してないか。(笑)








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。

三流亭まん丸でございます。


今年の粘っていた東京の桜は、
先日の凍てつくような春雨で終幕。

で、粘っていた国会の桜も、
先日の周りが凍りつくような失言で
ついに終幕。


モノ言えば くちびる寒し 散る桜


国会桜の散り際は、美しかったですかねぇ??




それにしても、早いですねぇ。
いやぁ、早い、早い。

今年もあっという間に4月も半ば、
1年の3分の1が過ぎようとしています。

こんな調子で月日が進んでいったら、
まばたききする間にゴールデンウィーク到来ですよ。

で、ゴールデンウィークが終わったら梅雨、
梅雨が明けたら猛暑、
猛暑が過ぎたらハロウィン、
ハロウィン終わったらクリスマス、
で、気がつけば紅白歌合戦、
蛍の光、除夜の鐘、で
新年明けましておめでとう!

ということで、忘れないうちに。

「それではみなさん、よいお年を!」  (笑)




こんな風に、
年をとると、時間の経過が
早くなったように感じられる現象を
「ジャネーの法則」というんだそうです。

だからなんだといわれても・・・

拙ブログはウィキペディアではありませんので
この法則が何たるかを詳しく知りたい方は、
ぜひご自分でお調べくださいね。


では、今回はこの辺で。



ジャネー!








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.