まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2014年06月25日 (水) | 編集 |
ワールドカップで日本代表の予選敗退が決まった。
全く興味がないのだが、それでもちょっぴり残念だ。
だが選手達の健闘は大いに称えたいと思う。

でもこれで連日連夜のお祭り騒ぎが少しは収まるかと思うと少々ホッとしている。
サッカーファンは日本代表が敗れてもハイレベルな戦いに興奮し続けるであろうが
大多数のにわかファンの一時のサッカー熱は、
マイナス25℃の冷凍庫に放り込まれたマグロのように急速冷凍されるに違いないからだ。

そもそもFIFAが冷静かつ真剣に実力を分析したランキングを見てごく普通に判断すれば
ランキング40位以下の日本代表が12位のギリシャや8位のコロンビアに勝てるわけがない。
横綱vs小結、大関vs前頭筆頭くらいの力差なら
ひょっとすれば一泡吹かせることもできたかもしれないが
日本代表はようやくワールドカップという幕内に定着し始めた幕尻力士のようなもので
横綱・大関に勝てるわけがないのと同じだ。
私は、選手達には頑張ってほしいとは思っていたが、
まず予選は突破できないだろうとハナっから思っていた。
別にサッカーが嫌いなわけでも、ワールドカップが嫌いなわけでもない。
冷静に判断しただけの話だ。
案の定、C組はランキング通りの順位に落ち着いたわけで、
至極順当な結果、日本代表の今の実力通りの結果なのだ。

日本代表の予選敗退を受けて、これまでさんざん「イケる、イケる!」と煽っていたメディアが
お得意の手の平返しのこき下ろしを炸裂させるのは時間の問題であろう。
だが、開幕前に冷静な実力分析とチーム情勢を総合的に判断して
この結果を予測するのがメディアの仕事であり実力であるわけで、
ろくな分析もせずお祭り騒ぎを煽るだけ煽っておきながら、
終わった後に一転「あれがダメだ、これがダメだ、やっぱりダメだ」とこき下ろすのは
自分がいかに能無しであったかを自分で堂々と言いふらしているようなものだ。
自分はバカだと自分で公言しているわけであり、
こき下ろせばこき下ろすほど自らの墓穴を掘り続けることになるのだ。


こういうのを、メディアのオウンゴールという。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント
この記事へのコメント
>メディアのオウンゴール
まさに言い得て妙ですね。
2014/06/26(木) 07:03:39 | URL | MK #-[ 編集]
MKさん、おはようございます。

徐々にですが、「ザックが…」「本田が…」みたいなことを
メディアがいい始めたということで…(苦笑)。
冷静に考えてみれば、ワールドカップに出られるだけで
相当凄いことのような気もしますけどねぇ。
2014/06/27(金) 04:34:28 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
おはようございます。
師匠の性格が掴めました。(笑)
世間が軽々に騒ぐモノが嫌いなんですね。AKBとかEXILEとかサッカーワールドカップとか、氷川きよしとか・・・。
おそらく、東京ディズニーランドやスカイタワーや○○ヒルズなんかも嫌いなのでしょうね。そういう性格になってしまった原因は、5年前に東京バナナを踏んで転んで頭を打ったせいかと推察いたします。

僕も似たような性格なのです。
だから「こき下ろせばこき下ろすほど自らの墓穴を掘り続けることになるのだ」は、僕に投げかけられた言葉のように感じました。もしかしたら師匠自身にもあてはまるかも(笑)
だって、今日の記事は日本チームもファンもマスコミもこき下ろしてますもんね♪

書いている内容はその通りなんですが、でも夢がなさすぎます。横綱・大関に幕尻力士が勝てないとは断言できません。もっとも、大相撲の土俵の上では絶対に勝てないのは事実です。だって取り組みが組まれることがないから。

日本チームはアジア予選を勝ち抜いて本大会の舞台に立ちました。横綱と同じ土俵の上に立ったわけで、ならば絶対に勝てないとは断言はできません。サッカー好きでもファンでもない僕でもそう思うのです。マニアックであろうと俄であろうとサッカーファンは熱い思いでゲームを見て騒ぐのは当然ではないかと思うのです。
師匠自身も前回の記事で言ってるじゃないですか「明日はわが身」と。「同じ番号で3年間買い続けているロト6、そろそろ当たるかもしれないぞ」と・・・。

そのロト6ですが、6つの数字の組み合わせ数は6096454通り。つまり師匠が買い続けている同じ数字のクジの確率は1/6096454。“冷静に判断した”ら買えない天文学的確率のクジを3年間(8×12×3=288回)買った程度でも師匠は「そろそろかも」と言っているわけで、だったらメキシコ五輪銅メタルから半世紀も切磋琢磨してきた日本も「そろそろ」の仲間にしてやってほしいなと、そう思うのでありますね。だって、ワールドカップ出場はたった32(31?)ヶ国なんですもん。

師匠はロトを買うとき1/6096454を当ててやるぞとは思ってないでしょ。「今回こそは」と思ってません?
そうなのです。ロトの当選確率は、本当は1/6096454ではないのです。
真の確率は、当たるか外れるか、毎回2分の1なのです。右へ転べば当たり、左へ転べば外れの平均台の上を師匠は歩いていて、288回連続で左に転んだわけです。お気の毒♪
でも、ロトを買ったからこそ左であれ転べたわけで、買わなければ夢も希望も失望も何もありません。

日本チームはオリンピックを凌ぐ大会の舞台に立ちました。ファンは2分の1の夢や希望のクジを手にしたのです。結果はハズレになりましたが・・・。
師匠はまだいいです。毎週2度夢を買えますから。でもワールドカップは4年に一度、少々のバカ騒ぎは許してあげてくださいな。

以上、師匠との阿吽の呼吸(オウンゴール)を探しながら書かせていただきました。
2014/06/27(金) 07:19:15 | URL | たかのつめ #9GE0tqGA[ 編集]
たかのつめさん、こんばんは。

記事はネタです。
タイトル下に
「あること、ないこと、はなし半分でお付き合いくださいませ」
とありますでしょう。(笑)

とはいえ、私の本性がついに暴かれてしまいましたね。(冷汗)
私、アマノジャクなんですよ。素直じゃないんです。

本当は、ワールドカップに出場できる実力を培ってきた
日本代表は大したもんだと思います。

そしてそれ以上に、
3年10ヶ月ほとんどサッカーに無関心なのに
この時期だけ熱狂的にバカ騒ぎできる方々も
大したもんだと思いますねぇ。

2014/06/27(金) 19:11:41 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック