まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2014年04月02日 (水) | 編集 |
3月31日夜、増税前の最後の駆け込み客で
日本各地の様々なところは賑わったようだ。
私もその夜遅く、仕事で疲れた体に鞭を打って、
他の多くの方々がそうしたように、
車を走らせ、ガソリンスタンドへ向かった。

ガソリンスタンドは2軒並んでいる。50mも離れていない。
1件はセルフ、もう1件はごく普通のスタンドだ。
ガソリンスタンドに近づくにつれ道路が混雑し始めた。
給油待ちの車両が1車線を潰して行列している。
最後尾はおそらく40分は待つだろう。
長期戦になることを覚悟しながら更に近づいていくと、
行列しているのはセルフの方だけで、
もう一方のスタンドはソコソコということが判明した。

「そういうことか…」

セルフの店はレギュラーリッター151円、
もう1つの店は同じく155円だった。

私は躊躇せずに普通のスタンドへ入り、
いつもより5~10分くらい余計に時間はかかったものの
比較的スムーズに無事給油することができた。

満タンに給油した車を走らせながら今来た道を元に戻る。
私が信号で停車し何気なく行列の方を見ると
最後尾に近いところに、私の車と同じ車両を見つけた。
その車の運転手は、時間がかかることを覚悟しているらしく
近くの自販機で購入したと思われる缶コーヒーを開けて飲み始めた。

 バカか、あいつは。

私の車は満タンで約30リッター入る。
4円の違いだったら支払金額は120円しか違わない。
待っている間に120円の缶コーヒーを飲んでしまったら
並んで待っている意味などないじゃないか!

 あっはっは! 

と高笑いしながら、夜桜ドライブして家に向かった。



今日の昼前、現場へ行く途中に車で同じ場所を通った。
2件のスタンドは、2件ともガラガラだった。
セルフは155円、もう1件は159円だった。

 バカか、オレは。

4円しか違わないなら、31日夜遅くにわざわざ
無理に並んで給油しなくてもよかったじゃないか。
缶コーヒー1本飲むのを我慢すりゃよかっただけじゃないか。

 チッ!

と舌打ちしながら、さっきコンビニで買ったばかりの缶コーヒーをじっと見た。



そして、メディアの煽りに踊らされてしまった悔しさを
まだ熱いそのコーヒーとともに一気に飲み干した。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック