まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

2月も今日でお終わり。
あっという間に、1年の1/6が過ぎちゃいましたよ。
三流亭まん丸でございます。

競泳五輪金メダリストの北島康介選手なら、きっとこう言うんでしょうねぇ。

「く~っ、何もしてねっ」



さて、昨日木曜日、第15回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題06 子供がフィギュアスケートをやりたいと言い出しました。どうすればいい?

結果です。

【優秀作品】

★ いくらフィギュアスケート頑張っても、今度の東京オリンピックには出られないんだよ。
                  (第10位入賞 13.6pt)



【次点作品】

★ とりあえず長靴の裏底に刺身包丁を取り付けてみた。
★ とりあえず全面結氷している湖上に、ひとり置き去りにしてみる。
★ やっとこの時が来たか。我が家に伝わるフィギュア奥義、
   「伸身後方宙返り2/3捻り」の封印を解くときが!


【番外・講評】

★ 立てたバットにおでこをつけて、その場でクルクル10回まわってごらん。
   目が回らなかったら考えてもいいぞ。
★ マー君みたいになりたいっていったから少年野球始めたばっかりじゃないか!
★ お風呂場をスケートリンクに改造した。


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
第10位入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


さて、「フィギュア・スケート」のお題。

…とはいうものの、フィギュアのことはさんざん書いてきましたので、
もう書くことがありませんし、書けません。(笑)
ただフィギュア・五輪を総括して最後にひと言だけいうならば、
速さ・距離などの絶対値ではなくジャッジの主観による相対的評価を争う種目においては
「納得できない」と思う判定が多々あるのはしょうがないわけで、
選手の皆さんが「納得する滑りができた」とおっしゃられているなら
周りはガタガタ騒ぎ立てず、それはそれでいいのかなぁと思うんですよねぇ。

ということで、今回は「納得できない」ことについて。


初めて入るラーメン屋にて、パート1。

 「へい、ラーメン、お待ち!」
 「大将、指! 親指がスープに浸かってるよ!」
 「あっ、大丈夫。慣れてっから熱かぁねぇよ。」


初めて入るラーメン屋にて、パート2。

 「へい、ラーメン、お待ち!」
 「大将、指! 親指がスープに浸かってるよ!」
 「あっ、大丈夫。ちゃんと手、洗ってっから。」


初めて入るラーメン屋にて、パート3。

 「らっしゃい!」
 「あっ、ラーメン1つ。」
 「あいよ! お客さん、ライスサービスだけどつける?」
 「じゃ、お願いします。」
 「ライスは大・小あるけど?」
 「じゃ、小で。」
 「ライス小も大・小ってあるけど?」
 「えっ?! …じゃあ、小の大で。」
 「あいよ! ラーメンとライス中ね!」


社長秘書採用面接試験後の採用会議にて。

 「私は2番目の女性が1番印象が良かったと思います。」
 「私も2番目ですね。受け答えの様子から判断しても臨機応変な対応ができそうです。」
 「私もそう思います。テキパキしててスケジュール管理もしっかりできそうですよ。」
 「…社長。2番目の女性を採用という事でよろしいですか?」
 「いや、1番目にしよう。」
 「社長も面接に立ち会われていたのでお分かりだと思いますが、1番目はちょっと…」
 「いや、1番目がよい。」
 「なぜでしょう?」
 「胸が1番大きかったからだ。」


夫婦の機微

 仕事を早朝から深夜までしていると「私と仕事とどっちが大事なのよ!」
 仕事をそこそこに切り上げてくると「残業でもして、もっと稼いできなさいよ!」

 自分の体型のことを言われると「人を外見で判断するなんて最低ね!」
 オレの体型のことを言うときは「人は見かけが大事なのよ!」

 自分が買ったものはすべて「必需品」「掘り出し物」「お値打ち品」
 オレが買ったものはすべて「使えないもの」「ガラクタ」「くだらないもん」

 相談しないで物事を進めると「何でも自分勝手に決めちゃって、ひどいわ!」
 相談して物事を進めようとすると「何一つ自分で決められないなんて、情けないわね!」

 新しい服を褒めれば「服は新しいけど、どうせ中身はお古ですよ~だ。」
 新しい服を褒めなければ「気が付かないの? 鈍感!」

 花を買って帰れば「何か後ろめたいことでもしてるんでしょう。」
 花を買って帰らなければ「たまには気を利かせて花ぐらい買ってきなさいよ。」

 …いやみでしょうか?  いいえ、誰でも。


アンパンマ… んっ?!


  納得できない


…皆様、「納得できない」ことに「納得して」いただけましたでしょうか?






以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


コメント

日本一年の会四季部愛知県支部長のタカノツメと申します。
ひとつ疑問がありますので、お答え願いたい。

貴殿は一年を6等分されましたが、その根拠をお示し願いたい。
なぜなら日本一年の会は、1年を12分することで成り立っているからであります。分割する場合は4つが決まりです。春夏秋冬であります。したがって我が会では、2月が過ぎることを「もう一年の4分の一の三分の2が過ぎました」と申します。
なぜ、意味なく六等分するのじゃ!

日本丼を正しく使おう会愛知県支部長のタカノツメと申す。
丼には丼の決まり事があり、いくらどんぶり勘定とはいえ、どんぶり勘定にも規定があるのをご存じでありましょうか。

なんだと、小ライスの大は中だと。それは許せん。どんぶり勘定の許容範囲を超えておーる。どんぶり勘定を際限なく利用していいのは大だけなのである。
柔道なら無差別級、ボクシングならヘビー級、競馬のオープンレースがこれにあたる。
ソチは、いや君は、フィギュアスケートの体重別種目を許すのか。フィギュアスケートのシニア大会があっても別にかまわないが、君は見たいと思うか。ん?

特盛りやメガ盛りは大だけに許された特権なのである。小ライスを大どんぶり並のメガ盛りサイズにしようと思えば細く高くしなければならず、これは飯盛り検定1級取得者しかできない技なのである。

なによりも、小ライスの意味がなくなる。大・中・小というアバウトな度量計算手法があってこそのどんぶり勘定なのである。度を超してはいけない。

早朝から長々と書いてしまったぞ。自分のブログを更新する気力が残っていない。
無駄に時間を費やしてしまった・・・。

2014.03.01  たかのつめ  編集

たかのつめさん、おはようございます。

朝早くからお疲れ様です。(笑)

最初に質問の解答と解説です。
 2÷12=1/6   答 1/6
別解です。四半期の2/3ですから
 1/4×2/3=1/6 答 1/6 
ということで、1/6 なのです(笑)

さて、ラーメン屋のサービスライスには私もホトホト納得できないことが多々ありまして(小の大=中みたいなこと)…。書くと1つの記事ができそうなくらいなので別の機会にしようと思います。

3月になりましたので是非「日々雑感」のブログ更新もお願いいたします。(笑)
日々のお楽しみがなくなってしまいますので…。




2014.03.01  三流亭まん丸  編集

師匠、この店はきっとどのパンも「アンパンマン」なんじゃないんでしょうか。。。

2014.03.01  ココうさ  編集

ココうささん、こんにちは。
いろいろなパンがあるようですよ。ネーミングは全部違うようですが…(笑)
そのものズバリだと著作権云々の問題がありそうなので、「アンパンマン」と表示しておいて「ドラえもん」パンを売ることで、問題を回避してるんじゃないでしょうかねぇ(笑)

2014.03.01  三流亭まん丸  編集

はじめまして。大喜利グランプリで検索してたら辿り着きました。最近投稿を始めたんですが、なかなか採用されないですね。常連さん達の見聞の広さに脱帽です。一回三ネタくらいではなかなか拾われなせんね。まずは採用目指して頑張ります。質問なんですが、ポチっとすると何がおこるですか?

2014.03.02  孝  編集

孝さん、こんにちは。
根詰めずに、「ゆる~く、のんびり、ボチボチ」っていうのが、
長く続けるコツだと思います。
一緒に頑張りすぎない程度に頑張っていきましょう。

大喜利GPでポチッとしていただけるとポイントが増えます。
このブログでポチッとしてくれると
お笑いブログカテゴリー内でのこのブログの順位が上がります。

…で、大喜利的な回答をすると、
「ヤル気スイッチがONになりネタが絞り出される」
な~んて感じになります。

2014.03.02  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad