まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2014年02月16日 (日) | 編集 |
どうも。

前回、実は700回。
三流亭まん丸でございます。

ベーブルース越えまで、あと14。
ハンクアーロン越えまで、あと56。

王貞治さんには、まだまだ…。


さてソチ五輪、日本選手の皆さんの健闘が続いています。

 子 「羽生君、金が決まったね。」
 父 「うん、あの82手目の7八金、ビシッと決まったよね。」
 子 「は?」
 父 「将棋の羽生善治が7冠独占達成時(1996年)の最後の一手のことだろう。」
 子 「違うよ、フィギュアの羽生君のこと。19歳で金メダルだよ。」
 父 「羽生よ、ソチもなかなかやるのう」
 子 「…それ、日本全国あちこちで、さんざん言われてますから。」
 父 「オリンピックでも7冠目指して頑張ってほしいよな。」
 子 「7連覇ってこと? 年は、19+7×4= … え~っと」
 父 「104!」
 子 「47でしょ。掛け算・足し算のルール、知らないの?」
 父 「掛け・足しはちょっとな。割引は好きだし、かけひきは得意なんだけど。」
 子 「…羽生君、47歳。やっぱり7連覇は難しいかな?」
 父 「何言ってんの。ジャンプの葛西君だって7回連続出場じゃないか。」
 子 「そうだよね。そんでもって個人ラージヒルで銀メダルでしょ? 凄いよね。」
 父 「拍手かっさい。」
 子 「…お父さんは冬季オリンピック、今何に注目してるの?」
 父 「女子カーリング。」
 子 「へ~、何で?」
 父 「すっげー美人ばっかり。特にロシア、特にスキップ! 
    タマの裏をくるっとなでまわしてから、やさしくそ~っとそのタマを押し出し
    真剣なまなざしで『や、や、嫌ぁ~!!!』とか『 WOOO!!』とか…。
    もうたまらん!!! はぁ、こすられてぇ。」
 子 「このエロオヤジ…。ところでソチももう後半戦だけど、これからは何に注目してるの?」
 父 「女子フィギュアかな。」
 子 「強力なライバルが多くて大変だよね。真央ちゃん、頑張れ!」
 父 「いや、真央ちゃんだけでなく、日本選手すべてに頑張ってほしい。」
 子 「鈴木明子選手、村上佳菜子選手だよね。」
 父 「もう一人、金メダル候補を忘れちゃいかん。」
 子 「誰?」
 父 「塚谷百合亜。」
 子 「その人、ロシアじゃない?」
 父 「えっ! そうなの?! リップニ(ビックリ)したよ!」
 子 「…毎日、夜遅くから朝早くまで五輪中継見ているのに、けっこういい加減なんだね。」
 父 「五輪中継を見てるけど、注目している所が違うからなぁ。」
 子 「どういうこと?」
 父 「俺の注目は、杉浦アナ・廣瀬アナ・上條アナのNHK女子アナ三人娘の熾烈な争いさ。
    民放蹴散らして今のところ間違いなく金・銀・銅独占だけど、3人の順位はつけ難い。」


ということで、ソチ五輪も後半戦突入。

日本選手の皆さん、自分のベストが出せるように頑張ってくださいね。






以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック