まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

そろそろこたつが恋しい季節ですね。
三流亭まん丸でございます。

「こたつにつきもの」とかけまして
「サクラダファミリア」とときます。

そのココロは?

「ミカン(未完)でしょう」



さて、木曜日に第14回大喜利グランプリの結果発表がありました。


 お題22 初めて二人でこたつに入りました。彼女の言った一言とは?

結果です。


【優秀作品】

 ★ 2人で頭突っ込んでると、息苦しくない??  (第4位入賞 19.5pt)


【次点作品】

 …採用なし。


【番外・講評】

 …採用なし。


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
第4位入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

もうちょっとボケられそうだったんですが、
ここのところずっ~と仕事がバタバタ慌ただしくて採用1本のみ。
でもその1本が優秀作品ですから、なんと効率の良いことやら。
「こたつ」というより、「省エネ床暖房」って感じ?


さて、その「こたつ」。
こんなお噺がありますのでご紹介。


今でこそ電気ですが、ちょっと前までは炭で暖をとってました…。

北風がピューピューなく夜。
寒くてたまらない大店の番頭は、炬燵を入れて暖をとりたいのだが
最近の若い丁稚たちは火の始末がいい加減で、
火事が心配で炬燵を入れることができない。

ある寒~い晩のこと。
出入りしている按摩さんに腰を揉ませながら
番頭がそんな話をすると、按摩さんはこう言う。
「私は、お酒を飲むと身体がポッカポカしてきてこたつ代わりになります。
どうぞそれで暖をとってくださいまし。」
そこで番頭はさっそくたらふくお酒を飲ませてみると、
按摩さんの身体はポッカポカになって本当に炬燵のよう。

その様子を聞きつけた丁稚たちが集まってきて
ポカポカになった按摩さんが入っている布団に足を突っ込んできた。
按摩さん、蹴られたりヒヤッとした足を押し付けられたりしたものの
大好きなお酒の為とグッと我慢をしていたのだが
丁稚の一人が寝小便をしたからたまらない。

生炬燵に足を突っ込んで寝ていた番頭と丁稚たちは、
一斉に飛び起きてその始末に大わらわ。
そのうちにすっかり身体も冷え、按摩さんの酔いもさめてしまった。

番頭 「もう一回好きなだけお酒を飲ますから、また生炬燵になってくれまいか?」

按摩 「もういけません。今の小便で火が消えちまいました。」


「按摩の炬燵」という噺でございました。


ということで、そろそろしめ。
最後もなぞかけといきましょう。

「ねこ」とかけまして
「行方不明の靴下の片一方」とときます。

そのココロは?

「こたつで丸くなる ♪ 」



靴下が片一方ないってときは、だいたいこのパターン…。(笑)





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


コメント

通りがかりに一言ごめんください

はじめてかきこませてもらいます~
私もぶろぐを書いていますが(ランキングにも出てます~)
日々ネタに苦労しております( ゚ ρ ゚ )
一通り拝見させていただきました!

私も笑点ネタや大喜利など挑戦したりしていますが、あまり冴えてませんね~
バラエティ番組風に書いていくほうがかきやすいかも?
それでは~

2013.11.24  Nyakke  編集

ミカンも靴下もうまいなーーーー

2013.11.24  ウォンバット  編集

こたつは便利なんですけれども…
ついつい足元に、ゴミとか突っ込んでしまいそうで^^;;;

2013.11.24  ゆみか@どうしたものか(´・ω・`)  編集

Nyakkeさん、おはようございます。

ブログは、書きたいことがある時に自分の書きたいように書く、というスタンスが気楽で長続きするように思います。(あまり書かなければ!ってなると逆に負担になっちゃうので…)
大喜利もボチボチっていうスタンスがいいんじゃないでしょうかね(笑)

2013.11.25  三流亭まん丸  編集

ウォンバットさん、おはようございます。
お褒めの言葉を戴きとてもうれしいです。
ありがとうございます。
寒くて億劫なのですが、
靴下捜索のために3日に一度くらいは
こたつ布団を上げた方がいいのかもしれませんねぇ。(笑)

2013.11.25  三流亭まん丸  編集

ゆみかさん、おはようございます。
そうなんですよね…(苦笑)
いつの間にかこたつ内が
とんでもないことになってるんですよねぇ。
ま、それも含めてこたつの魅力ってことなんでしょうかねぇ。(なんのこっちゃ?)

2013.11.25  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad