まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2013年04月15日 (月) | 編集 |
どうも。

「10年、ひとむかし」といいますが、では20年は何と言うでしょうか?
三流亭まん丸でございます。

答え…「むか~し、むかし」



本日、東京ネズミーランドが開園30周年を迎えたそうです。

でも、開園30周年とニュースで聞いても、私個人としては
ネズミーランドに対しての感慨みたいなものが全く無いんですよねぇ。

私が小6の時にオープンしたにもかかわらず、
中・高と野球に明け暮れて、結局ネズミーランドデビューしたのは23歳の春。
その後、結婚 → 長男が7歳になるまで足は遠のき、2度目は38歳の秋。
それからは…


え~っと…




 無い。





家から1時間かからないっていうのに
たった2回しか行ってないんですねぇ。
ネズミーシーに至っては1回も行ってない。
思い出自体が無いんだから感慨なんてありゃしない。
朝から大騒ぎしているテレビ見ながら、「なんだかなぁ」って感じでしたよ(笑)

そもそも私が行こうと思わないのは、いつも混んでるから。
基本的に人ごみが嫌なんですよ。あと並ぶのも。
ま、同じ2時間使うなら、並ぶよりは劇場でいい映画を一本観た方がいいです。
「美女と野獣」とか「アラジン」とか「ピノキオ」とか…

って、結局ネズミーじゃん。(笑)



ということで、話が膨らみそうもないので早々に締め。

ネズミーランド来園者は30年でのべ5億6000万人だそうです。
単純計算すると全ての日本人が4~5回来園していることになるんですね。
中には私のように、あまり関心が無い人もいるわけですから
何回も、いや何十回も、いやいや何百回も訪れている
熱烈リピーターの方々がいらっしゃるということですよね。

まさしく


 ネズミーランド、チュウ毒。 





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
山の神に感謝!
ホゥ~イ まん丸さん

よかった!同じ考えの人がいて
でも、オイラは2回 遠路はるばる詣でましたよ。
息子1号、2号を連れてね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
日本シェルパ族は、人混みでは気を失うのです。
「ららぽーと」のホテルに一泊し、翌日、アキバの「鉄道博物館」(そのころは秋葉原にあった)へ行く予定でした。
が、気を失っていた日本シェルパ族の戦士は、翌日目を覚ますことができず、アキバ行きは中止
うりゃ~、うりゃ~と責められながら帰路に
これが良かったんですね。
3月24日でしたね。
「地下鉄全線不通」「負傷者多数」などとラジオでやっていました。
帰宅してからテレビで「池袋サリン事件」を知りました。
予定なら、あくまで予定ですが、この地下鉄に乗車しているはずでした。
おおぉ~、山の神に感謝!
でも、オイラのヤマノカミは「モウゥ~」と豚のくせに吠えています。
2013/04/15(月) 18:41:27 | URL | ずくなし #LkZag.iM[ 編集]
会長、おはようございます。
ネズミーランドは昨日はすごい人だったらしいですよ。もし行ってたら、お互い気を失うどころの騒ぎじゃなっかたかもしれません。(笑)
まぁ、何事にも向き不向きがありますし、あまりあちこちの手を広げずにきちんと棲み分けすることが快適に生きていくコツなのかもしれませんねぇ。
2013/04/16(火) 05:47:15 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
質問:では30年は何と言うでしょうか?

答え:「そんな昔の話、んー、わかんない」

わたしの場合は、
ネズミーランドは5,6回、シーのほうは1回。
またこれからも、ええとぉ、二度と、いいです。

ですから、チュウ毒というよりも、ショウ毒ですね(笑。
2013/04/16(火) 14:51:27 | URL | ☆バーソ☆ #-[ 編集]
☆バーソ☆さん、こんにちは。
30年前ですか? 「むか~し、むかしのそのむかし」…キリが無いので、この辺で(笑)。
ネズミ―ランドは、年齢に関係なく好きな人は好きなんですよね。。小っちゃい子とかお年寄りの皆さんがミッキーの耳飾りなんかつけてるとちょっと微笑ましいなと思うんですけど、私らと同い年ぐらいのオヤジが耳装着して満面の笑みを浮かべていると、ちょっとひいちゃいますよねぇ。(苦笑)
きっと夢チュウで気が付かないんでしょうけどね。
2013/04/16(火) 17:01:18 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック