まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2013年02月15日 (金) | 編集 |
どうも。

悲しいことがあると開く皮の表紙。
卒業写真のあの人はやさしい目をしてる。 

三流亭まん丸でございます。


…お前、男子校じゃなかったか??



さて、昨日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表の日でした。

 
 お題13 うちの学校だけ!?他の学校にはない卒業アルバムの特徴とは?


結果です。

【優秀作品】

 ★ 個人情報保護の観点から、顔写真の掲載は無し。

           (第7位 14.0pt)


【次点作品】

 ★ 入学式の時にすでに配られており、卒業までに自分の好きなように完成させる。
 ★ 表紙が卒業証書。
 ★ 松・竹・梅の3つのグレードから選べる。


【番外・講評】

 ★ 総ヒノキ造り。
 ★ 校長先生の顔写真を押すと、熱いメッセージが聞こえてくる。
 ★ 最終頁の最後の最後に、「つづく」と書いてある。
 ★ 男子校ではあるが、全員女装して写真に写っている。


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


さて、「卒業アルバム」のおはなし。

男が卒業アルバムを開く時。

それは、胸をときめかせた愛しいあの娘のことを思い返す時。
それは、甘酸っぱい青春の日々を懐かしく思い出したい時。
それは、星空を仰ぎながら心穏やかに記憶の旅をしたい時。

…でもね、これは共学校出身者の場合で、男子校出身者はちと違う。

むさくるしいオヤジへの過渡期の野郎共しか写っていない
男子校の卒業アルバムなんぞ、開きたいとも思わない。
来る日も来る日も、汗と泥とエロにまみれた日々の記憶なんぞに、
センチメンタルの欠片も感じない。

…「甘酸っぱい」ではなく、酸っぱい臭いの思い出しか無いんですよ。


ということで、中高一貫6年間、男子校で育った私が一言だけ申し上げましょう。

 男子校出身者は「卒業アルバムは見ない」。



 人ごみに流されて変わってゆく私を
 あなたはときどき遠くで叱って… ♪


「そんじゃ、お言葉に甘えて叱ってやろうじゃねえか。
 おうっ、まん丸! おめぇ、いい歳こいていつまでフラフラしてんだ!
 いい加減に自覚を持ってしっかりせいっ!」


…これが男子校の現実。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック