まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

もうすぐバレンタインデー。
三流亭まん丸でございます。

…めんどくさいイベントですねぇ。(苦笑)



男の子と女の子の仲が良いというのは大変微笑ましいことなのですが、
そうあり続けるのは意外と大変なのであります。

「私のこと、好き?」
「好きだよ。」
「ほんとに?」
「ほんと。」
「ほんとに、ほんと?」
「ほんとに、ほんと。」
「ほんとに、ほんとに、ほんと?」
「ほんとに、ほんとに、ほんと。」
「ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんと?」


…めんどうくさい。



女の子っていうのは、男の子が答えづらいような
めんどうくさい質問ばかりするものであります。



「ね、私っていくつに見える?」

 合コンや初見の時によくされる質問です。
 実年齢より3~4歳程度若く答えるのがセオリーらしいですが
 化粧やメイクが発達した現代社会において、
 そのさじ加減をはかるのは至難の業と言えそうです。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「1つ。(もしくは1人)」

 この答えを発した後、あなたがその女性からの質問攻めから解放されることは
 ほぼ間違いないでしょう。



「ねぇ、何か面白いこと言ってよ。」

 いわゆる無茶ぶりです。
 「そんなこといきなり言われても…」と言葉に詰まるようでは
 早々に愛想つかされちゃいます。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「真っ白な犬は尾も白い。」

 面白くはありませんが、確実に「尾も白い」です。



「どう、私の料理。おいしい?」

 美味しければ何の問題もありませんが、
 そうでない時は答えに窮してしまいますよね。
 正直に「ちょっと薄いかなぁ」なんて感想を言ったら最後、
 もう2度と彼女はあなたに手料理を振る舞ってくれないでしょう。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「惜しい!」

 物凄い早口で言うと「おいしい」に聞こえます。
 口をモグモグさせながら答えれば、さらに効果アリです。



「最近、私、ちょっと太ったと思わない?」

 こういう質問をする大多数の女性は「太ってない」ことを確認したいだけなのですが
 でも明らかに太ってしまった女性に対して、男性が心にもない否定の答えをすると
 「うそつきっ!どうせ太ったわよ!」と逆ギレされてしまうかもしれません。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「チワワだったのが、ポメラニアンくらいになったかな。」

 よくわからないような可愛らしい例えで切り返すのがポイントです。



「私を動物に例えるとすれば何?」

 よくある質問パターンです。
 「例え」には、動物、芸能人…と様々な文言があてはまりますが
 動物の場合は「愛らしい」がキーワード、
 つまり子犬や子猫など愛玩動物系の答えが無難です。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「トイプーかな。ボク、犬好きなんだ!」

 犬は犬でも、ダックスフンドはやめておきましょう。
 また、トイプーはOKですが、クマプーは微妙です。
 巨乳だからといって「乳牛」と答えるのは論外です。



「私、芸能人でいうと誰に似てる?」

 前の質問の応用ですが、ここで気を付けなければならないのは
 キャピキャピ系・オッパッピー系・オタク系のアイドルの名前を挙げては
 絶対にいけないということです。
 自分の嗜好がバレバレになってしまうどころか、そっち系と同列とみられることで
 女性の怒りを買う恐れも十分考えられるからです。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「誰にも似てない。だって芸能人より君は素敵なんだもの。」

 「可愛い」とか「綺麗」ではなく、「素敵」と答えましょう。
 笑いながら言うと逆効果、真顔で答えるのがポイントです。



「私と仕事、一体どっちが大事なのよ!」

 ある意味、女性の切り札とも言うべきセリフです。
 このセリフを女性に言わせないようにするために
 普段から気を遣ったりマメにフォローする事が大事なのですが
 言われてしまったら、こう答えてみるのがいいと思われます。

 「仕事のあるオレと、フリーターのオレと、どっちがいいんだよ!」

 …「フリーターよっ!!」と返された時は責任を負えません。



はぁ~、めんどくさいですねぇ。


格言:女子が質問する時は、すでに答えは決めている。


でもね、ラブラブの時はこのめんどくささも
また楽しいんですよね。


Happy Valentine!




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント

女の子やないから、わたいには?全く関係の無い、つ~~か、質問したことない内容ばっかやわ。若い時?は、、、、したかもな~。古すぎて忘れた。(~_~;)

2013.02.09  明石家おろし  編集

此処に来たくても、ややこしいのと、数字を解読して投稿せなあかんでしょ?何とか、あれをせずにすむ方法ってないのかね?(*_*)

2013.02.09  明石家おろし  編集

こんばんは!
笑いました ツボすぎましたヽ(^o^)
まんまるさん、女心よ~く心得てらっしゃるツワモノですね(^_-)-☆

2013.02.09  まろんタルト  編集

明石家おろしさん、こんばんは。

忘れてるだけで、意外と男衆をこまらせてたんとちゃう? (笑)
え~、数字認証の件ですが、ヘンテコ迷惑コメント防止策なんですけど、
明日からしばらくの間設定解除して、様子見てみましょうかね。

2013.02.09  三流亭まん丸  編集

まろんタルトさん、こんばんは。

いひひひ…。(笑)
はまりました?
女心がよくわかるとお褒めの言葉を頂き、誠にありがとうございます。

実は、私、女子なんです…
ってなわけあるまい!(笑)

2013.02.09  三流亭まん丸  編集

この手の質問がめんどくさいと思い始めたら、
もう終わりも間近ですなww

2013.02.11  ココうさ  編集

ココうささん、おはようございます。

気力・体力の限界を感じ、ここに引退することを決意いたしました。(笑)

2013.02.12  三流亭まん丸  編集

三流亭まん丸師匠へ

こんにちはAKIRAです。
今、必死に記憶を手繰り寄せたところ
小学6年生の時にバレンタインチョコを
始めてもらったと思いますね。
たぶん、近所のミカちゃんだったんじゃ、
う~ん、
チョコのカタチは明確に覚えてんだけどなぁ。

2013.02.12  ARAKI AKIRA  編集

AKIRA先生、こんばんは。

チョコレートの想い出ですか…。

小6の時、薄い2cm角くらいのが30枚くらい入っていた、片想いしていたようこちゃんからもらったチョコを、嬉しくて毎日1枚ずつ1ヶ月にわたって食べていた記憶があります。

甘くも、ほろ苦い、想い出です。

2013.02.12  三流亭まん丸  編集

ふふふっ
楽しませていただきました。
座布団50枚!
あ、倒れちゃいますねー♪

2013.02.14  イヴまま♡  編集

イヴまま♡さん、こんにちは。

座布団50枚と引き換えに、チョコ1個ください。(笑)

2013.02.14  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad