まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2013年01月24日 (木) | 編集 |
どうも。

ド、ド、ドラえも~ん! 
絶体絶命のピンチだよ。なんとかして!!

三流亭まん丸でございます。

もう、のび太君たら、しょうがないなぁ~。

 その場しの機~!!

…いったい、どんな秘密道具やねん。



ということで、本日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題10 「間違いなく、その場しのぎ」と思われる言葉をいってください。

結果です。


【優秀作品】

 …ノミネートなし。


【次点作品】

 ★ 一旦社に持ち帰り、前向きに検討いたします。
 ★ そこのワカメ、頭の上に乗せておけ!
 ★ 脱原発依存。


【番外・講評】

 ★ くそっ!覚えていやがれっ!
 ★ 第3極は結集しなければなりません!
 ★ 領土問題はひとまず棚上げし、戦略的互恵関係の構築を…。
 ★ 詳しくはWEBで!
 ★ 接着剤でくっつけときゃ、簡単にはバレないって。
 ★ 3分後に巨大隕石が地球に衝突だと?!すぐにヘルメットかぶれ!
 ★ 忍法・誰からも見えなくなる術! えいっ!
 ★ 「る」? る、る、る…。 るー大柴!
 ★ ただいま、担当者が不在でございまして・・・。
 ★ まだ訴状の内容を確認しておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます。


優秀作品ノミネートこそありませんでしたが
大量採用となって、とても嬉しいですねぇ。


さて、「その場しのぎ」と聞いて真っ先に思い出すエピソードといえば、
高校時代に悪友5人で行った海水浴での出来事ですかねぇ。

朝8時頃でまだ人影もまばらの海水浴場。

海の中で5人で遊んでいるとき、突然4人で高木(仮)を羽交い絞めにして、
強引に海パンを脱がして、みんなで浜に上がっちゃったんですよ。

海の中でボー然と立ち尽くす高木。

私たち4人は、浜からその様子を見ながら腹を抱えて笑い転げてました。

ところがしばらくすると、
高木は意を決したように、浜にいる私たちの方に向かってゆっくりと歩き始めたのです。
両手で顔を覆いながら…。

「へっ?」
「あいつ、何する気だ?」

最初、首から上しか見えてなかった高木でしたが、
浜に近づくにつれ肩が露出、やがて胸、腹、腰、そして…。

ついに、顔だけを両手で隠した「スッポンポン」の高木が
ターミネーターのように堂々と上陸!

「おいおい!」
「あ”~!!」
「やばい、やばい!!」

バスタオルを持った私たち4人が高木のもとに、
スーパーダッシュですっ飛んで行ったのはいうまでもありません。


「アソコ押さえておめえらのとこまで走って戻ったら、
 余計に笑われるじゃねえか。
 顔隠しときゃアソコがモロ見えだって誰だかわかんねえし、
 こうすりゃお前らだってヘラヘラ笑って見てられなくなるだろ?
 いやぁ、我ながらピンチをうまく凌いだぜ、えへへへ。」


頭隠して〇〇隠さず。

おそるべし、高木…。



若さってのは恐れ知らず。
このハチャメチャぶり、破天荒さが特権なんですよねぇ。





以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






 
コメント
この記事へのコメント
三流亭まん丸師匠へ

こんにちはAKIRAです。

「ただいま、担当者が不在でございまして・・・。」

て、オモロイと思うけどなぁ
今回はノミネート作品レベル高かったですね。

でも、
「ただいま、担当者が不在でございまして・・・。」
て、やっぱ、おもろいです。
担当者が近くで手を横に振ってる姿が
想像できるもん。  AKIRA
2013/01/24(木) 21:25:32 | URL | ARAKI AKIRA #nQriN1oY[ 編集]
AKIRA先生、おはようございます。

大喜利はなかなか難しいですよね。
自分では「!」でも、選者が「?」なんてことはしょっちゅうですから…。(笑)

だからこそ面白いとも言えるんですけどねぇ。
2013/01/25(金) 05:13:40 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック