まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2012年12月21日 (金) | 編集 |
どうも。

「空港に絶対あるモノ」とかけまして
「サッカー国際試合でのホームアドバンテージといえば?」とときます。

三流亭まん丸でございます。

そのココロは?

 「管制塔(歓声等)。」

…出来が悪くて、イエローカード出されちゃいそうですね。(苦笑)



さて、昨日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表の日でありました。


 お題06 主人公のひと言から始まる小説「エアポート」の書き出しとは?


結果です。


【優秀作品】

 ★ 「エアポートですか?」七曲署捜査一係のボスが私につけたあだ名だ。
       (第9位 16.6pt)


【次点作品】

 ★ 「うっめぇ~なぁ~!!こんなうまいエアポート食ったの、生まれて初めてだよ!」
 ★ 「できないわけ、ないじゃないか。だってオレは日本一のエアポート職人なんだぜ。」
 ★ 「ふざけるな!お前がエアポートだってことは百も承知だ。」


【番外・講評】

 ★ 「チョットイイデスカ? アナタハエアポート、シンジマスカ?」
 ★ 「私とエアポートと、どっちが大事なのよ!」 彼の答えは「エアポート」だった。
 ★ 「奴はとんでもないものを盗んでいきました。それはあなたのエアポートです」
 ★ 「信じるか信じないかはお前の自由だが、間違いなくお父さんの前世は
     エアポートだったんだよ。」


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
第9位入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


さて、今回の反省。

このお題は難しかったですねぇ。

エアポートでしょ?
「真剣におもいっきりポートしているフリをする」
…ではなくて、空港。

最初は空港絡みのセリフでボケるという正攻法で攻めてたんですけど
「ひと言」という制約のためにすぐに行き詰ってしまいまして…。
やむをえず苦手な不条理系のボケでかわしにいきましたが
何とも不完全燃焼の形で終わってしまいました。

全然スッキリしませんねぇ。

やはり中途半端に「シュートでかわす」のではなく、
「シュート」で行くと決めたなら
徹底的にとことんインハイを「攻める」ピッチングでないと
全く通用しませんし、自分自身に悔いが残りますね。


…あ、シュートじゃなくて「シュール」でした。


以上、反省終了。




ということで、はなはだ簡単ですがここらへんでシメ。

最後もなぞかけで。

「空港の到着ロビー」とかけまして
「日本の将来を憂う」とときます。

そのココロは?

 「時々ファン(不安)で一杯になります。」

…レッドカードかな?




来年こそ、いい年になるといいですねぇ。




以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック