まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2012年11月07日 (水) | 編集 |
どうも。

昨晩、実家に「おれおれ」電話がかかってきたそうです。
三流亭まん丸でございます。

暇を持て余していた私の実母は、
騙されているフリをしてさんざっぱら話に付き合い
最後の最後に「あんたもいろいろ大変だね。おつかれさん!」と言って
電話を切ったそうです。

騙そうとした奴を騙し続けるとは…

母ちゃんよ、おぬしも悪よの~。



リーン、リーン、電話のベルが鳴りました。

「はいは~い、今出ますよ~」

っていいながらお母さんが受話器を取りました。

「あっ、母さん? おれだよ、おれ。」
「…カズオ?」
「そう、カズオ。」
「あんた、なんか声、おかしくない?」
「風邪ひいちゃってさ。それよりもちょっとヤバいんだよ。」
「何かあったの?」
「人妻を妊娠させちゃってさ。中絶費用と示談金ですぐ100万円必要なんだよ。」

「ええええっ!」

動揺するお母さん。

「ちょ、ちょ、ちょっと待ってて。」

お母さん、受話器を置いて物凄いスピードで2階へ駆け上がり
カズオの部屋の扉をドンドンとたたきます。

「ちょっと! 大変なの! すぐ出てきて!」
「何だよ、騒々しい。」
「今、あんたから人妻妊娠させちゃったって電話かかってきてんのよ!」
「…?」
「中絶費用と示談金、要求されてるんだって!」
「…?」
「今すぐに、100万円用意しなきゃならないの!」
「ひゃ、ひゃくまんえん?! そりゃ大変だ。すぐ行く!」

カズオとお母さんは慌てて階段を駆け下り、電話の前に戻ってきました。
お母さんは、カズオに電話に出るように、目で合図を送ります。
カズオは1回深呼吸して受話器をとり、おそるおそる…

「…もしもし?」
「何やってんだよ。こっちはヤバくて急いでるんだから。」
「…あの、あなたは?」
「だから、カズオだって!」

受話器に蓋をしてお母さんと目を見合わせたカズオが小声で

「オレだ…。」

ふるえながら「話を続けるように」とカズオに合図するお母さん。
カズオ、再び話し始めます。

「なぁカズオ、一体何をどうしちゃったっていうんだい?」
「だから、人妻妊娠させちゃったんだよ!」
「いくら必要なの?」
「100万円だよ! 今すぐ100万円必要なんだって! …あれっ? お前、誰?」
「オレ、カズオ。」

その瞬間、電話がブツッと切れました。
受話器を持ったまま茫然と立ち尽くすカズオ。

「…カ、カズオ、ど、どうしたの?」

と心配そうなお母さん。

「…ねぇ、母さん。電話をかけてきたのは確かにオレなんだけど、
電話で応対していたオレはいったい誰なんだろう…。」




落語「粗忽長屋」ならぬ、「粗忽親子」のお噺でございました。



オレオレ詐欺、いまだに電話がかかってくるんですね。
皆様も被害にあわないように、十分お気を付けくださいね。



以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント
この記事へのコメント
この発想はなかったーーーー!

和みました^^
2012/11/07(水) 21:34:23 | URL | ゆみか@こんばんはー #-[ 編集]
ゆみかさん、こんにちは。

この噺は落語「粗忽長屋」がベースになっています。実家でオレオレ詐欺騒動があったもんで、その内容でアレンジしなおしてみました。

結構いろりろな噺家さんが高座にかけていらっしゃいますので、機会がありましたら是非聞いてみてくださいね。
2012/11/08(木) 14:32:23 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック