まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

23時の電話のベルは、あの娘からのラブ・コール。
三流亭まん丸でございます。

大学生の頃、お付き合いしてた彼女は
女子大の学生寮に住んでおりました。

まぁ、この寮の規則が厳しいこと、厳しいこと。
門限20時、外泊許可申請は1週間前、
24時には全館消灯…。

こんなですから、電話で連絡を取り合うのも一苦労でしたね。
寮に21時までに電話をかけ(21時までしか出てくれない)
その時に応対にでた電話当番の子に
「〇〇さんにお電話いただけるようお伝えください」
と言付けをし、いったん電話を切ります。
あとは電話の前でベルが鳴るのをひたすら待つ…。

…でもね。

電話を切ったあと、いつ鳴るかもわからないベルを
ドキドキソワソワしながらひたすら待っていたあの時間、
そう、あの時間がとても楽しかったんですよ。
今でも私の青春時代のとても大切な想い出の1つになっていますね。

  会えない時間が愛育てるのさ
  目をつぶれば君がいる ♪

現在はケータイでいつでもどこでもつながることはできるかもしれません。
でもそれらは言葉や文字を使って1つの形として表現された
表面上の、形式上のつながりのような気がしてなりません。
「言葉にしなくても、文に表わさなくても、心がつながっていることがわかる」
ことを実感できるような経験が、便利になりすぎた現代社会においては、
ほとんどできないのが残念ですねぇ。



さて、昨日木曜日に、第12回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題その28 恋愛アンケート!ちょっと変わった二人だけのルールとは?

結果です。

【優秀作品】

  …ノミネートなし


【次点作品】

 ★ どこにいようと、離れていようと、毎晩11時に北極星を見上げる。
 ★ 不倫ですから、日陰を歩きます。
 ★ ケンカするときは相手を褒め殺しにする。


【番外・講評】
 ★ 「何食べる?」や「どこ行く?」などの選択で見解の相違が出た場合は、多数決で決める。
 ★ 僕はいつも首輪をはめ、彼女はいつもムチを持つ。
 ★ ケンカするときは、それぞれが持っている「MY壺」の中に向かって悪口・文句を言う。
 ★ いずれかがトラブルに巻き込まれても、専守防衛に徹し集団的自衛権は行使しない。
 ★ ジャンケンするときは、「最初はギュー」(…と抱き合う)




「2人だけがわかる恋愛のルール」がお題でした。

こんなもの、
ラブラブ進行形の2人だけが勝手に盛り上がって取り決めてるだけで、
冷静になって振り返ると、こっぱずかしくて
おもわず「きいーっ!」ってなっちゃうようなものばかり。
講評で選者の方も書かれていましたが
「まわりをイラッとさせるものばかり」ですよねぇ。

ボケながら、自分で考えたボケに「イラッ」ときちゃいましたので
途中でお題に対してストレート系のボケで攻めるのをやめ
ツーシーム・カットボール系のボケに切り替えてみました。

…微妙な変化球だけに、皆様からの評価も微妙でしたねぇ。(苦笑)




話を戻しましょうか。

そういうことが続き、いつの間にか私と彼女の間に
「23時に彼女が電話をかけてくる。」というルールができました。

23時までのあと5分は3時間以上にも思えましたが
23時からの3時間は5分にしか思えないほどあっという間でしたね。

てへっ。



…みなさん、「イラッ」ときちゃいましたか?




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント

三流亭まん丸さまへ


師匠! 今晩はAKIRAです。

イラって、きません。
素敵やん、もう師匠素敵やん、
そんなん頂戴、もっと頂戴!

ああ、いいなぁ
ケータイ世代の私にはわからない話です(嘘)

ところで、
「ケンカするときは相手を褒め殺しにする。」
て、最強でしょ、
画が浮かんでオモロすぎ、なんで次点なんだろ?

「お前の顔が可愛いからやろ!」
「そんなアンタこそ、男前やんか!」
みたいなことでしょ、
オモロすぎじゃん。なんで、

ねぇ、 AKIRA

2012.11.02  ARAKI AKIRA  編集

うーん……
私には遠い日々でござる
(´・ω・`)

2012.11.02  ゆみか@こんばんはー  編集

AKIRAさん、おはようございます。

現在では考えられないような不便さでしたね。ま、障害や壁の大きさとそれを乗り越えた時の達成感や充実感は比例する、ってことなんでしょうね。

大喜利ってのは難しいですよね。自分の会心のボケが、あまり評価されないなんてことが多々ありますし、全く逆の場合も…。

ま、あまり一喜一憂せずに「のんびりと気楽にボチボチと」っていうくらいがちょうどいいんでしょうね。

2012.11.03  三流亭まん丸  編集

ゆみかさん、おはようございます。

こっぱすかしい過去を披露してしまいましたが、これも二十数年前のおはなし。

…私にとっても、遠い日々になりました。

2012.11.03  三流亭まん丸  編集

初コメです。

いつも読み逃げですみません。
読みながら爆笑もさせて頂いています(*^_^*)
さて、私的には、じゃんけんがイイです、うふ♡

・・・ケータイが無い時代の素敵な思い出ですね。
私の話も少し。独身時代の彼は実家住みで、
電話したら彼だと思ってそのまま話し続けてましたら、
彼のお父さんだったというww
それもまた懐かしい思い出ですけどね。

2012.11.03  ココうさ  編集

ココうささん、おはようございます。
そしてコメントありがとうございます。

ケータイが無い時代は、今考えるとたしかに不便でがありましたが、その不便さも恋愛の1つのスパイスになっていたと思いますねぇ。

私も帰省中の彼女の実家に電話をかけ、妹さんと気づかずに1時間も話し続けていた(妹さんにはめられた)なんてことがありましたよ。(苦笑)


2012.11.04  三流亭まん丸  編集

御無沙汰してます。何度かお邪魔しましたけど、やっぱ慣れてないので訪問しにくいですね。

2012.11.05  明石家おろし  編集

明石屋おろしさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

YAHOOやGOOGLEで「三流亭まん丸」と打ち込んで検索すると、このブログのタイトルが結構上の方に出てきますので、それをクリックしてただくのが一番早いかなと思います。

これからも宜しくお願い致します。

2012.11.05  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad