まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

ブログを書かなければ!
三流亭まん丸でございます。

…みたいな強迫観念に駆られると
逆に書けなくなっちゃいそうです。

「書きたいときに書きたいことを書きたいだけ書けばいい」
くらいの心づもりでいると、気楽に書くことを楽しめそうですけどね。

実は、今なんとなく記事を書いてますけど、
特別に書きたいことはないんですよ。

書いていても何も思いつかないし、それゆえ全く内容がないし、
今、このブログを訪れてくださっている皆様にとっても
全く無意味な時間になっているかもしれません。

自分でも書いていて、
何をどう書いていいのかまったくアテもないんですけど、
方向性も構成も推敲もされずに書かれているこんな文章でも
こうやってダラダラと書き綴られていると
一応記事らしくなるから不思議なもんです。
なんとなく書かれている内容を目で追ってしまうでしょ。

でもやっぱり読んでいても実になるような内容は皆無。(苦笑)

書くことがないなら書かなきゃいいじゃないか!
というご意見、ごもっともであります。

でもよく考えてみましょう。

「書く」という行為は、頭の中の考えや心の中の思いを
文字として表現し記録として残すという手段なわけです。
一方、人間という生き物は、日々生きていく中で、
「全く何も考えていない。全く何も感じていない。」
という時間はほとんど皆無ですよね。
心のセンサーは常に微かなことにも敏感に反応し、
頭の中の計算機はカタカタと音を立てて
答えをはじき出そうとしているのです。

つまり、頭と心が常に反応し何かを感じているということは
いかなる時もそれを表現することができるわけで、
イコール何かしら書くことができるといえるんですよね。

簡単にいえば、
どうでもいいようなことを考えていたらそのどうでもいいようなことを
たわいもないことを感じていたらそのたわいのないことを
エッチな妄想をしていたらその妄想のことを、書けるということです。
それが意味のあるような内容かどうかはわかりませんが…。

なんかもっともらしいことを書いていますが
実はもっともらしくないことをもっともらしく書いているだけであって
自分で書いていてもよくわかってないです。(笑)

ま、こんなこと書いていると
頭と心が反応していない時は書くことがないのでは? 
なんていう、鋭いツッコミを入れられそうですね。
たとえば、寝ているときとか。

「なるほど、そりゃそうだな。」なんて、
そのツッコミに感心しちゃったりするんですけど
もっともらしくないことをもっともらしく書いている以上
感心ばかりしていてもいけないな、とも思いますので
一応反論しておこうと思います。

寝ていてもかけるんです。

「イビキ」はね。


「寝汗」なんかもかけそうですね。


「寝首」も…(怖っ)




…そろそろ、いいですかね。


まったく意味のない内容の記事に
長らくお付き合いくださいまして
誠にありがとうございました。

ここまで引っ張るのは相当しんどかったですよ(笑)。
よくここまで書いたもんだと自分で自分をほめたいと思います。


こんな内容で、赤っ恥かいたかな?




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント

メイドカフェの次はこれ

ホゥ~イ まん丸さん

メイドカフェの次はこれですね。(=^_^=)

http://p.twpl.jp/show/orig/8Bmgw

2012.05.09  ずくなし  編集

会長、おはようございます。

花魁カフェ、大夫クラスになると羽振りの良い常連客しか相手にしないというわけですか…(笑)。

花魁カフェを極めるには、お金がかかりそうですねぇ。

2012.05.09  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad