まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

新宿へ行ってきました。
三流亭まん丸でございます。

東京マラソンなんか走ってませんよ。

でも、あまりの人の多さに
マラソン走ったくらい疲れました…。(苦笑)



製図用品を買いに行ってきたんです。

製図用品? イマドキは図面ってCADで描くんじゃないの? 
ですって??

 オフコース!! 

今はどこでも、どんな現場でもCAD図面です。

そんな時流もあってか、製図道具を売ってた地元の店が潰れちゃいましてね。
わざわざ新宿まで行ってきた、というわけなんです。

 はぁ~、面倒くさい。


実は私、CADって嫌いなんですよ。

なんていうのかなぁ…。

確かに、CADは便利かもしれませんが
あの形式ばった味気ない図面、面白くもなんともないんですよ。
ただ「図面に描かれている通りにやればそれでいい」ってな感じで
薄っぺらいというか、ドライというか…。

わかりやすく言うと「工場で大量生産された金太郎あめ」と
「飴屋さんが手作りした金太郎あめ」って感じ?

工場のものは、どこを切っても全く同じ顔の金太郎さんしかでてきませんが、
飴屋さんのは、切る場所によって金太郎さんの表情がそれぞれ違う。
しもぶくれだったり、目がデカかったり、口がひん曲がっていたり…
でも、それはぜ~んぶ金太郎。

つまりね、手書きの図面っていうのは、
描いている人の考えや意図していること、
何が一番重要で何にこだわっているのかってこと、
もっと言えば、その人のクセや性格のようなものまでもが
手に取るように伝わってくるものなんです。

レイアウトや線の一本、点の一個にまでセンスが表れるし、
下手な図面だったら下手なりの良さみたいなものがあふれ出てきて
それをじっくり眺めているだけでとても楽しい…。

そういう図面を渡され、そこから描き手の心意気のようなものが読み取れると
「よぅし! いい仕事してやらなきゃ!!」って気になりますし
その現場に妙な愛着が湧いてきたりもするんですよ。

やっぱりね、飴屋さんの手作り金太郎あめにかないませんよ。
工場で作った均一型通りの金太郎あめには、味がない…

あめですから、味はありますね。(苦笑)



まっ、そんな理由で、私はCADを使って図面を描かないんです。

誰です? 

偉そうなこと言ってるけど、「CADを使って図面を描かない」じゃなくて
本当は「CADが使えないから図面が描けない」じゃないの? なんていってるのは!



 オフコース!! 


図面か…。


 はぁ~、面倒くさい。


もう何もかも放り投げて、どっか遠いところへ走り去りたい気分です。

オフコース( off course )でね…。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad