まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

暦の上では今日から春。
三流亭まん丸でございます。

…とはいえ今朝だってキョーレツに寒いじゃないか!!

「立春」ゆえに、「ハラがたつ!」



腹が立つといえば、こんな内容の記事を読んだ事があります。

  「職場で女を激怒させる一言」


ほほぅ、どれどれ? 

 (男「 」はその一言。女「 」は激怒する理由。)

 男 「朝から夜まで頑張ってるね。」
 女 「本気でそう思うなら、仕事分担考えて、公平な業務量にしろよ!」

 男 「急ぎじゃないからゆっくりでいいよ。」
 女 「私はそんなに仕事するのが遅いのか?!」

 男 「無理しなくていいよ、女の子なんだから。」
 女 「「女だから」という理由は、なんか癪に障る。」

 男 「あっ、もしかして前髪切った?」
 女 「ほんの少し切っただけなのにわかるなんて。気づくなんて気持ち悪い。」

 男 「ちょっと顔色悪いんじゃない?」
 女 「ファンデーション変えただけよ。どれだけ観察してんのよ。」


こんなのもありましたよ。


  「合コンで絶対に言ってはいけない一言」


まずはじめは、外見・第一印象を。

 男 「目がかわいい。」
 女 「目だけしかかわいくないってことでしょ。」

 男 「大人っぽくて、落ち着いて見える。」
 女 「老けてるっていいたいの。」

 男 「清楚で、お嬢様っぽい。」
 女 「お嬢様=おとなしい=つまらないってことなんでしょ。」

 男 「いいね、そのバック。」
 女 「人を外見や洋服・持ち物で判断するな!」


そうおっしゃるんでしたら、性格・内面を。

 男 「面白いね。」
 女 「芸人じゃないし、全然嬉しくない!」

 男 「クールだね。」
 女 「どうせ、私はとっつきにくいですよ。」

 男 「真面目だね。」
 女 「つまらない女ですよ。」


…お話にならないですねぇ。

ここまで、偏屈というか、曲解するとは、
ちょっと笑っちゃいますね。
どんだけ被害妄想が凄いのか…。


【結論】

 我々のような平々凡々の男子諸君が
 気遣いやねぎらいのつもりで声をかけても
 コミュニケーションのつもりで声をかけても
 結局、曲解されて何言ってもダメってこと。

 ただ、福山雅治が優しく微笑みながらこういう一言をかけたら、
 女の子の反応は180度変わるということ。


イマドキの若い男性が恋愛を面倒くさがって
別に女性と付き合わなくてもいいって語る理由が

 非常によくわかりました。  (苦笑)



てなことで、最後はなぞかけでシメ。

  「いいたい放題の女性」 とかけて

  「男子剣道部の防具保管室」 とときます。

 そのココロは?

  「近づくと面倒(面・胴)くさい」




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad