まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。


昨夜、結婚式に行ってきました
三流亭まん丸でございます。

…私のではありませんよ。
もちろん私のオヤジのでもありません(キッパリ)。


大学の後輩で、最後の独身だった奴です。
「この暮れも押し迫った平日の夜、しかもクリスマスの夜に…」
なんて思いましたが、新郎新婦の嬉しそうな姿を見て、
こちらまで幸せをおすそ分けしてもらったような暖かな気分になり、
一時年末の慌ただしさを忘れることができました。

どうぞ末永くお幸せに!



ということで、今朝からはまたバタバタの世界が始まりました。

忙しい最中にあまり長い文章を書いても…と思いますので、
今回はテンポよくはあっという間のお噺を。



「隣の空き地に囲いができたってね」
「へ~」

「隣の空き地に塀ができたってね」
「かっこいい」

「これはタコかい」
「イカにも」

「飼い犬が迷子になった」
「どこにもいぬ」

「裏山にクマが出没したらしい」
「そりゃーくまった」

「今年のコメは豊作じゃ」
「いーねー」

「猫が驚いてたぞ」
「キャッとか?」

「水こぼした。ふきんどこ?」
「その付近に」

「灰皿どこ?」
「はい、どーぞ」

「この魚、今屁こいたぞ」
「ブリッ」

「立派な魚だし高そうだね」
「はぅまっち?」

「このビン水漏れするよ」
「そこまで気がつきません」

「この家、雨漏りするぞ」
「やーねー」

「この帽子ドイツのだ?」
「オランダ」
「でも、もうイラン」

「この日めくり、誰んだ?」
「カレンダー」

「カラスが何か落っことしたぞ」
「ふーん」

「カラスが何かお前の頭に落っことしたぞ」
「クソー」

「蝉が死んで木から落ちてきた」
「セミ・ファイナル」

「あれは鴨かい」
「そうかもね」

「お寺が火事だ!」
「ほっとけ」

「お坊さんもおならするんだよ」
「へー、そうなの」

「この仏像、何か臭いんだけど」
「におうか?」

「小便もれそう…」
「いっといれ」

「台所リフォームしようと思うんだけど」
「勝手にどうぞ」

「この風呂、立派だね~」
「よくそういわれる。」

「九州旅行、楽しかったよ」
「あーそー」

「南国土佐に行ってきたんだって?」
「しこく楽しかった」

「半年間もどこ行ってきたの?」
「あきた」

「でっかいネズミ捕まえたんだって?」
「チューくらいだよ」

「隣のイモ姉ちゃん、年取ったねぇ」
「ふけた、ふけた」

「あんた、タバコ吸いすぎ!」
「やーにー」

「お好み焼き、何枚焼くの?」
「じゅう」

「目玉焼きには何かけるの?」
「そーすね…」

「目玉焼きには絶対醤油だ」
「しょうゆーと思った」

「この扇子、変な色遣いだね」
「センスなし」

「有馬記念、またハズレたよ」
「ありまー」

「しまった!年の瀬なのに買い忘れた」
「おー、味噌か?」

「除夜の鐘っていい響きだね」
「かねがねそう思っていた」

「和尚さん2人、忙しそう」
「お正月だからね」




以上

もういくつ寝るとお正月~♪ さぁもうひと踏ん張り!
まん丸でした。



コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad