まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。

ちっとも面白くない政治の話を真面目にします。
興味の無い方は読まない方がいいかもしれません。
眠くなっちゃうと思いますので…(苦笑)。




政治に一番大事なもの、それは信頼です。
国民は議員に参政権を託して投票するのですから
議員への信頼なくして政治は成り立ちません。

信頼をえるのに一番大切なこと、それは約束を守ることです。
約束を守らななければ、信頼は得られません。

約束を守るということは
いいかえれば自分の発した一言一句に信念と責任を持ち、
そのための行動をとるということです。


今の日本の政治はどうでしょう?

政治家は自分の言動に信念が無く無責任、
約束は簡単に破る、平気でウソはつく、
ゆえに信頼感ゼロ。



国会議員は国民の代わりに国民の意見を政策に反映させる為に選ばれる、いわば公僕。
ゆえに国会議員の言動は、必ず国民の意思を反映していなければならないのです。
国会議員のもつ権利や権限は、すべて国民の権利や権限であり
国会議員個人の自己欲求実現のために使われては決してならないものです。

それなのに今の議員たちは自己保身や野心、政党の利益でしか行動しません。
そしてその為に、2枚も3枚もある舌を用いて、
曖昧模糊な玉虫色の表現で安易かつ無責任な妥協をはかり
それぞれがそれぞれの立場にあった都合の良い勝手な解釈をおこない
その舌の根の乾かないうちに、自己正統性を証明すべく屁理屈を展開し、
自己欲求を実現させようと行動しはじめます。

その全ての言動に、国民の意思は全く反映されていないのです。

今の国民の喫緊の意思は「菅首相をやめさせる」ことではなく、
「一致協力して一刻も早い復興策の推進」です。
それに対し、国会では首相の「非常時ですから一致協力を」、
野党の「あなたが首相だったら協力できない」という
どこまで行っても折り合うことのない主張をただ繰り返すだけ。

これまでの震災対応から、菅首相のリーダーとしての資質・能力に
非常に大きな問題があることは紛れも無い事実でしょう。
菅首相自身もこの事実を受け入れしっかり反省し、
責任をとらざろう得なくなった場合には、政権に執着せず
それなりの行動をとる覚悟を決めなくてはなりません。

そして与党。
政権担当の与党であるならば、
この非常時に安易にリーダーの首を挿げ替えるような画策をするのではなく
周りにいる人々がもっと必死になってダメリーダーを支えて、
諸問題に真摯かつ迅速に対応していくべきなのではないでしょうか?
「やめるといった」「いってない」といった子どもの喧嘩のような
不毛な内輪もめばかりに終始していないで、いたらない菅首相を補って余りあるほど、
知恵を出し合い、力をあわせて、復興策を強力に推進していくことが
政権与党としての責務なのではないでしょうか。

そして野党。
菅体制を批判し無能力だから協力できないという主張を繰り返すのだったら、
「誰をリーダーにし、どういう復興支援をおこなうのか」という明確なビジョンを提示し、
だから「菅じゃダメなんだ」と主張する必要があります。
そこをきちんと提示しなければ、ただ「政権を奪回したい」といった党利党略に基づく
政争の具として、震災復興を利用しているとしか受け取れません。

こういう自己保身と政党の利益だけで行動する国会議員たちが
不毛な、くだらない子どものような言い争いに終始している間に
時間だけがただいたずらに過ぎていき、
被災された皆さんの困窮は、日々深刻化しているのです。

国会議員といわれる方々は、
本当に困っている国民のことを第一義に考えて行動されているのでしょうか?

ここ数日間の国会や政治家の言動をみていると、とてもそうは思えません。
むしろ「この期に及んで、まだ国民不在のゴタゴタ騒ぎを繰り広げているのか。
この国の政治家はとことん腐っている。もうこの国の政治はダメだ。」
と、心の底から思い知らされました。

本当にもう政治には何も期待してはいけないのでしょうか。

もしそうであるなら、あなたたちには何も期待しませんから、
どうか被災地復興の足を引っ張るようなことだけはしないでください。
そしてどうぞご自由に、勝手にサル山のボスの座を争っていてください。

ただし、「震災」を政争の具としかとらえられないあなたたちは、
もう2度と、心にも無い「被災地復興のために」や「国民のために」という言葉を
口にしないでいただきたいと思います。



「この人たち、一体何を話し合っているの?」


ニュースを見ている子どもからそう尋ねられた時、
「日本という国を少しでも良くするために一生懸命話し合っているんだよ。」
と堂々と答えられる日が果たして来るのでしょうか?

今は、なんと答えていいか適当な言葉もみつからず
ただ苦笑いすることしかできません。




…国会議員が一国のリーダーを選ぶっていう制度は
そろそろ見直さなければならない時期にきているのかもしれませんね。
だって、思いを託して選んだ議員が、その国民の思いを全く無視して
自分の利害関係だけで一国のリーダーを選んでいるんですから。
このままでは、ますます政治が民意からかけ離れたものになってしまいます。

やっぱり、国民が直接自らの投票で国のリーダーを選ぶような制度、
首相公選制だとか大統領制導入を検討したほうがいいですよ。


その際は、私、三流亭まん丸に是非とも一票を!





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad