まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

東北・関東大震災に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
三流亭まん丸でございます。


大変なご時世ではありますが…。


とある災難に遭った八つぁん、
がっくり気を落としながら熊さんの長屋に避難してきました。


 八 「しばらく厄介になるよ。」
 熊 「おう! 気にすんなよ。困った時はお互い様だ。」
 八 「それにしても…。住む所も蓄えも、何もかも失っちまったなぁ。」
 熊 「失ったんじゃぁねぇよ。元に戻っただけじゃねえか。」
 八 「元に戻った?」
 熊 「そうよ。オギャーと泣いた生まれたての赤ん坊は何も持ってねぇだろ。
    元に戻ったと思って、また一つずつ積上げていけばいいんだよ。」

 八 「でもよ、積上げてく為の元手が何も残ってねえんだよなぁ。」
 熊 「バカいっちゃいけねえよ。お前さんにはちゃんと残っているモノがあるじゃねえか!」
 八 「何が残ってるっていうんだよ。」
 熊 「知恵と経験とド根性。
    お前さんの頭と心と体の中に刻み込まれて残っているじゃねえか。」

 八 「でもよ、不安で、不安で…。」
 熊 「起こっちゃった災難を振り返ってばかりいたって何も変わらねぇよ。
    諦めずに明るく前向きに生きていけば、近いうちにまた新たに刻みこまれるって!」

 八 「今度は一体、何が刻みこまれるっていうんだい?」

 熊 「目尻の笑いジワさ!」 




被災地ならびに被災された皆様の、1日も早い復興と回復を心よりお祈り申し上げます。



以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



コメント

人は石垣、人は城

コントや漫才などのネタにファミレスやファーストフードの店員の対応が使われている。

誰に対しても同じ対応、同じ接客をする。

迷い込んだ犬に対しても「いらっしゃいませ~!お一人様ですかぁ~?」

注文が決まってもさらにこれはどうですか?あれはどうですか?

これもあります、あれもあります などとその場にそぐわない?受け答えをしているものを笑いにしている。

これは接客マニュアルにある対応を笑いのネタにしているのだろう。

福島第一原発の事故発生に対する対応もたぶんマニュアルがあるはずだ。

どのようなマニュアルか分からないが「いくつかの場合」を想定し設定されているものと思う。

対応の遅れはマニュアル通りにしていたために後手後手に回ったものであろうか?

適応するマニュアルの選択を間違えたものなのであろうか?

何でもかんでもマニュアル化するということは「よろしくない」という事もできない。

とっさの場合に動くことができる、初動に有意義である。

考えることなく行動することができる。

誰が行動しても同じレベルの対応ができる。

など利点もあるがその反面もある。

マニュアル通りにやっておけばそれで良いやっ!

マニュアルに沿ってやって失敗したのだから、それはオイラの責任じゃないもんねぇ~!

などと逃げの口実にも使われる。

いずれにせよ、機器やマニュアルを使用する人間の意識により結果が異なる。

一連の対応をマニュアルにしているのか、

一ブロックごとにマニュアルを分けてあるのかによっても違う。

ブロックごとにしてあるのであれば、そのブロックの選択により幾通りもの対応が発生する。

選択制の高いものになる、言い方を代えると人間が考えなくてはならない部分が増える。

対応の選択を間違えると結果も間違えになる。

それじゃ~ぁ マニュアル化した意味ねぇ~んじゃね!

と言われないためにシュミレーションがあるのです。

何度も、幾通りもシュミレーションし体で覚える。

行動、選択、選択の変更など イメージトレーニングが大切になる。

現場での人間が大切になる。

マニュアルを作成すると楽になると考える企業にも責任はある。

人を育てないと解決する問題ではないのでしょうね。

武田節 人は石垣、人は城~!でしょうか?

2011.03.20  ずくなし  編集

ずくなし会長、おはようございます。

想定される事態に対応する手順がマニュアルである以上、想定外の事態には対応することができないのは当然。
事態を冷静に判断して臨機応変に効果的な対応策を講じることができなかったのは、マニュアルへの過信と、マニュアルがあることで普段から状況判断力・柔軟な発想力・策遂行能力を養う努力を怠ってきたからなのでしょう。

普段から即応能力を養っている自衛隊・消防関係に比べ、東電・国の対応はマニュアル全盛時代の弊害を象徴しているようです。

「マニュアル生活にならない為のマニュアル100」って感じですね。

2011.03.22  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad