まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

夏休み仕事でバタバタしてますが、ちょっこし息つく事ができた土曜日の午後。
夏休み中の「登校日」みたいなもんで、久しぶりにブログ更新。
三流亭まん丸でございます。


それにしても暑い日が続きますねぇ。

暑中お見舞い申し上げます。






中央官庁ひしめく霞ヶ関…のはずれ。

「ぜんざい公社」なる看板がかけられたビルをみつけ、
久しぶりにぜんざいでも食べてみようかという気になり受付へ。

「あのぅ、ぜんざい食べたいんですけど…。」
「2階1番窓口で手続きしてください。」とぶっきらぼうな対応。



2階に上がって1番窓口へ。

「あのぅ、ぜんざい食べたいんですけど…。」
「では、こちらの申請書に必要事項を記入して持ってきてください。記入用テーブル・ペンはあちらです。」

「『申請者名』には俺の名前を書いてっと。
『年齢』は40歳。『職業』は会社員。『住所』は東京都○○区。
『電話番号』 『携帯番号』 『メールアドレス』 『家族構成』 『同居人』
『尊敬する人』 『苦手な食べ物』 『好きな異性のタイプ』…って何これ?!
まだあるよ。 『既往症』 『血圧』…。
ぜんざい食べるのに何でこんなことまで書かにゃいかんの? ブツブツ…。」

「はい、書きました。」
「あちらでお待ちを。」

…フロアには私以外誰もいないのに15分経過。

「まん丸さ~ん。この申請書を持って3階の2番会計窓口へ行ってください。」



3階2番会計窓口。

「申請書もって来ました。」
「はい、じゃあ申請手数料300円納めてください。」
300円支払うと「では、この申請書と申請手数料受領書を持って2階1番窓口へ戻ってください。」



再び2階1番窓口へ。

「お金納めてきました。」
「申請書と申請手数料受領書を確認させてください。それまでの間ちょっとお待ちください。」

…私以外誰もフロアにいないのに15分経過。

「まん丸さん。大変です。血圧欄をみると上が80、下が120ということで、上下逆の状態です。
医師の診断書が必要です。5階に診療所がありますのでそこで診断書を書いてもらってください。」
「間違えて書いただけなん…」
「念のため、すぐに5階へ。」



5階診療所。

「すいません。診察してもらえますか?」
「どれどれ? …ちゃんと脈打っているようだから、ぜんざい食べるのには問題なしじゃ。」
「はい、これ診断書。この診断書を持って3階2番の会計窓口へ行きなさい。」



3階2番会計窓口。

「診断書もらってきました。」
「では、診断料および診断書発行手数料で300円納めてください。」
300円支払うと
「申請書と申請手数料受領書と診断書と診断書発行手数料受領書をもって、2階1番窓口へ行ってください。」



2階1番窓口。

「書類はこれで全部揃いました。ところでぜんざいにお餅入れますか?
入れるようでしたら、トッピング手続きが必要で4階3番窓口で手続きしてください。」



4階3番窓口。

「トッピングでお餅ですね。1個につき100円ですが何個入れますか?」
「3個。」
「ではこの『トッピング手続書』を持って3階2番会計窓口へ行ってください。」



3階2番会計窓口。

「お餅3個トッピングで300円を納めてください。」
300円支払うと
「では申請書と申請手数料受領書と診断書と診断書発行手数料受領書、そしてこのトッピング手続書と
トッピング料受領書を持って2階1番窓口へ行ってください。」



2階1番窓口。

「手続きはこれですべて完了です。
ではこの手続き完了書を持って3階2番会計窓口へ行き、ぜんざい代3000円を納めてください。」
「エエッ!? すでに900円も払ってるんですけど…。それにぜんざい3000円って高すぎやしませんか?」
「900円は手続き上の費用ですから。それにもし3000円という金額が嫌でしたら
申請取り下げ手続きとして今までの手順をすべて逆に回っていただき…」

「わかりました。食べます」



3階2番会計窓口。

「ぜんざい代3000円を納めてください。」
3000円を支払うと
「はい、こちらが食券になります。この食券を持って別館へ行っていただき、ぜんざいをお食べください。」
「すいません。別館ってどこにあるのですか?」
「2階1番窓口でお聞きください」



2階1番窓口。

「別館はどこにあるのですか?」
「このビルを出て、目の前の道を西へ真っ直ぐ20分ほど歩いたところです。」



夏の太陽が照り付ける中、汗だらだらで言われたとおりに20分歩くと「ぜんざい公社別館」の看板が。
中に入るとガランとした食堂のような所に愛想のない担当職員が1人。

「暑い中歩いてきたので喉がカラカラ。冷たい水いただけますか?」
「では本館のほうで、手続きしてください」
「…水はいいです。ぜんざいください」


食券を手渡すとそのまま厨房へ。

待つこと20分…。



やっと出てきたぜんざいにかぶりつくと全くもって甘みがない!

「これ甘くない! 砂糖入ってないんじゃないですか!!」と文句を言うと

担当職員が一言。


 「そりゃそうです。甘い汁は全部公社が吸いましたので…」 





これ、「ぜんざい公社」というお噺。

今も昔もお役人様っていうのは…。



行政の無駄の排除、断行してください!!





以上 まん丸でした。


また、しばらく更新はできません…。

皆様、御身体の方ご自愛くださいませ。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



















コメント

じゃがバタ

数週間前は「もも」をいただきました。

これは、腹いっぱいになるまで押し込んで、数日で完食!

その後、キュウリ、ナスと続き

ブルーベリーになりました。

いや、その間に「トウモロコシ」少し

ジャガイモとトウモロコシがドットあります。

ジャガイモは、コロッケ、じゃがバタでしょう

各地に親戚となるとかなりの数になるので、

山と海に申請を作るとよろしいのではないでしょうか?

2010.08.02  ずくなし  編集

No title

おひさぁ。

「α」ってなんですか? パワーアップの証?
前回の優勝者がパワーアップしちゃダメでしょ。
もしかしてちゃっかりノミネートもされているとか?

私も久しぶりにノミネートされたようです。
数多くの志村ケンネタが投稿されたようですが、その中から選ばれました。たぶん。
「志村けんが登場して扇形に切られたスイカを手にした瞬間」

2010.08.02  LYON  編集

野球収容所?

ウィ~!野球収容所での生活了解です。(=^_^=)

菅平はラガーの収容所です。

車にぶち当たり車が破損したとかしないとか?

再び猛暑です。

先日もらったキュウリに味噌を付けてかじっています。

塩分と水分の補給 キュウリだけにホキュウリ

更生への道は険しいんですね。

2010.08.03  ずくなし  編集

αって?

どもども、月刊goo太郎です
LYONさんも書いていましたが
「α」って付いてましたね^^
自分は今回もボツでしたぁ~

2010.08.03  goo太郎  編集

No title

みなさん、こんにちは。

気分転換に名前にαをつけてみましたが、特に深い意味はありません。
他にも「まん丸スーパー」やら「まん丸。」とか「まん丸’(ダッシュ)」とか
「夏の日のまん丸2010。」(classかよ)なんていうのも考えましたが…(笑)

夏休み期間限定HNということで、本格的復帰したら元に戻す予定です。

以上 三流亭まん丸αでした。

2010.08.03  三流亭まん丸  編集

本当に悩んでいます

おっしゃる通りです。

無理と分かっていて無理を言うんですよね。

これは本当に悩んでいます。

今日の午後、調査士会へ行って相談しようと思います。

うぅ~! (ノ_・、)

2010.08.04  ずくなし  編集

入れ替え!

ほい!ほい!

臭くて便所に行けないでは困りますね。(=^_^=)

便所は臭いものでした。昔の常識ですが・・・

小学校では和式だから便所へ行けない者がいるらしいですよ。

へぇ~!ですね。

学校の便器を洋式に変更しているらしいですね。

埼玉防災救助隊のクルーは全員入れ替えです。

これこそ税金の無駄遣いです。

何のための適性検査なんでしょうね。

2010.08.11  ずくなし  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad