まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。


「春眠 暁を覚えず」
三流亭まん丸でございます。

この詩の意味は「春は陽気が良くてついつい寝坊しちゃいます」ではなく
「春になると冬に比べ日の出が早くなって、いつも通り起きる頃にはもう夜が明けちゃってます」
だそうですよ。

…って、もう春じゃないか。





さて、金星探査機「あかつき」。
今朝金星に向けてH2Aロケットで飛び立ちましたね。
約半年かけて金星に到達、いろいろ探査してくるそうです。

…「いろいろ」です。(←勉強不足)



ウルトラセブン最終回でアンヌにダンが語った名セリフ。

「僕はM78星雲に帰らなければならないんだ!
西の空に明けの明星が輝く頃1つの光が宇宙へ飛んでいく。それが僕なんだよ」

…「西の空に輝く明けの明星」、それが金星。

ただしウルトラセブンは間違い。
「明けの明星」は昇る太陽の近く「東の空に輝く」というのが正解。

きっとダンは別れを格好よくキメたかったんでしょうけど、ちっとばかし、しくじったかな?


こんなことでもわかるように
金星は別名「明けの明星」「宵の明星」といわれ
太陽との位置関係によりある特定の期間の夜明け前や夕暮れ時にしか見ることができません。

全天でも最も美しく明るく目立ち魅力的に輝く星なのですが、
時によって見えたり見えなかったりと気まぐれで、それゆえ謎が多く神秘的…。

そんな特長が若くて美しい女性を連想させ、
女神さまのいる星「ヴィーナス」と呼ばれるようになったんでしょうね。


是非ともお会いしてみたいですねぇ、ヴィーナスさまに。
きっとそのお顔が美しいだけではなく、お身体もナイスバディなんでしょうから。

…「均整」のとれたプロポーション。


そして街中を颯爽と歩いていたら、男性諸氏の視線を釘つけなんじゃぁないかなとも。

…「見ろよ!ヴィーナス!!」



まぁ、直接お会いすることは死ぬまでない(死んでもない?)と思いますので
「あかつき」が金星を訪れて、ヴィーナスさまにお会い出来た「あかつき」には、
「まん丸がよろしくと申しておりました」と伝えておいてほしいものです。




ということで、最後になぞかけを。


『金星探査機』とかけまして
『使い古された表現・常套句』とときます。

そのココロは?

『(て)あかつき』




そういえば昔、「金星」「明星」「あかつき」という名前のブルートレインが走っていたこと、
覚えてます?





以上 まん丸でした。


  よっ ベイビシーズ がってん ♪ (長山洋子 『ヴィーナス』♪)





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村















コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad