FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.08.25

アツい

どうも。

三流亭まん丸でございます。


朝晩の気温が下がり始め、
秋の気配がなんとなくですが
漂い始めたような気がします。

・・・日中はアツいですが。

いやいや、
今最もアツくなってるのは
日中ではなく、日韓ですね。


ここまでこじれるともう今さら、
白い洋室で、
テーブル囲んで
ハーブティーを飲んで、
サンドウィッチを食して、
楽しく優雅なひとときを
共に過ごしながらご歓談・・・
ってわけには
いきそうもありませんねぇ。

ところで、サンドウィッチに
パンニハムハサムニダ?


私は、基本的には
「世界は一家、人類はみな兄弟」であって
「他人は他人、自分は自分、でも仲良く」
がスタンスなんですけど、
そんな私でさえ、
感情が理論に勝る価値観を持つ相手に
いくら冷静に筋道立てて
論理的な説明したとしても、
相手がその内容を理解し納得し
適切な対応をとることなど
全く期待できないと思いますよ。

話しがかみ合わうことはまずないでしょうから、
ここまで悪化しちゃったら
とことん落ちるところまで
落ちちゃった方がいいんですよ。

目先の関係改善のために
中途半端なところで玉虫色の妥協をすると
後の世まで禍根を残す状況が
現状と同じようにずっと続いていってしまうこと、
必至ですからね。

手を出してしまうのは絶対にダメですよ。
距離感は重要です。
今は離れておく方がいいかもしれません。

ちょっかいや挑発に乗ってアツくなってもダメ。
相手が感情むき出しでヒートアップしてきても
こちら側はあくまでも冷静であることが大切。

「感情」という相手の土俵に乗らないことです。

丁寧な口調で、
順序立てて理路整然と、
それでいて一切妥協することなく
おかしな点を指摘し続け、
正してほしいこと、言いたいことを
主張し続ける。

そういう状況を続けていくと
関係がますます悪化し、
そしてそれが底打ちするまで
数十年かかるかもしれません。

そこまで行きついたところから
更に数十年、数百年がたち、
そんな状況にあるときにも
なんかの拍子でお互いが相手のことを
「いけすけねぇ奴だけど必要」と思い始めたとき、
その時から新たな関係を
一から構築していけばよいのでは?
って思うんですよね。


ギクシャクした夫婦関係と同じ。

腹の中をさらけ出して言いたいこと言い合って
そしてちょっと別居して距離を置いてみるのが
いいんじゃないでしょうか。(笑)


「悪化は底なし」で
「相手を必要」と思わなければ
ま、そんときはそんときですよ。





あ、ちなみに我が家は
夫婦仲、アツアツですよ。




・・・だと私は思ってますけど。





あれ? 





アツいはずなのに
なんか、冷や汗が・・・







コメント

おっしゃる通り❢

まっこと、一字一句、同感です❢
思考回路のネジが2~3本、外れてる相手には、
何を言っても伝わりません。
自分でネジのはずれに気がつくまでは……。

上手い❢ 
落ちるところまで…賛成です。
別居や離婚してみて初めて、
相手の長所にも気づくものですから。(^_^ ;)

2019.08.26  風子  編集

以前仕事で ソウルを訪れました。日本に韓国製システムキッチンが上陸し 話題になっており、ソウル繁華街、高層ビルの広大なショールームを訪問しました。ガラス張りの立派なショールームで これはすごいと思いましたが・・・展示キッチンの状態がひどい。一言でいえばガタガタ。引き出しあかない。扉外れそう、当時納入した日本のマンション クレーム対応が大変でした。対応したマネージャー「日本のお客はうるさすぎる」考え方が日本とは根本的に違う。自分達は正しい。非を認めない。おっしゃる通り感情が先に出てしまう国民性なのでしょうか。このままでは韓国は世界から孤立してしまうのでは・・・

2019.08.26  kitchenplaza  編集

風子さん、コメントありがとうございます。

夫婦だって冷却期間をおくために
別居するんですから、
お隣さんならなおさら。

無理してお付き合いしなくてもいいのでは?
と最近特に思います。

大喜利の「無理問答」を思わせるような、
話のかみ合わ無さですからねぇ。(苦笑)



2019.08.27  三流亭まん丸  編集

kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

私も大学時代に、
韓国からの留学生とゼミが一緒だったんですけど、
他人様の卒論の題材を
自分の意見の主張として発表してしまったり、
何かっていうといきなり日本人は謝れ、
と突っかかってきたりとまぁ・・・。

で、絶対に自分の非を認めない。(笑)

彼の頭の中って、どうなってるんだろう??
って当時から思ってましたけど、
彼ではなくて実は「彼ら」だったんだなぁと
最近思い直しました。









2019.08.27  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.