FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.05.21

ドライバー

どうも

三流亭まん丸でございます。


今回の記事は、
お読みいただきながら
実際にやっていただくと
よ~くわかるというお話でございます。



先日のこと。

器具の取り付けの真っ最中、
右手でドライバーを持ち、
そのドライバーでネジをしめている途中に
ケータイがなりまして。

ドライバーをいったんおいて、
その空いた右手で
作業着の左胸ポケットの中のケータイを取り出して、
通話ボタンを左手の人差し指で押して、
右耳にケータイを押し当てて
話し始めたわけですよ。

電話の相手が
「&@小学校の現場はいつから入る予定か」
と尋ねてきたので、
右手で持っていたケータイを左手に持ち替えて、
同じく左胸のポケットに入っている手帳を
右手で取り出して、
左手のケータイを左の耳と左の肩に挟んで、
その空いた左手で手帳を開いたんですね。

右手で手帳の裏表紙側を支え、
左手の人差し指を丸め表表紙側裏を支え、
左手親指の腹を使って
ページをパラパラさせていると、
該当するページが見つかったんで、
そのままの形で「〇日からですね」と答えると、
相手は「△日からにしてもらえないか」
と言ってきたんですよ。

まだ予定が入ってなかったので
「いいですよ」と答え、左手をずらし
その手帳の真ん中を左手親指で押さえ
左手だけで手帳を持ったんですよ。

で、空いた右手で
同じく左胸のポケットにさしてあるペンを取り出して、
〇日の予定を二重線で消して
△日の欄に新たな予定を書きこんだわけです。

通話が終わって、
左手だけで手帳を閉じ、
その左手にある手帳を、
人差し指と中指の間の根元に
ペンを挟んだ状態の右手の、
親指と中指と薬指と小指を使って右手に持ち替え、
空いた左手で
左の耳と左の肩に挟んでいたケータイを
持ったんですね。

で、左手のケータイを
そのまま左胸のポケットにしまいまして。

その空いた左手で
左胸のポケットをちょっと広げ、
右手の親指と薬指と中指と小指で持っていた手帳を
その同じポケットにしまったんですね。

で、右手の人差し指と中指の間のペンを
親指と人差し指と中指で持ち直し
さっき、途中までしめていたネジを・・・




ペンですからねぇ。

我ながら、なんとも情けない
「しまらない」お話でございました。









コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.