FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.04.24

実況

どうも。

三流亭まん丸でございます。



絶好の野球シーズンになりましたね。
プロ野球なんかも盛り上がっちゃってね。

まぁまだ今なら12球団すべてが
優勝争いしてんですからねぇ。

この先どうなるか知りませんけど。(笑)



で、選手たちが繰り広げるプレイも凄いですけど、
その試合を実況しているアナウンサーの方も凄い。

目に入ってきたものを、
頭で考えてから言葉として発してたら
そのプレイはとっくのとうに
終わっちゃってるわけでしょ。

ということで今回は、
見たものを脳ミソ経由せずに
言葉にすることのできる
実況アナウンサーのこんな話。




え~、本日はお日柄もよく、
お天道様もご機嫌麗しゅうようで、
絶好の野球日和となっておりますね。

これから、ちょいとばかし
その野球ってやらの実況なんてぇもんを
させていただこうかと思っておりますが、
なにせ、スポーツの実況なんてもんは
やったこたぁございません。

てなわけで、まぁ、その辺のところは
生暖かい目で見ていただいて
ご容赦願えれば、これ幸いでございます。

何卒最後までお付き合いいただけますよう
お願い申し上げます。

さ、まもなく試合開始でございますよ。


ウ~


うるさいのにサイレンと、なんて申しますが
そのサイレンが球場になり響きまして
試合の始まりでございます。


マウント上のピッチャー・・・


ん?! 


・・・だってあそこ、山になってるでしょ?

・・・え、マウンドっていうんですかい?

・・「ト」と「ド」の違いなんて、わかりゃしないって。

・・・え? ダメなの。

・・・「テンで話にならない」ってか。

・・・うまい事おっしゃりますなぁ。

・・・ってところで、あんたどちらさん?

・・・あ、解説者。

・・・何を解説するんで?

・・・ほう、野球をねぇ。

・・・いいから実況してくださいって?



は、失礼いたしやした。

横にいる解説者ってぇのが、
イチイチうるさくってねぇ。



気ぃとられてるうちに
ピッチャーが一球、
投げちまいやがった。

どうやら一球目は
ストライクだったようですなぁ。

さ、続いて、ピッチャー、
マウンド上で、大きく振りかぶって、
第二球、投げやした!


おおっと!

ド真ん中だぁ!



バッター、
待ってましたとばかりに両の目んタマひん剥いて
あらん限りの力でエイヤッ!とバットふるってぇと
カキンって快音残しまして
打球はぐんぐんセンターへ伸びていくってぇもんだ。

するってぇと、センターがね、
その打球を、後ろ向いて、
追っかけ、追っかけ、追っかけて、
ちょうどいい頃合いかと思ったんでしょうなぁ、
足をピタッと止めましてね、
クルッと振り向くってぇと
そこにタマがスーッと落ちてくるって寸法だ。

打ったバッター、
最初のうちは必死で走ってたんすがね、
センターのその様子見て
諦めちまったんでしょうなぁ、
途中からチンタラと足を抜いておりやす。


あん?

・・・なんです?

・・・走ってんでしょ?

・・・「手を抜く」じゃ、おかしかないですかぃ?


失礼いたしやした。
横にいるのが、イチイチうるさくってねぇ。



おお~っと! 

センター、タマを落とした!



びっくり三年柿八年、
落としていいのは腹のぜい肉、
ボールを落としたのはタマタマか?!

上り坂、下り坂、まさか、
人生の三つの坂のうち、
そのまさかが起こっちまいやがった!

バッター、コレ見て慌てちゃってね、
一塁から二塁へ向かって、
回る、走るの大騒ぎだコンチクショウ!


センター、拾う!

バッター、走る!

センター、投げる!

バッター、滑り込む!


おお~


これはきわどい、どっちもどっち、
ちょうどいい按排で
ジャッジに困るぞアンパイヤ~!!



アウト!



・・・アウトでございやした。


まったく人騒がせでございますねぇ。
センターが普通にフライとってりゃあね、
はい、おしまいってなもんでね、
バッターも全力疾走なんぞぜずによかったものを、
落したばっかりに余計な体力使わされちゃてね、
しかもアウトになってしまうたぁ、
まさに踏んだり蹴ったり滑り込んだりだぁ。


怒ったバッター、
きっとこういうんでしょうなぁ。


「こんなことになるくれぇなら、
打たねぇ方が良かった。」




・・・あうとがよろしいようで。






こんな実況なら
ずっと聴いてたいような気もしますが・・・。(笑)









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント

こんな実況を聞けるなら私も野球ファンになれそうです(笑)

2019.04.24  nohohon  編集

昔、野球がスポーツ中継の一強だったころ。

アナウンサー「えーと、次の仕事は何でしょうか」

ディレクター「これをやってくれたまえ」

アナウンサー「えーと……あめりかんふっとぼーる……?」

ディレクター「頼んだぞ」

アナウンサー「頼まれても困りますよ! わたし、野球一本で来たんですよ! アメリカンフットボールのルールなんて、知らないですよ!」

ディレクター「おれだって知らないよ。でも、試合は近いし、とりあえず、形だけでも実況してくれないと困るんだ」

アナウンサー「じゃあ、ルールがわかる人、いませんか?」

(時間経過)

アナウンサー「なんでこんなにアメリカンフットボールのルールって複雑なんですか!」

専門家「おれにいっても仕方ないだろう。こういうルールなんだから」

アナウンサー「どうしよう。試合は明日だし。得点する時はなんていうんでしたっけ」

専門家「タッチダウン」


当日。


「さあ、始まりました、日米対抗アメリカンフットボール大会。実況はわたくし、○○がお送りします。さあ、試合開始。おーっと、あーっと、ううーっと、すごいぶつかり合いです。あーっ、走っております。走っております。あーっ、ううーっ、うわーっ、タッチダウン! さあ、ボールが戻りまして。おーっと、うわーっと、ああーっと、なんということでしょうか、ああーっ、うわーっ、すごい! うわーっ、タッチダウン!」

……試合じゅうこの調子で乗り切ったそうな(実話)

2019.04.24  ポール・ブリッツ  編集

おばんです

いま初めて気づきました!
落語調って、噺を聴くより文章のほうが
リズミカルさがビンビンきますねー。

2019.04.25  つかりこ  編集

nohohonさん、コメントありがとうございます。

こういう実況してくれたら、
野球ファンも増えるでしょうが、
この実況アナのファンは
それ以上に増えちゃいそうですよねぇ。(笑)

2019.04.25  三流亭まん丸  編集

ポール・ブリッツさん、
コメントありがとうございます。

アメフトの実況、
ルールがわかっていたとしても
難しそうですよねぇ。
なにせ、選手の数が多すぎて、
しかもその選手たちが同時に
それぞれのプレイをするんですから、
もはや「お~っと!」としか言いようがない・・・(笑)

私は、スポーツアナの中では
やっぱり一番は、競馬の実況アナだと、
個人的には思いますねぇ。

2019.04.25  三流亭まん丸  編集

つかりこさん、コメントありがとうございます。

落語の高座にかかっていた噺の
書き起しを読んでたりすると、
そのリズムとテンポの良さに驚きます。

聴いて心地いいものは、
読んでも心地いいんですよねぇ。

2019.04.25  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.