FC2ブログ

「責任」の耐えられない軽さ

どうも。

三流亭まん丸でございます。


日大アメフト部の選手が、
相手チームの選手に悪質な危険なタックルをして、
怪我を負わせた件が問題になってます。

アメリカンフットボールという、
事細かに役割分担が決まっていて、
極めて組織的に、作戦通りに
指示を忠実に守って行われる
チームスポーツで起きた問題ですからねぇ。
個人的な恨み(カノジョを寝取られた等)がなければ
選手個人の判断で
あのようなラフプレイはしないでしょう。

監督から、直接的な指示があったんではないか?
という疑惑もあるようで、
実際、日大アメフト関係者からは
そういう話もチラホラでてるようですしね。

でも監督は、
厳しく行けという奮起を促すような叱咤はしたが
「潰せ」などという直接的な指示はしていないと主張をし、
あくまで監督の意を曲解した選手の個人的判断で
行われたことにしようとしているようで。

その選手は退部した(※未確認)らしいんですけど
監督は雲隠れしちゃって
自らの口で何が起こったのかの説明をしないどころか
相手チームへの公式な謝罪すらしていない。
監督として、この問題を起こしたチームの最高責任者としての
責任を取る気配もまったく無いわけで。

まあ、簡単にいうと、
選手が勝手にやったことだから
監督の私は悪くないっていいたいのでしょうか。

尻尾切って幕引き、となるわけがないですよねぇ。


日大が提出した相手チームへの回答文書も
一番肝心要の謝罪がなく、
責任の所在があいまいで、
問題発生の原因や再発防止策についても
なんとなくはぐらかした感じ。
歯切れが悪く、曖昧模糊で、抽象的で
あの文書では相手チームが
誠意が無さすぎると評するのもよくわかる。


聞いたところによると
この監督は大学の理事も務めていて
どうやら人事担当のトップらしいですよ。

だからか、と妙に納得しちゃいましたね。

自分の人事権を握っている人に対して、
正面切ってモノ申せる人、いないですからねぇ。


なんか、似てますねぇ。

モリカケに。(笑)




最高責任者とは、
その組織を統治し運営するための
最大・最強の権力を掌握するかわりに、
その組織で行われているすべてのことに対する
すべての責任を負わにゃならないんです。

たとえ、直接的にそのことに関わってなくたってね。

なのに、普段、好き勝手・やりたい放題に
権力を行使しておいて
いざ問題が発生したら、私は知らぬ存ぜぬ、
個の問題ですから責任は取りません、じゃあねぇ。

でね、そういう人に限って、
普段は、「全責任は私が取る」とか
「責任を持って事に当たる」とか、
責任っていう言葉が大好きで、
責任っていう言葉を頻繁に、
無責任に使いたがるんですよ。



私も超零細自営業で社長してますけど
責任って言葉はあまりに重すぎて、
覚悟を決めない限り
軽々しく口に出せる言葉じゃないですよ。
だって、武士社会の頃の責任の取り方は
腹切って自らの命と引き換えだったんでしょう。

それくらい重いんですよ、責任って言葉は。

責任という言葉を口にできるのは
絶対的な覚悟を決めて言葉を発し続け
覚悟を決めて行動してきた者だけなんです。



それが、なんとまぁ、現代社会では
耐えられないくらい形骸化した
軽薄な言葉になっちゃったんでしょう。

権力を行使する地位を狙う者が
自らへの支持を取り付けるための方便として使う、
権力を行使する地位にある者が、
自らに対する反対、反論をする者を、
いっときまるめこむための方便として使う、
そんな都合のいい言葉に成り下がっちゃったんですねぇ。


本来、多くの人々を束ねる地位に就くと
生ずる責任は「重い」はずです。
ところが現代社会においては
皮肉なことに、その地位と権力が、
重荷である責任から自分を逃がしてくれるわけです。

言い換えれば
地位ある者はその権力を使って
自らを安全圏に逃避させることができ、
本来地位ある者が守らなければならない弱者に
権力を使っていともたやすく負担やリスクを押し付け、
背負わなければならないはずの
重い「責任」から逃れているということです。

重い責任を負うはずの者が軽く
軽いはずの者が重い責任を背負わされる。

責任というものが
耐えられないくらい軽く
扱われていると思いませんか?



組織が存在し成立するための絶対条件は
責任の所在が明確にされていることです。
ゆえに、事が起きた時、
責任者が責任を取らない組織は
もはや組織ではありません。

そういう意味では
名門・日大アメフト部は組織として機能不全、
存続できないかもしれない
危機的状況に陥ってますよ。

なんとか、この危機的状況に対して、
事態打開の的確な方策を
アドバイスしてあげてください!

お願いします!

日大危機管理学部のみなさん!




5/18 18:00 加筆しました。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





Comment

日大 危機管理学部 という学部、実際にあるのですね。検索しました。監督さんもう一度学部で学んだらいいのでは。責任と言う言葉 どこぞの国の総理も良く口にします。責任の安売りバーゲン。口先総理!!まん丸さん 経営者として「責任」と言う言葉、簡単には言えない、と言われていますが、分かる気がします。私も超零細企業 何せ私一人ですから。お客様に簡単に「責任」と言う言葉は使えませんでした。ミスすれば全て自分にかかっつてきますから。口にせずとも結果は全て自分に返ってきますから・・・

Re: タイトルなし

kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

日大アメフト部の危機を、
同窓である危機管理学部が救えないと、
危機管理学部そのものの存在も
危機を迎えてしまいますよねぇ。(苦笑)

「責任を取る」、重い言葉ですよ。
辞めりゃいい、
それは本当の意味の責任の取り方ではないと思うからです。
辞めることでけじめはつけられますが、
それでは何も変わらない。
その事象が起きた原因究明と再発防止策の提示、
そこで生じた混乱の収拾や
被害を被った方々への謝罪や保証、
残された者たちの今後の道筋、
そこまでをきっちり行うことまでが
真の責任の取り方なのではないでしょうかね。

「責任を取って辞めたからそれ以上は不問に付す」
では責任を取ったとはいえず、
ただ逃げたのと同じこと、
と思うのは私だけでしょうかねぇ。
非公開コメント

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード