FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。


バタバタと慌しく過ごしてきてましたが、
ちょっと一息ついたような日曜日となりました。
お天気もほんわかしてましたね。

ふとカレンダーを見ると、
「あ、今日は陶芸教室の日だったか」

休息に充てようと思っていた休みでしたが、
家にこもっていても何も変わりませんので、
暖かな日差しと満開の桜に誘われてみようかと、
気分転換もかねて、のんびり散歩しながら
陶芸教室へ行ってきました。



作業場へ到着すると、
ちょうど電気窯から、
師匠・ゆり子先生と講師の先生が
焼きあがったばかりの会員さんたちの作品を
取り出している最中でした。

「あ、まん丸さん、ちょうどよかった。
まん丸さんの記念すべき最初の作品も
ちょうど焼きあがったところですよ。」

体験でひねった湯吞みです。
ウキウキしながら窯の前へ。
ところが・・・。

「?」

それらしき作品が見当たらないんですよ。

「どうしました?」とゆり子師匠。
「あの、この中に私の湯吞みがあるんですか?」
「ええ、もちろん。」
「師匠。私の湯吞み、どぅーゆーのーみ?」

一瞬キョトンとしたゆり子師匠。

でも、すぐに、笑いをこらえながら
「これですよ」と手渡してくれました。


自分が思い描いていた色のイメージと
かなり違ってたもので
わからなかったんですねぇ。

釉薬っていうのは、そのかかり具合や濃度で
色の出具合がまったく変わってしまうんだそうです。
それがなんともいえない雰囲気を醸し出して
「味わい」になるんですねぇ。
陶芸の奥深さ、ゆうやくわかってきましたよ。



てなことで、
その記念すべき第1号作品・湯吞みは
父のお茶用として
後飾り祭壇に飾られております。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad