まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2018.03.23

父への思い

どうも。

三流亭まん丸でございます。



皆様から丁寧なお悔やみをいただきましたこと、
心より御礼申しあげます。
滞りなく父を送ることができました。
本当にありがとうございました。


初七日がすぎました。
慌ただしい日々はまだ続いてはおりますが
一応、ひと区切りです。
この区切りに、亡き父について、
私の思いをきっちり書いておかないと
ここから先に進めそうにありません。
支離滅裂な文章になるとは思いますが
どうぞご容赦ください。



肺の病気で療養中だった父。
術後の経過を検査するために
再入院して8日目の朝、
突然心臓に変調をきたし、
あっという間に逝ってしまいました。
74歳でした。

肺は順調に回復していただけに
本当に突然のことでした。

病院に駆け付けたときは
もう旅立ったあと。
母、弟、そして私、
誰も父の旅立ちに
立ち会うことができませんでした。

義理人情に厚く、まがったことが許せない。
理不尽な要求や不当な圧力には徹底的に抗い、
他人様からの善意・厚意には頭を下げることを厭わない。
いつの間にか人の輪の中心になっているが
役職や役員といった権力にはまったく興味が無い。
好き、嫌いが非常にわかりやすい。
繊細で小心者だが、
やると決めた時は大胆に徹底的に一切の妥協はしない。
うじうじ、じめじめが大嫌い。
自分が苦しむ、悲しむ姿を人に見られたくない。
せっかちでわがまま。
でも自分のことよりも家族や周りを気遣う。
沈んだその場の雰囲気を一変させる力がある。
おしゃれでかっこつけ。

突然の死は、
周りに迷惑をかけず、
無様な姿を見せずに、
終いまでかっこよくキメたかった
父らしい最期だったような気がします。



そんな父の葬儀には、
本当にたくさんの皆様が
ご会葬くださいました。

お立場があって
あえてお声をかけなかった方々も
多数お別れに来て下さいました。

丁寧なお悔やみとともに
父との付き合いについて
涙を浮かべてお話ししてくださる方も
いらっしゃいました。

父がいかに慕われ、
いかに敬われ、
いかに愛されていたか。

亡くなってあらためて
父の大きさを痛感させられました。



亡くなる前日、父を見舞っていた母は、
「おまえ、背中がまがってババアみてぇだぞ、
しゃきっと歩け、しゃきっと!」
と帰り際に喝をいれられたそうです。
これが母への最期の言葉でした。

それとは違い、私への最期の言葉はたぶん、
亡くなる4日前に見舞った際の
「会社、大丈夫か? 仕事、あるのか?」
だったと思います。
私への言葉ではなく、
会社を引き継いだ後継者への言葉でした。
情けなかったです。

もっと早く会社を継いで、
もっと早く一人前になって、
余計な心配をさせずに
父にやりたいことを思う存分させてあげたかった。
最期の最期まで会社の心配をさせてしまった
自分の不甲斐なさを心から悔いています。

しかし、いくら後悔したとしても
時は待ってくれません。
父にかわって母を、そして家族を守り、
父がゼロから築き上げた家業であるこの会社を
一層の発展をさせなければなりません。
それが、これからの私の使命です。

私は、私のやり方で、
その使命を全うしていきます。
父と同じやり方をしていては
父を追い抜くことができません。
いつまでたっても
父の背中を追っているようでは
心配で父は成仏できないでしょう。
父を追い抜くことこそが、
今できる唯一の親孝行なのです。

そして数十年後、
私があの世へ逝った際
「こっちへ来てからは、お前のことは安心して見ていられたよ。」
と、父から笑って言ってもらえるように
頑張って生きたいと思います。



これまで本当にありがとう。
しっかりと生きていきます。
どうか見守っていてください。



あ、見守るだけでいいです。
出てこなくていいですからね。(笑)









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント

ご立派な父上

御父上の急逝、お悔み申し上げます。o(;_;)o
父上象の記事を読んでいて、まん丸さんそのものに思えましたよ。
そのうち、そっくりに……。

連ドラのように頻繁ではなくても、出てきますよ。
とくに49日の間は……(^_^ ;)

2018.03.23  風子  編集

風子さん、コメントありがとうございます。

ここでいったん区切りをつけないことには、
オヤジギャグを書けませんので、
父、父の死について思うことを
まじめに書かせていただきました。

さぁ、選抜高校野球も始まりましたし、
新しい季節のスタートです。

これからもよろしくお願いいたしますね。

2018.03.23  三流亭まん丸  編集

お悔やみ申し上げ致します。南無

ご立派なお父様を送り49日まではこの世にいますので、ねんごろなご供養をお願い致します。南無。
お笑いゲインさんにしては生真面目な立派な挨拶でしたね^^笑)今後とも頑張ってください。

私事
おばんです!
今日今月2回目の骨折が内蔵に及んでいないかを精密検査して遅くなりました。内科は
心臓と腎臓は主体でしたがマ~大丈夫でしょう」笑)ということでした。
医者がいうように足腰が行かれたら寝たきりで終わるところでした。
夕食もすべて済ませてきました。くたくたに疲れました。痛みは1ケ月は引かないということでした。泣き)五十肩が腱ばん断裂につながりますので気をつけてください。先ずは報告まで、・・・有難う御座いました。☆☆

2018.03.23  荒野鷹虎  編集

荒野鷹虎さん、コメントありがとうございます。

父への思いを形にして区切りをつけましたので、
ブログ更新を再開しようと思います。
ただし、四十九日までは、ちょっと自重気味に(笑)。

お身体、ご自愛くださいね。

2018.03.24  三流亭まん丸  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.03.26    編集

心より御礼申し上げます。

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

本日から会社が本格的に再開されるというのに、
朝から涙が止まらなくなってしまいました。
どうしましょう。(苦笑)

心が落ち着いてきましたので、
ブログも再開しようと思います。

これからもよろしくお付き合いのほど、
お願い申し上げます。

2018.03.26  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad