FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。


平昌冬季五輪が閉幕しました。

このブログでは、この平昌五輪について
ほとんど記事にしませんでしたが
毎晩、結構ガッツリ見てましたし、
日本選手がメダル獲得なるか?!ってなときは
もう声にならないような震えた声で
「ふなき~」って祈りながら応援してたんですよ。(笑)


あらためて日本代表選手、
本当に素晴らしかったですね。
その活躍ぶりを一言でまとめて語るなら

藤沢五月選手が投げた、
縮こまった小平奈緒選手の前を、
吉田姉妹と鈴木夕湖選手が懸命にスイープ、
その結果、五輪最速のスピードを記録し、
そのままの勢いでぶつかった
羽生結弦選手と平野歩夢選手が
それぞれ4回転ジャンプ、連続ダブルコーク1440で
相手をふっとばし、
その空いた円の中心に
ピタッとテレマークを決めて着地した高梨沙羅選手に、
伊藤有希選手が駆け寄り、
「よかったね、おめでとう」と涙ながらに抱きしめた。
 


・・・なんじゃらほい?



個人的には女子スピードスケートでした。

金・銀獲得の小平選手も凄かったけど、
なんといってもMVPは高木姉妹ですよ。
姉の菜那選手が金2個、
妹の美帆選手が金・銀・銅ですからねぇ。

高木家にとってはもう、
盆と正月とクリスマスと春・秋のお彼岸と
成人式と入学式と卒業式と結婚式とお誕生日が
100年分くらい、一度に来ちゃったような感じですよね。

本当に、こんな凄い娘さんたちをもったご両親は、
果報者ですよねぇ。
獲得したメダルはもちろんですが、
それ以上に菜那・美帆姉妹こそが
家宝者であることは間違いないですよねぇ。



そして、もう1つはカーリング女子。

もうね、3位決定戦なんてね、
最初から最後までテレビに釘付けでしたよ。

序盤から、
なんともいいようのない緊張感・緊迫感に覆われ
ジリジリする我慢比べのような展開。
ついつい、力が入ってしまうような
一進一退の攻防が続きましたよね。

見ていた私もね、
あまりに集中したもんで疲れちゃって、
選手達と同様に「もぐもぐタイム」を設けて、
「とちおとめ」を頬張ったりもしたんですよ。

そしたらね、
歯の隙間にイチゴの粒粒が挟まっちゃって。
かくいう私も実は、スキッパーですから。
・・・失礼しました。すきっ歯でした。
そんでね、こいつらがなかなか取れないんですよ。
こういうの、気になりだすと、すご~く気になるでしょ?

「そだねー」


でね、気になりながらも大詰め。
日本の藤沢選手の最後の一投が
あと一歩、押しさる(←北海道弁)ことができずに、
正直なところ「あ~負けちゃった・・・」って
思っちゃったんですよ。

でも、イギリスの選手も
相当なプレッシャーだったんでしょうね。
わずかに手元が狂って、
投げた赤いストーンによって
弾き出すはずの日本の黄色いスートンが、
回転しながらサ-クルの中心へクルって・・・。

私、その瞬間、「やったー!」って叫んで、
小躍りしながら思わずスキップしちゃいました。

おまけに、そのどさくさで、
すきっ歯のイチゴの粒粒も
どっかいっちゃいましたよ。

ナイススイープ!




まぁ、他にもいろいろあったんですけど
全部は書ききれませんので
これくらいにしておきましょう。

日本代表選手の皆さん、
五輪に出場したすべての選手の皆さん、
そして五輪を目指したすべての選手の皆さん、
どうもありがとう & お疲れ様でした。

また4年後、
素晴らしいパフォーマンスを見せてくださいね。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad