まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2018.01.27

陶芸

どうも。

三流亭まん丸でございます。


先日の記事で「陶芸、やるよ!」と宣言してから
その後何の音沙汰も無く、
皆様におかれましては、
まん丸の奴、陶芸始めるって言ってたけど
ほんとに? ほんとに? ほんとにーひゅーすとん?
って思われていた方も多いのではないでしょうか。

私、三流亭まん丸は有言実行の男です。
ちゃんと陶芸、始めましたよ。

ということで、皆様お待ちかねの、
待ちかねてない方にはどうでもいい、
陶芸教室第1回目のご報告をさせていただきます。



こういうのははじめが肝心です。
体験予約した5分ほど前に到着し、
マジメさをしっかりアピールしてきましたよ。
第一印象がその人の印象の8割を決める
といっても過言ではありませんし、
そして約束と時間を守るのは大人としての
最低限のマナーですからねぇ。

「さすが! まん丸!」

まぁなぁ。



案内された作業場には
すでに4人の会員さんがおりまして、
それぞれその日にやる作業の準備をしておりました。
どうやら、この陶芸教室は、
決められた課題を全員で一緒にやるのではなく
一人ひとりが好きなように自由に作品を作り、
巡回している先生がときどきアドバイスする、
といった方式のようです。

と、そこへ先生が登場。
私と同じ年の女性の方でした。
妻の親友のユミコちゃんに似てたんですけど、
そんなこと言われても、知ったこっちゃないでしょ。
なので、皆さんにイメージしてもらうために
仮に石田ゆり子、ゆり子先生としておきましょう。
なんかいいでしょ、石田ゆり子。
うらやましいでしょ、石田ゆり子。
あんまり似てないんですけどね、石田ゆり子。(笑)

あ、でも上品でやさしそうな、
とてもお綺麗な先生ですよ。



なんかね、スタートからしばらくの間、
場の雰囲気がぎこちなかったんですよ。
陶芸ではマジメキャラで通そうとネコかぶってましたし、
ガラにも無く緊張してましたし。
そして、ゆり子先生も、私がどういうキャラだかを
「手探り」してたみたいなんですよ、陶芸家だけに。

私が一生懸命に土をコネコネしてる時でした。
そのコネコネを見ていたゆり子先生が
「まん丸さん、お上手ですね。なかなかスジがいいです。」
と褒めてくれたんです。
普段褒められることなどほとんどありませんので、
ちょっとうれしくなっちゃったんですよ。
おもわず右手でガッツポーズをつくっちゃいましてね、
できた力こぶを左手人差し指で指しながら
「スジがいいって、この上腕二等筋のあたりですか?」
ってやっちゃったんですよ。
ゆり子先生、大笑いしてくださいましてね。
その場の妙な空気を一掃することに成功いたしました。

三流亭まん丸、本領発揮・・・
いや、本性発揮しちゃいましたねぇ。
マジメなダンディキャラで行こうと思ってたんですけどねぇ。
陶芸でも「お笑いカテゴリー」所属になってしまいましたよ。



その後はもう笑いが絶えることなく体験も無事終了。
そのまま正式入会の手続きをしてきました。


以上、第1回目の陶芸報告はおしまいです。





・・・えっ?


土の種類とか、土の練り方とか、何を作ったのかとか、
そういう内容がまったく書かれていない、ですって?


そんなの当たり前でしょ、
このブログは「お笑いカテゴリー」なんですから。


「お笑いブログ」って言う割には
この記事にはオチが無いじゃないか、ですって?


今回はこれでいいんです。
陶芸でもう十分にひねりましたから。











ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.01.29    編集

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

問い合わせの件ですが、
「いません」ので、
どうぞご自由にお書きください。(笑)

2018.01.29  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad