まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2017.10.12

選挙


どうも。

三流亭まん丸でございます。



朝から晩まで総選挙一色に染まっている今日この頃。

立候補されている政治家の皆さんも、、
街頭で、選挙カーで、
あることないこと、本音と建前、
確固たる決意とその場しのぎ・・・
いろいろほえてらっしゃいますねぇ。


選挙とかけまして
尾瀬とときます。

そのココロは?

巧言(高原)あり、失言(湿原)あり。




なんかね、何書いてても
いつのまにか政治の話になっちゃうので、
選挙が終わるまで拙ブログは更新しません。

ただ1つだけ、お願いしておきます。


必ず、投票しましょう。


混沌として先の読めない現状であるからこそ
投票しなくてはなりません。
投票率が50%ということは
「有権者の半分の意思はそこに反映されていない」
ということです。
先行きが見通せない現代社会情勢において
そのような状態の国会で
物事が決まっていくということは
とても怖いことではありませんか?

投票用紙に何も書かないのも論外です。
投票していないのと同じこと。
せっかくの権利を正当に行使しないということは
私達自身、そして子供達の未来に対して無責任です。



選挙とかけまして
スケートとときます。

そのココロは?

白票は棄権(薄氷は危険)。




各政党・各候補者の意見と自分の考えが、
何から何まで完全に一致しなくてもいいのです。
自分の中での優先順位を決め、
その優先順位の高い課題に対して
自分の考えと合致する政党・候補者を選べばいいのです。

いろいろな政党・候補者の主張を聞き、比較検討して
いろいろ考えて自分なりの結論を出して投票しましょう。



選挙とかけまして
オデキができたアレルギー体質の人とときます。

そのココロは?

公約(膏薬)の中身を吟味します。




自分のこれからをどうしていくのか。
子供達に何を残していくのか。
なんとなくだとか、かっこいいとか美人だとか、
誰かさんが言ってたからとか、
まわりがそうだからだとかではなく、
わからないなりにしっかり熟慮して
自分の意思や考えにに基づいて
必ずや一票を投じましょうね。



選挙とかけまして
お米とときます。

そのココロは?

一票(一俵)は重い。






しばしの間、暇をいただきます。


それでは。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント

素晴らしい!

まん丸さんの、お人柄がよ~く表れた記事。
素晴らしいと思います。

了解しましたぁ!
気のりはしませんが、よ~く考えて、
一俵……?……もとい、一票、入れます。(*^▽^*)

2017.10.13  風子  編集

投票は、未来に対する責任。

風子さん、コメントありがとうございます。

投票率が70%を越えるくらいなら、その国会は国民の信を得ているといえるのではないでしょうか。

投票することしか、私達は政治に参加することが出来ません。
私達世代だけでなく、子供達・孫達が安全で暮らしやすい社会を築いていくために、私達はこの権利をきっちり行使する必要があると思いますねぇ。

2017.10.13  三流亭まん丸  編集

選挙の期間中 候補者の演説聴いていると、日本の将来はバラ色 良い事ずくめ。信じるバカではありませんが 選挙期間中だけ立場が逆転 選挙民に頭下げ・・・ おかしな現象ですネ私の1票が無くても関係ない 変わらないと棄権する人。貴記事に書かれているように「棄権」の愚かさ痛感します。民主等が政権とった時の投票率 それから下がり続け 阿部祖ーりが5年続いています。口先では 国民に寄り添い 耳を傾け なんて言っていますが自分のやりたい放題。浮動票といわれる人たちの「棄権」がポイントだと思います。公〇党は組織票で盤石 自〇党もしかり。選挙権の持つ意味かみしめなければいけませんネ。棄権した人には 政治批判する権利はありません。「公約の 有効期間 選挙中」(字余り・・・)

2017.10.13  kitchenplaza  編集

kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

選挙のときだけ「国民の皆様のために」、当選したら「私利私欲のために」や「お友達のために」では困りますよね。

選挙公報をじっくり読むだけでなく、ネットで候補者名を検索すれば、その候補者が議員として何をしてきたのか、どういう立場でどういう行動をとってきたのか、一目瞭然です。

選挙のときばっかりの人なのか、それとも真摯に政治活動する人なのか、しっかり吟味した上で、一票を投じてみてはいかがでしょうかねぇ。

2017.10.13  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad