まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2017年04月19日 (水) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。


花粉症も、スギからヒノキへと主役が変わり
単純スギ花粉症の私の苦行の季節も
終わりを告げました。

今年も、いよいよ解禁です。


(今回の記事は、毎年解禁日に載せている過去記事の再掲載です。)



毎年、花粉症の季節が訪れると禁酒生活が始まる。
医師から処方される薬が、アルコール厳禁なのだ。
この期間、NHKの女子アナウォッチング以外の
唯一の楽しみである晩酌ができないのがとてもつらい。

人間の身体は約60兆個の細胞からできているらしいのだが、
その1つ1つの細胞にはそれぞれ寿命があり、
たとえば心臓は22日、胃は5日、皮膚は28日、
その他の身体中の細胞も3ヶ月あれば
ほぼすべてが新しい細胞に入れ替わるそうだ。

「昔の俺とは違う。俺は生まれ変わったんだ!!」
というダメ男がよく発するセリフも、
まんざら嘘ではなさそうだ。

そして、この細胞の入れ替わりのことを
チンチン電車という。
…なわけはない。新陳代謝だ。

肝臓の新陳代謝のサイクルは約2ヶ月なのだそうだ。
1年のうち2・3・4月を除く9ヶ月間、
ビールを毎日飲み続けている私の肝臓は、
1月末にはほぼ出来の悪いフォアグラのようになっていると思われるが、
この3ヶ月の禁酒期間中に、
新陳代謝によって肝臓細胞のすべて入れ替わり、 
見違えるほどキレイな肝臓に生まれ変わっているはずだ。

ということで今晩から、
気分も新たに、肝臓も新たに、晩酌の再開を決めた。
ビール500ml缶×2本だ。

ああ、想像しただけで喉がなる…。

カラカラに乾ききった肝臓に
アルコールが染み渡っていくあの感覚…。
今からもう夜が楽しみでならない。


あれれ、妻が口をとんがらかせている。

「ビールの量、減らそっかな。」
って1月末に言ってなかったっけ?


妻よ、1月からの3ヶ月間で
私の身体の中は
すべて新しい細胞に入れ替わっているんだ。


3ヶ月前の脳細胞が考えていたことなど、

今の脳細胞が知ったことではないわ!









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック