まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2016年11月09日 (水) | 編集 |
どうも。

博多駅前で大陥没発生。
三流亭まん丸でございます。

地底人の襲来か!と思いましたよ。


ニュース画像からしかわかりませんが
中国ではなく日本で、
あれだけの大穴が突如開いてしまったことに驚きました。
開いた口もふさがらないですが・・・。

それでも「さすが!凄い!」と思ったのは
あれだけの甚大な物的被害にたいして
直接的な人的被害が無かったということ。

地下鉄工事中に異常を感じ、
すぐに直上の道路を封鎖する。
その数分後に崩落が始まる。

どんなに安全に留意していても必ず問題は起こる、絶対に起こる。
そういう前提で、起こる可能性がある問題にどう対処するか。
その対策がしっかり練られていた安全管理体制の徹底ぶりに
日本の土木・建築業界のレベルの高さ・底力を見たような気がします。


それに比べてねぇ、またまた思い出しちゃいましたよ。
元首相であり現首相でもある方の2006年の国会答弁、
あのレベルの低いバカ丸出しの答弁を。

議員「冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか」
首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」
議員「冷却に失敗し各燃料棒が溶け落ちた場合の想定をしているのか」
首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」
議員「原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測を教えて欲しい」
首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

起きたじゃんか・・・。

問題が発生したらどういう状況が考えられそれにどう対応するのか?
それを行うための準備や体制は整っているのか?という質問に対して
「そうならないようにしてる」としか答えないっていうのは
はっきり言ってバカにしてるとしかいいようがないですよねぇ。
禅問答じゃあるまいし、全然答えになってない。
一般の会社で、こういうふざけた答えを返したら
「お前、なめとんのか!」と激高され、クビですよ。
でもこれが許されちゃうんですから・・・。

なんで日本の政治家って、口先だけで、無思慮で
無責任で、いい加減な方ばかりなんでしょうね。

まあ、政治家になるような方は、
全員とは言いませんけど、ほぼ同じ穴のムジナ。
たいがい親も政治家で、
小さい頃から「坊ちゃん、坊ちゃん」とチヤホヤされて、
ろくに勉強もしないのに大学に入学できて
ろくに勉強もしないのに大学を卒業できて
(卒業できなさそうだと海外留学と称してどっかの国へ遊学して)
ろくに社会人経験もしないうちに会社をやめ
ただ親のケツついて回る秘書風情やってたような
苦労知らず、世間知らずの、そんな方ばっかりでしょ。

そんな育ち方をしてきた方が、
優秀な人材がしのぎを削る一般社会にいられる訳がない。

だからね、ムジナたちは親が引退したと同時に地盤引き継いで
世間とは別世界の、黒くて澱んだうす汚いぬる~い水が溜まって、
自分と同じ臭いが漂っている政界という穴めがけて
すぐに飛び込んでくるんですよ。


「ぼっちゃん」とね。




11/9 16:50 追記

注目のアメリカ大統領選挙、
優勢が伝えられていたクリントン氏を抜き、
トランプ氏が当選確実になった模様。

トランプだけに、「ババ(婆)抜き」はお手のもん。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






コメント
この記事へのコメント
博多事故
TVで映像見た時「又中国か」と思いましたが、博多と知り驚きました。一歩間違えれば 中国と同じように車・人がのみ込まれる大惨事。不幸中の幸いでした。東京オリンピック時代の日本のインフラ・メンテ不安です。東京首都高、下から見上げるとコンクリートの剥離、鉄部の錆、大型車車通過するたび揺れます。福島の処理に先が見えない中での再稼働・・・心配してもどうにもなりませんが・・・想定外という言い訳聞きたくありません。
2016/11/10(木) 12:38:44 | URL | kitchenplaza #-[ 編集]
ババ抜き
[トランプさん さすがババ抜き上手] 思わず拍手 座布団3枚です!
2016/11/10(木) 12:41:22 | URL | kitchenplaza #-[ 編集]
kitchenplazaさん、コメントありがとうございます。

博多の道路陥没といい、トランプ大統領誕生といい
何が起こってもおかしくない、
いいかえれば先の見通せない世の中になってきましたね。
先行きの不透明感=不安となり
漠然とそれが目の前に広がっているような感じですが
「きっと新しい何かが芽吹く、その始まりなのだろう」と
前向きにとらえられればそれは好機となるかもしれません。

破滅へのプロローグか、それとも新生の第一歩なのか。
それを決めていくのは
私たち一人ひとりの覚悟なのかもしれませんねぇ。
2016/11/10(木) 18:49:35 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
どちらもうまい!!! しかしうまい!と言って喜んでいいのかどうかわからないことになってきましたね。

お金があれば不動産屋の社長でもアメリカの大統領になれる。これぞアメリカンドリームなのでしょうか。
2016/11/12(土) 07:25:50 | URL | ウォンバット #-[ 編集]
ウォンバットさん、おはようございます。

いやぁ、一昔前ではちょっと想像できないようなことが
次から次へと起こる2016年。
なんかものすごい事ばかりが続き
すでに感覚が麻痺しちゃってる感じもします。

20世紀型社会・政治・経済構造が、
21世紀型に移行する転換の年になるのか、
それとも19世紀末~20世紀初頭の
混乱と動乱の時代に逆戻り始める年になるのか。

いずれにせよ、時代は動き始めました。
その舵を担うのは、安倍さんでもトランプさんでもない、
私達一人ひとりなのだと思いますねぇ。
2016/11/12(土) 07:42:34 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック