まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2016年11月05日 (土) | 編集 |
どうも。

学芸会の季節ですね。
三流亭まん丸でございます。

子供達が日ごろの練習の成果を発揮すべく
一生懸命に演じている本番の舞台は
ちょっと感動しますよね。

その一方、こういう茶番劇は
しらけ鳥が南の空へ飛んでいくようで
みじめ、みじめ。



【登場人物】

とある私立学園のワンマン理事長
理事長の太鼓持ちの校長
教職員のみなさん
質問する保護者A


では、はじまり、はじまり~。


とある学園の大会議室にて。

「え~、本日は本学園の将来についてある重要な決定をしたいと考え、本学園全職員・全教員に集まっていただきました。」
「理事長、重要な決定とはなんでしょう。」
「実は数年前より、理事長直属の特命有識者委員会を設け、その委員会が本学園の近隣の12学園と極秘裏に交渉を行ってまいりました。そして12学園相互に利益を供するPPAP 協定を締結することで交渉がまとまりました。」
「PPAP ??」
「協定名を英語に訳し、その4つの頭文字をつないでPPAPであります。正式名称は非常に長く難しく覚えられないのでPPAPと呼んでおります。個人的に横文字大好きでもありますし。さて、このPPAPは本学園の発展に必要不可欠な大変重要な協定であります。この場にお集まりいただいた皆さんに丁寧にご説明申し上げ、その上でぜひ皆様からの賛同を得て、このPPAPを一刻も早く承認いただき、12学園の中において主導的立場を得て、本学園の一層の発展にまい進したいと考えております。」
「で、その内容はどんなものでしょうか?」
「本学園の一層の発展に寄与する大変有意義な協定であります。」
「内容を教えてください。」
「ですから先ほどから何度もご説明しておりますが、本学園が発展、成長拡大していくために絶対必要な協定であります。」
「ですから、その具体的な内容を。」
「しつこいですね、私は理事長ですよ、理事長が良いって言うんだから間違いないでしょう。」
「でも・・・、内容がわからなければ話がはじまりません。」
「しょうがありませんね、では今から協定の内容をまとめたものをお配りいたします。」

プリントが配られます。

「は?! 肝心なところが全部黒塗りで、内容がまったくわからないじゃないですか!」
「では、採決に移りたいと思います。協定締結に賛成の方、挙手を・・・」
「ちょ、ちょっと待ってください! 何をそんなに焦って。拙速すぎませんか?」
「そうだ!そうだ!」
「会議はもうすでに2時間以上経過したぞ。時間的には十分だろ!」
「そうだ!そうだ!」
「時間じゃねぇだろ、中身だろ!」
「そうだ!そうだ!」
「おい、理事長が決めたことだぞ。悪いわけないじゃないか」
「そうだ!そうだ!」
「理事長が決めたことだから賛成しろ!っていうのは強引過ぎるだろ! 」
「そうだ!そうだ!」
「不服なら対案出せ!」
「そうだ!そうだ!」
「内容がまったくわからなければ、対案もクソもねぇし、賛否の判断できねぇだろ!」
「そうだ! そうだ!」
「なんでもかんでも反対する輩が何言ってやがる!内容わかったって反対するんだろうが!」
「そうだ!そうだ!」
「時間を区切らず、内容をしっかり検討した上で、結論を出すべきだ!」
「そうだ!そうだ!」
「そんな悠長なこと言ってると、どっかの学園に先こされて主導権握られちゃうぞ」
「そうだ!そうだ!」

「理事長、よろしいですか?」
「なんですか? 校長。」
「まとまらないようですので強行採決で決めてはいかがでしょう?」
「なにを?! 学園の将来を左右する重要案件を強行採決だと? あまりに不謹慎だ! 校長の辞任を要求する!」
「そうだ!そうだ!」
「じょ、冗談ですよ、冗談。」
「海援隊の「JODAN」じゃあるまいし、冗談なんかで冗談言うな!」
「そうだ!そうだ!」
「校長がやめるまで、審議には応じない!」
「そうだ!そうだ!」

PPAPをめぐって理事長派と反理事長派が激しく対立、会議は大混乱となりましたが、結局、多数派を占める理事長派による強行採決により協定締結賛成という結果となりました。


1週間後に開かれた全校保護者会にて。

「本学園は、周辺12学園とPPAPを締結することと相成りました。このPPAPは、本学園の一層の発展に必要不可欠な協定であります。」

「校長先生、質問です。PPAPってどんな内容なのでしょうか?」

「・・・」



PPAPの全容を誰一人正確に答えられず、そして保護者たちも誰一人その内容を知らない。

でも、PPAPは発効する。

こんなんでいいのか?




・・・ま、いいんじゃないの?



ペンパイナッポアッポーペン ♪







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック