まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2016年07月08日 (金) | 編集 |

期間限定記事として7/10に消去する予定でしたが
そのまま残すことにします。


7月10日は参議院選挙投票日です。

世間は小池某や石田某の出馬騒ぎで
都知事選一色になってますが、
そんなもんは東京都民が
参議院選挙後にじっくり選べばいいわけで、
バカみたいにマスコミが大騒ぎすることではありません。
いま目を向けるべきは参議院選挙です。

はっきり申しますが、
今回の参議院選挙はこれまでの選挙以上に重要です。
争点はアベノミクスでも、消費税でも、原発でも、社会保障でもないです。
乱暴な言い方かもしれませんが、
そんなもんはあとからいくらでもやりようがあります。


今回の争点は

憲法改正の是非

この一点に尽きます。

国家の存在、そのあり方を定める根本法典、
最高法規である憲法を変えるか否か。

改憲されれば、国そのもののあり方が変わります。
日本という国そのものが変わるのです。
これほど重要なことは他にないのではないでしょうか。


改憲勢力が78議席以上を獲得すれば、
まず間違いなく改憲への動きが加速するでしょう。

だから明確な意思を持って改憲に賛成の方は、
ぜひとも改憲を是としている方へ投票してください。

また、明確な意思を持って改憲に反対の方は、
ぜひとも改憲を否としている方へ投票してください。

そして改憲に対して明確な意思を持っていない方、
おらが町のセンセイとか、そのセンセイの家族だからとか、
イケメン・ベッピンだからとか、芸能人・有名人だからとか、
そういう不真面目で適当でいい加減なくだらない理由で
日本の将来を決める一票を投じないでください。
真剣に本当に日本の将来のことを考えて一票を投じてください。


イギリスのEU離脱の是非を問うた国民投票を思い出してください。

  離脱派 17,410,742 票    51.89%
  残留派 16,141,241 票    48.11%

結果はご存知の通り、EUからの離脱が決まりました。
ところがいざ離脱が決まると、
英国議会HPへの再国民投票実施請願署名が400万を超えるという事態に。
130万票差の決着に対して、この400万という数字は
いうなれば天地逆の結果もありえたということ。
しかしながら国民投票の結果を尊重すると公約していた
英国政治指導者たち、そして残留派のキャメンロン首相でさえも
「2度目の国民投票ない」とコメントしています。
つまり結果が出てからどんなに後悔したり騒ぎ立てたりしても
一度決まってしまったことを覆すことはできないのです。

事実上改憲の是非を問う今回の参院選は、
これからの国のあり方を国民に問うたイギリスの国民投票と
同じ意味を持っています。

この参院選で78以上改憲勢力が議席を獲得すれば
間違いなく改憲への動きが本格化するでしょう。

中途半端でいい加減な考えで一票を投じ、
改憲案が国会で2/3可決されたときに
「ああ、そんなはずじゃなかった・・・」「それはいやだ!」
と文句を言っても、反対や抗議活動しても、
もう後戻りはできません。
(実際は国民投票という最終プロセスがありますが・・・)

だからこそ今回の参議院選挙は、
日本という国の将来のあり方を真剣に考え、
熟慮に熟慮を重ね、覚悟を決めて決断を下し、
改憲すべきと決断したならば改憲賛成派に、
改憲すべきでないと決断したならば改憲反対派に、
のちのち絶対に後悔しないように、
一票を投じてほしいのです。


2016年7月10日は、日本の歴史の転換点となりうる日です。
現行憲法により70年ものあいだ戦後歩んできた日本、
その日本という国のあり方が、
この選挙の結果次第で一変するかもしれないのです。
これほど重要な意味を持つ選挙の投票を棄権するなど
日本国民として許されるはずがありません。
自らの意思をきちんと示さなければなりません。

改憲の是非、重い一票です。

慎重に、真剣に、そして必ず投票しましょう。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







コメント
この記事へのコメント
どこが省エネ更新なんです?
当分長い文章を読まずに済むとホッとしていたのに(笑)
今年は地獄の床下工事の受注は無かったということでしょうか。

賞味期限は今日限りの期間限定でも、削除する必要はないと思います。
むしろ、この文章は残して残しておきた。
いつか振り返って噛みしめてみる必要がある内容だと思います。
振り返ったときに、そのときの日本はどうなっているのか。
誰も聞いていなくても見ていなくても、こんな市井の民の真摯な声が一つ在った。
その記録が大事だと思うのですね。

ところで、我が町は選挙の公示版以外に選挙の痕跡は何一つありません。誰も遊説にやって来ませんの静かなものです。昼日中に歩いている人など1時間に1人もいませんし、夫は仕事、妻はパート、家にいるのは耳の遠い老人か寝たきり老人だけ。遊説に来るのは時間の無駄と、僕が候補者でもそう思いますもん。

そんなわけで、政治に疎い現状なんです。今回は特に、誰に、どこに投票すればいいのかさっぱり判断がつきません。
「争点」で言っていた、日本の将来に対して明確なビジョンとゆるぎない信念持ってちゃんと政治をしてくれる方、「国政」に取り組める方って、師匠はご存じですのん。
ご存じなら、こっそり教えてくださいナw
2016/07/09(土) 08:52:19 | URL | たかのつめ #m5nORXto[ 編集]
たかのつめさん、こんにちは。

省エネ宣言しましたけど、
これだけは絶対に書かねば!
ということで朝3時に起きて
(通常より1時間早く起きて)
一気に書きました。

選挙には絶対に行かなければなりません。
自分の意思を形にしなければ。
未来を放棄してはいけません。

おすすめの方ですか?
政治思想や政治信条は
人それぞれだと思いますので、
自分の考えにより近い方に一票を。
もしくは、選挙公報を読んでマイナス査定していき
最もマイナスポイントが少なかった候補者に一票を。
候補者みんな0点以下だったりして・・・(苦笑)

さて、今年は床下工事はないのですが、
学校の全和式便器をすべて洋式便器に取替える
という工事が3校分ありまして、
来る日も来る日も
ひたすら便器を取り付けする
悪夢のような日々が待っています。

・・・水に流したい気分ですよ。

2016/07/09(土) 11:49:47 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック