まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2016.06.16

時事放談 5

連日連夜この話題で持ちきりですね。

ということで今回は特別編。
この話題だけを取り上げます。


まぁ、一番の責任は、舛添さんに投票した都民にあります。
「シルクの中国服着ると書道するときに筆がよくすべるから」
大喜利の回答だったらおもいっきりすべってるような言い訳に終始する
しょーもない人を、仕事のできる奴と信じてしまった都民が悪い。

ま、それを承知の上で、「責任の取り方」という視点から
この騒動を振り返ってみたいと思います。


「やめます」 チャンチャン♪


果たしてこれが正しい責任の取り方なんでしょうか。
はなはだ疑問ですねぇ。
だって、「やめちゃったから」って理由で、
このあと集中審議も行われず、
百条委員会の設置も見送られて
なにひとつ真相が明らかにされないまま、
結局うやむやになっちゃうんでしょ。

私見ですけどね、
この問題のあるべき責任の取り方は、
説明と称してわけわからん言い訳に終始することではなく
心を入れ替えて反省し真摯に真相解明に協力し、
自らの手で、「不適切だけど違法でない」ことを
「不適切なので違法」とするための
法改正(条例制定)をすることだと思うんですよね。
そしてもちろんその間は当然無給、助成も補助もなし。
「公金を私的に流用」に対する責任の取り方は
「私財を公のために使う」ですから。

ここまできっちりやってやめるのが
本来あるべき責任の取り方であって
これがなされるまで簡単にやめたり、
またやめさせちゃたりしてはいけないと思うのです。


正義の味方気取りの都議会だって
もう少し考えたほうがいいですよ。
鬼の首とったように「辞任に追い込んだ!」
ってお手柄のように言ってますけど
特に都議会与党(自民・公明)は、
自分たちが推した都知事が2人連続で
不適切な金にまつわる不祥事から
任期途中で辞任することに対して
どう責任を取るおつもりなんですかね?

猪瀬さんのときも「5000万円かばんに入る、入らない」
なんていうくだらない追求ばかりに終始し
辞任に追い込んで、結局真相はうやむやにしたわけでしょ。
あのとき徹底的に真相を解明し、
そうならないような法改正や条例制定をしておけば
舛添さんのようなしょうもないことが
再びおきなかったんじゃないですか??
すぐにやめさせることが責任を取らせることではない場合もあります。
都議会の責任も相当重いですよ。


ということで。

なんだかんだいっても、
舛添さんがやめちゃったので
都知事選が行われることになります。
この任期満了に伴わない無駄な都知事選にかかる費用、
「50億円!!」こそ、
公金の私的流用の最たるものだと思うんですけど
いかがですかねぇ。



以上、今回は特別編の知事放談でした。



・・・あれ?







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






コメント

恥事あるいは痴事放談ではなくて?
もっと砲弾をぶっ放してください。(笑)
50億なんて師匠、お金持ち東京都の年間予算の2600分の1じゃないですか。
師匠の負担はたった384円。
都知事選の茶番劇が見れるなら、やすい見学料ではございません?

舛添辞任の号外などどうでもいいですが、
号外とは無縁の田舎住まいなので、
イチローの号外が手に入らないのが残念ですぅ。

2016.06.17  たかのつめ  編集

たかのつめさん、こんにちは。

もう、有名人や著名人はコリゴリです。
都民も有名だから、とかじゃなくて
もう少し真剣に都民のために働ける人を
選ばなくてはなりませんね。
でも、立候補が取り沙汰されている面子が
丸川、小池、レンホーではねぇ。(苦笑)
50億円でハズレしかないくじを引くようなもんですねぇ。

2016.06.17  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad