まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2016.05.27

サミット

三重県でサミットが開かれています。
先進7カ国首脳会議というのだそうです。

ま、至極簡単にいうと、
世界で先進国だと勝手に思っている7カ国の、
1番えらいと勝手に思っている人たちが集まって、
「ご機嫌いかが?」とご挨拶する機会、って感じ。

サミットが始まった頃はそれなりに意味があったかもしれませんが
今じゃガッタガタのヨーロッパと世界の警察どころか番犬にもならないアメリカ、
失われた20年どころか今も失い続ける日本が集まって話し合ったところで
いまや一大勢力を築きあげつつある中国・ロシア・アフリカ・東南アジアなどの
新興勢力に「そんなの関係ねぇ」っていわれればジ・エンド。
サミットで話し合ったことなんて有名無実化するのは明々白々。
ゆえに具体的な突っ込んだ話し合いなんてするわきゃない。
つまりなんですね、
もう1年に1回顔合わせて
「あら、お久しぶり~、お元気だった?」と挨拶を交わし
昔は私たちも元気だったわよねぇと過去の栄光をたたえあい
今のひもじさを慰めあい、互いの傷をなめあうことだけが主たる目的の、
アホみたいな厳重な警備で住民に我慢と不自由を強要し
無駄な金をかける無用な井戸端会議に成り下がっちゃったんですね。

・・・やる必要、ある?


さてサミット、
本来の「いわゆるひとつのトップ・オブ・マウンテン」という意味は転じて
「トップ・オブ・カンパニー、トップ・オブ・オーガナイゼーション」
にも当てはまるのではないでしょうか。
う~ん、ま~、どうでしょう?

その立場に就く人はその能力だけでなく、
人間的に魅力があり敬意を払える人でなければなりません。
謙虚であり、徳があり、己を律することができ
自我より他者のことを最優先に考えられる方。
つまりあるべきトップの理想の形は「桃李成蹊」であり、
そしてそうあるためには「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
でなければならないと思います。

でもね、トップになった途端に、
その地位に備わっている金や力を
自分のものだと勘違いして人を集めたり、
ミエ張ることに使ったりとやりたい放題。
そのくせそこをつっつかれると頭を垂れるどころか、
声高に虚勢を張ったりする。
そういう輩の多いこと、多いこと。
そしてそういう人に限って、人一倍プライドが高いんですよ。
屁のようなプライドがね。
本来、謙虚に他人に頭を下げられるような人でなければ
トップはつとまらないのに
プライド高くて頭を下げられない人が
トップであることのほうが圧倒的に多い。

・・・ね、舛添さん。




ま、東京都のトップである舛添さんの場合、
頭を下げたくない最たる理由は別にあると思いますが。


頭を下げた瞬間のカメラのフラッシュの集中砲火で
光りまたたくご自身の心もとないサミットを
世間に晒したくないんでしょ。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad