まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2016年03月09日 (水) | 編集 |

なんでも今、地球の周りを無数のデブ、
スペース・デブというそうですが、
そいつらがあちゃこちゃ飛び回っているんだそうです。

想像してください。
宇宙空間を周回する無数のデブの姿を・・・。

このデブが人工衛星にどーんとぶちかますと
大砂嵐にマメ力士がかちあげられるようなもんで
当たり前ですが人工衛星は壊れちゃいます。
北の将軍様が打ち上げたモドキならなんら問題はありませんが、
GPSや通信・気象などの衛星にぶつかってしまいますと
我々の日常の生活にも支障をきたすことになりかねません。
それよりなにより国際宇宙ステーションにぶつかったりしたら
中の宇宙飛行士さんたちの命に危険が生じます。

このように、無数のデブが
好き勝手に空を飛びまわっているという状況は非常に危険度が高く、
そのデブを何とかすることが喫緊の課題になっているそうです。

さて、その迷惑なデブを何とかする方法を研究し、
開発・実行しようとしている会社があるそうです。
その会社の名はアストロスケール。
そして日本の産業革新機構というとこが、
そのベンチャー企業に34億円を支援をすることが発表されてました。

あれっ? 
産業革新機構ってつい先日シャープにフラれたとこですよね。
シャープの次はデブ、って嗜好が両極端すぎませんかね。
ちなみに私は中肉中背よりちょい細めが好き・・・って
そんなことはどうでもいいのですが、
その産業革新機構が支援すると決定した
宇宙を飛び回るデブを何とかしようとしている会社って、
いったいどんな会社なんでしょう。
デブをシャープに?  
シャープなデブに? 
ライザップみたいなもんでしょうか。
「結果にコメットする」、な~んてね。
あ、シャープなデブは産業革新機構側の話で、
アストロスケールにはシャープは関係なかったですね。
すいません。

では、そのアストロスケールに話を戻しましょう。
その会社が研究しているデブを何とかする方法ですが、
意外とシンプルなんですね。
とある記事によると、小型衛星をデブに接近させ、
まぁ「とりもち」みたいなもんですな、
その「とりもち」をデブめがけて発射、
デブにベチャっとくっついたら、
そのデブに貼りついた「とりもち」をそのまま大気圏に突入させ
こんがり丸ごと一緒に焼いちゃおうっていう作戦。
ひとことでまとめるなら「やきとり大作戦」。
もう作戦決行段階まできてるそうですよ。

今やデブ同士が衝突し、分身の術ならぬ複数の小デブとなって
どんどん増殖しているそうです。
もはや宇宙空間はデブだらけ、
無数のデブによって空が覆い尽くされてしまう前に、
手を打たなければなりません。
もう一刻の猶予もありません

私もこの宇宙のデブ問題を注視しながら、
世界で唯一デブ除去の実用化にむけて
挑戦を続けるアストロスケール社の動向と、
その健闘を大いに期待したいと思います。



・・・今回の話はどうも内容がよくわからない、ですって?



そりゃそうでしょう。

話の内容に「リ」(理)がないんですから。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/10(木) 14:44:20 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/10(木) 15:35:14 | | #[ 編集]
鍵コメさま、どうもありがとうございます。

では、早速に!
2016/03/10(木) 16:20:33 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック