まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2015年02月09日 (月) | 編集 |
1月下旬に行われた少年野球連盟の新年会。
連盟理事・役員・審判部、各チームの監督・コーチ・事務局長のほかに、
あちこちの連盟の理事長や後援各社などなど、
総勢約150名の野球オヤジ達が一斉集う大イベントであります。

会前半戦はご多分に漏れず、来賓の祝辞や挨拶などが延々と続き
しょーもないダラダラ感が満載なのですが、後半になるとその状況が一変します。
受付時に渡された番号札をもとに
「豪華景品多数、ほとんど全員に何かが当たる!大抽選会」
が催されるのです。

「まず1発目! ミズノ社製ジャイアンツ坂本モデル軟式グラブ!」
野球オヤジ達が「うおおお!」とどよめきます。
「新年早々、一番先にめでたいのは… XXX番!」
なんと私の円卓から幸先よく当選者が出ました。

次々と豪華景品が登場、そのたびにどよめき、
当選番号が発表されるたび歓声が上がります。

とはいえ、威勢がいいのは最初の5名まで。
こんな調子で全員に豪華景品をバラマキ続けられるわけありませんので
その後は続々と数合わせみたいな景品が登場します。
「え~次からはですね、超豪華スポーツハンドタオル30名です。
番号を読み上げます。〇〇〇番、△△△番…」
「次は、超豪華侍ジャパンカレンダー50名!
行きますよ~ ■■■番、$$$番…」
…頭に「超豪華」ってつけりゃいいってもんじゃない。(苦笑)

1つの円卓には10名座っているんですが
私のいた円卓のグラブ当選者以外の8人は
全員カレンダーの餌食となりました。

「ついてんだか、ついてないんだか、わからねぇなあ」
「あたったんだから、ついてんじゃねえの。」
「ついてないんだよ。こんなとこで当たったら。」
「そうそう、毎年ラスト2品は超豪華だもんな、ついてないよ。」
口々に自嘲気味に薄ら笑いを浮かべながらボヤいております。
と、そのうちの一人が
「あれ、まん丸さん、まだ呼ばれてないの?」
「ええ、まだなんですよ。」
「カレンダー回避に成功したんだ! ついてる~!」

抽選会は進み、いよいよクライマックス、ラスト2品の発表を迎えました。
なんと、私はまだ呼ばれていない…。
胸の鼓動はドキドキ、目先はクラクラ 吐きそう 吐きそう ♪
ピンクのサウスポーさながらの緊張と興奮で、もう顔は真っ赤!
私の円卓の酔っ払った野球オヤジ達も、
筒状に丸めたカレンダーでポカポカ円卓を叩きながら
自分のことのように「まん丸さんの番号、09#番だってよ!」
「本当に当っちゃったかもよ。」「きたきた!」と大興奮。

「さぁ、いよいよラスト2品ですよ。今年も超豪華ですよ!! 
まずは…、ミズノ社製、金属ノックバット&バットケース!」
「おお!」
「当選番号の発表、いきますよ~!」
「まずは百の位。百の位は… ゼロ!」
「おおおお! まん丸さん! いけるぞ!」
「十の位は… 6!」
「ああ~」

「では、いよいよラスト! これは凄いですよ。
まだ手元にはありませんが、史上最も凄いかもしれません。
ではその景品を発表します。 景品は…
プロ野球〇〇の△△選手の直筆サイン入りの
実際にキャンプで使用したグローブです!!」
「うおおお!」
その言葉に再び興奮の急上昇カーブ放物線を描く我が円卓。

「ではもう発表しちゃいます。まずは百の位。百の位は… ゼロ!」
「よし!」
「続いて、十の位は… 9!」
「あ~!! ぬ&%###¥△Aあ”~Q?+*!!!」
「運命の瞬間です。一の位は、一の位は…」
大騒ぎする周り、目は血走り、心臓バクバク、生唾ゴクリの私。


司会者、ひっぱる。


「みのもんた」 かっ!


「ん~ 一の位は * !  09*番の方! 当選です!!!」

唖然・ボー然とする私。
左斜め前の円卓から地鳴りのように沸き上がる大歓声とは対照的に
何事も無かったかのように大潮の引き潮の如くササーッと引く我が円卓。
漂う気まずそうな雰囲気。

こりゃ、なんとかしなけりゃ…と思って
「あっはっは!みなさん、お騒がせしてスイマセンでしたね。
ここまでさんざんひっぱっておいて、結局何にも当りませんでした。
でも、楽しかったなぁ。久しぶりにこれだけ興奮させてもらいましたから。」
と明るく振る舞うと、ようやく野球オヤジ達は重苦しそうに口を開き始めました。
「ほとんど全員が何かしらもらえるのに、ついてなかったねぇ…。」

「みなさん、そんなに気になさらないでくださいよ。
それにね、私だってついてますから、大丈夫ですよ。」

「えっ?」

「新春早々、ケチがついてるじゃないですか!」



後に聞いたところによると、この会の出席者は153名。
景品は150名分用意してあったそうです。

…ついてねぇ。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック