まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2015年01月17日 (土) | 編集 |
どうも。

「心をこめた年賀状」とかけまして
「みかんを食べ過ぎる」とときます。

三流亭まん丸でございます。

そのココロは?

「だいたい手書き(手が黄)になります。」


さて、木曜日に第16回
大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題20 「個性強いなぁ~」どんな年賀状が届いた?

結果です。


【優秀作品】

 …ノミネートなし。


【次点作品】

★ 毎年載せてくる写真が、ふんどし一丁の姿。
★ 大きく二文字で「義理」とだけ書かれてある。


【番外・講評】

★ 右下隅にちっちゃく「あぶりだし」とだけ書かれてあった。
★ 羊が3D。
★ 気の早い奴なので、毎年12月31日に到着する。
★ 右下隅に「この年賀状の有効期限は5年間です」と記載されていた。


お題回答期間が年末年始でしたからねぇ。
スキー行ってたもんで
おもいっきり滑っちゃいましたかねぇ。(笑)


てなことで年賀状。
知ってるようで知らないような年賀状のマナーのお話を。


1 年賀状には句読点を用いない。


改行で対応します。
年の初めの挨拶なのに、区切りをつけるのはおかしい
ということがその理由らしいです。
知らないと、テンでお話にならないってバカにされちゃいますよ。


2 「去年」はダメ。


「去」は縁起が悪いので、「昨年」「旧年」を用いた方がいいそうです。
来年の干支…、どうしましょっかねぇ。


3 「 A Happy New Year 」 は間違い。


A をつけると「良いお年を」っていう年越し前の挨拶になっちゃうそうです。
年初の挨拶は、正しくは 「 Happy New Year 」。
これまでずっとAつけてましたよ。
あ かっぱじ~ もう嫌!


4 「新年あけまして」はイタい表現。


「あけまして」には「新年があけた」という意味が含まれてますので
「新年あけまして」と書くと重言になっちゃうそうです。
重言っていうのはいわゆる「頭が頭痛」「頭痛が痛い」みたいな
ちょっとイタ~い二重表現のことです。
ね、こういうの知ってないと、後で後悔しますよ。 …ん?!


まだまだあるようですが、今回はこれくらいに。

では、最後もなぞかけ。

「年賀状」とかけまして
「おでん」とときます。
そのココロは?

「出し(出汁)忘れると非常にまずいです。」
 



以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント
この記事へのコメント
こんにちは!全部ほとんど知らないでやってましたね(;゚Д゚)去年にしろ、Aにしろ・・有難うございますm(__)mためになります!
2015/01/18(日) 12:45:37 | URL | まっちゃん #-[ 編集]
まっちゃんさん、おはようございます。

年賀状ルール、いろいろあるようで、
私も知らずに結構いろんなことやってました…(冷汗)。

ま、型があるから型破り、なんて言葉もあります。
羽目を外しすぎず、型を知ったうえで
いろいろアレンジを加えていく、っていうのが、
面白い賀状なのかもしれませんねぇ。(笑)
2015/01/19(月) 05:26:40 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック