まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

長男より身長が10cmも高いのに…
三流亭まん丸でございます。

座高は同じ長さなんですよ~。(涙)


「なぁ、なんでキリンってあんなに首が長いのか、教えてくれよ。」
「そりゃぁお前、頭が高い所にあるからだよ。」
「ん?」
「頭が高い所にあるからだよ!」
「よくわかりませんが…」
「頭がこれくらいの高さにあって、胴体がこの辺だったら、どうだ?」
「…そっか、頭と胴体をつなぐには長くなるしかないわな、首。」
「そうだろ。」
「でもさ、だったら首の長さは普通で、足が長くなってもいいんじゃないか?」
「ダメなんだよ、足が長くなっちゃ。もしそうなったら…」
「あっ、わかったぞ! 川の水が飲めないからだ!」
「違う。もし川の水が飲みたけりゃ、口でも鼻でも長くなりゃいいんだよ。」
「じゃ、なんで足が長くなっちゃいけないんだよ?」
「まぁ、そんなにあせらずに、落ち着いて話を聞けよ。」
「はぁ…」
「足が長くなっちゃダメな理由は、キリンの都合じゃなくて、実はトラの為なんだ。」
「トラ?  タイガーのこと? 」
「そう táigər 。キリンを襲おうと、前方の木の陰で待ち伏せしているトラだ。」
「どういうこと?」
「トラが襲いかかったとき、キリンの足が長すぎるとどうなる?」
「足にしか攻撃できない。」
「だろ。足にしか食らいつけなかったらトドメを刺せず、仕留められない。」
「いいじゃん、キリンにとってはそれの方が。」
「トラにしてみりゃそうはいかん。エサが捕れないトラは困るし、大自然も困る。
 弱肉強食・食物連鎖という大自然の法則が崩れてはいけないのだよ。」
「そんなもんかねぇ。」
「そんなもんだ。それにな、足が長くなると困る理由がもう1つある。」
「まだあるのか? 何だ?」
「足が長すぎると、用を足した後、困る。」
「へっ?!」
「屁じゃない。用便後だ。」
「??」
「わからないか?」
「まったくわからん。」
「つまりだ、足が長すぎるとトイレットペーパーをピンポイントにもっていきづらいんだよ。」
「なんだ、そりゃ。」
「昔から、『 前門のトラ、肛門のおお!紙…』 っていうじゃないか。」



え~、落語では、
話を進めていく際にムダが多く展開がまどろっこしいことを
「足が長い」と申します。

…足が長かったでしょうかねぇ。(笑)




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad