まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2014年12月10日 (水) | 編集 |
毎年、この時期になると思い出すことがある。

私は中高一貫の男子校で野球三昧の日々を過ごし
大学でも体育会まではいかないがクソまじめな野球の同好会に所属していた。
野球以外のことは全く興味が無い、俗にいう「野球バカ」だった。

大学1年のちょうど今頃のことだった。
1つ学年が上の女子マネージャーのA子さんから夜中に電話があった。
「どうしたんすか?」
「特に用はないんだけど…。ちょっと話してもいい?」
「あ、いいっすよ」
それから1時間くらい、たわいもないおしゃべりが続いた。

それから3日後、再びA子さんから電話があった。
「あのね、あの…、コンサートのチケットがあるんだけど一緒に行かない?
B美と行くはずだったんだけど、急に都合が悪くなっちゃったの。」 
「あ、オレで良ければ全然いいっすよ。いつっすか?」
「夜6時30分から新宿の〇△ホールで。24日なんだけど…。」
「あ、全然問題ないっす。」

24日夜、2人でコンサートに行った。
終わったあと喫茶店でお茶をし、新宿駅で別れた。

次の日、A子さんは練習を休んだ。
練習開始前にもう1人の先輩女子マネージャー・B美さんから手招きされた。
グラウンドの隅で小声で「昨日、A子とコンサート行ったんでしょ。」と聞かれた。
「はい。」
「…で?」
「盛り上がったっす。」
「…それだけ?」
「はい。」
「コンサートのほかに何かあったの?」
「何もないっす。」
「…何か気づかなかったの?」
「?」

B美さんは一瞬、呆れたような、ちょっと悲しそうな顔をした。
そして「まさか、見逃し三振とはね…。」という言葉を残して、
ベンチの方へ歩いて行った。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
野球三昧いいですね~その時にしかできないこと。
彼女?のことも(*^_^*)
いい思い出でしょうから。

ちなみにわが息子たち野球三昧でした。
今年の夏、やっと解放されました。
親も成長した野球に感謝です(^-^)
泣いて笑って・・・。
2014/12/11(木) 07:13:33 | URL | Miyu #-[ 編集]
No title
おはようございます。

そのA子さんが現在の奥様なんですねー。


2014/12/11(木) 09:20:18 | URL | #m5nORXto[ 編集]
No title
Miyuさん、おはようございます。

私の2人の息子達も少年野球をやってまして、
兄は中学入学後軟式テニス部へと鞍替えしましたが、
弟は現在少年野球チームのキャプテンをやってます。
そして私はその監督。

朝から晩まで家族一丸となって白球を追う…
なんて書くとカッコイイですけど
実際は野球漬けの日々から
少し離れたいなぁと思う時が多々ありますねぇ。(苦笑)




2014/12/11(木) 09:31:09 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
No title
あ、A子さんは、私の妻ではありません。
妻は野球のことはほとんどわかりません。
ちなみに妻との話は、785話で書いてますので
よろしければどうぞお読みくださいね。
…大した話じゃありませんけど。(笑)
2014/12/11(木) 09:33:44 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
No title
785話、読みました。
探すのが大変だったぜいっ!

なあんだ、
マフラーをプレゼントした女性がB子さんだったんですねー。
2014/12/11(木) 11:35:37 | URL | #m5nORXto[ 編集]
No title
785話まで探して、おまけに読んでくださり、
ありがとうございます。(笑)

え~、マフラーをプレゼントしたのは
A子さんでも、B美さんでも、妻でもなく、
S穂さんです。

…あ、勘違いなさらないでくださいね。
私、A子さんと、B美さんとは、
まるっきりお付き合いしたことないっすから。(汗)
2014/12/11(木) 13:16:44 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
こんばんは
お笑いブログとあまりマッチしそうもない、そこはかとなく・・・悲しい物語でももありませんな。
ほんわかとした気分になります。

大人になってしまった僕が思うのですが、「チャンスに弱い」というよりも、「据え膳喰わぬは男の何とやら」ですね。
2014/12/12(金) 00:50:18 | URL | うさぎ屋 #-[ 編集]
No title
うさぎ屋さん、おはようございます。

私のことを好きだったA子先輩のために
B美先輩が考えた作戦だったんですけど
私がこの辺の感覚にあまりにも鈍感で、
「据え膳」(?)だったことに全く気づかなかったという…。(苦笑)

今だったら涎垂らしてすぐにパクッと食べちゃいそうですけどね。(笑)
2014/12/12(金) 05:08:55 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック