まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

短所は長所。
三流亭まん丸でございます。

「往生際が悪い」は「最後まで諦めない」
「落ち着きが無い」は「フットワークが良い」
「神経質」は「繊細」

ま、モノは言いようですけどねぇ。


ある草原に、首が長いことが大嫌いなキリンと、
頭がツルッパゲであることが大嫌いなオヤジがいました。
キリンとオヤジはとても仲が良く、いつも一緒でした。

あるときキリンが、オヤジに聞きました。
 キ 「僕の長い首をどう思う?」
 オ 「僕が見えない物を見ることができるんだから素敵だと思うよ。」
キリンは首が長いことがとてもうれしくなりました。



自分がコンプレックスに感じていることも
周りの人たちは意外と好意的に見てくれていたりするもんです。


あるときオヤジが、キリンに聞きました。
 オ 「僕のツルッパゲの頭をどう思う?」
 キ 「すごい光って目立つよね。」
 オ 「…目立つ?」
 キ 「僕が遠くのライオンを発見して逃げたとしても…」
 オ 「…逃げたとしても?」
 キ 「オヤジが一緒だとすぐに見つかっちゃうよね。」
その夜、オヤジはキリンの元を黙って去って行きました。



でも、他人の評価ばかり気にしすぎると
自分を追い詰めてしまうこともあるんです。


次の朝、キリンはオヤジがいないことに気づきました。
慌てたキリンはすぐにオヤジをさがしました。
長い首をさらに伸ばして遠くを見渡すと
草原の向こうにピカッと光るモノが…。
キリンはすぐにそこへかけていきました。
 オ 「あ、キリンくん…」
 キ 「オヤジ、何で突然いなくなっちゃったんだよう。」
 オ 「だって、僕が一緒だとライオンに見つかりやすいんだろ。」
 キ 「何、余計な心配してんだよ。友達だろ?」
 オ 「キリンくん、ありがとう…」
 キ 「でも、よかった! ツルッパゲ頭のお陰でオヤジがすぐに見つかって!」
 オ 「うん、ツルッパゲで良かったよ。」



他人の評価に惑わされず
自分の評価は自分で決めればいいんじゃないですか?

短所は長所。




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


コメント

キリンもツルッパゲオジサンもライオンに見つかる前に再会できてよかったですねー。
でも結局、キリンさんはライオンに見つかってしまうのですよねぇ。
失意のツルッパゲオジサンは二人の叔父さんを誘い三人で長い旅に出るのでしたね。
そしてハーレーになったりチーターになったりするんでしょ。

http://www.youtube.com/watch?v=hceaUShf1So

今日のキリンさんとライオンさんとツルッパゲおじさんの話が、
魂抜けちゃいそうなことと思ってよろしいのでしょうか?

2014.09.30  たかのつめ  編集

たかのつめさん、おはようございます。
朝っぱらから魂抜けちゃいそうな歌のプレゼント、
ありがとうございます。(笑)
私は素早いおじさんにはなれそうもありませんので、
変なおじさんでいこうと思います。
魂抜けちゃいそうな話は本日から解禁(10月から)、
ということで。(苦笑)

2014.10.01  三流亭まん丸  編集

週末の試合で
とても理不尽な嫌な思いをして腸煮えくり返って納まらない日々を過ごしていましたが
そいつと私は友達ではありませんが!!(そこは強く言いたい!)
そういうことだね〜
私は私 あいつに振り回されてたまるか!!
私を貫くよ!

ありがと(^_-)-☆

2014.10.01  ぴよっちょ  編集

ぴよっちょさん、おはようございます。
まぁいろいろありますが、そういうことです。
でも、漫画家の松本零士さんが
「人は人、自分は自分、されど仲良く。」と仰ってますので、
ま、そういうことなんじゃないでしょうかねぇ。

2014.10.02  三流亭まん丸  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad