FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.05.30

どうも。

三流亭まん丸でございます。


昨年実父が亡くなってから
実母がひとりで住んでいる実家に
ふらっと立ち寄ったときのこと。

どうやら2階の掃除をしているようで。

誰もいない居間。

そこで空気清浄機がハイパワーで、
ぐおおお~っと大きな音を立ながら
目一杯の仕事をしておりました。

ふと横を見ると、サッシの窓は全開。

「おいおい・・・」

そこへもうすぐ喜寿だとは思えぬ軽やかさで
颯爽と階段を降りていた実母。

「なんだ、来てたの。」

そこに私がいるという事実が
答えになると思いましたので
その質問には答えず、
空気清浄機を指差して

「窓全開でアレかけてるの、おかしいでしょ。」

って逆質問したわけですよ。

「いや、全然、おかしくないわよ。」

と、最近、アマノジャク度合いがひどくなってきた実母。


「これじゃ、部屋の空気、きれいにならないじゃんか」

って、問い詰めると


「世界の空気をキレイにして、どこが悪いのよ。」


だとさ。




実母の愛は「人類への愛」。

もはやスケールが違う・・・。








2019.05.27

ダイエット

どうも。

三流亭まん丸でございます。


この間、日帰り温泉に行って来たんですよ。
脱衣所でね、全身姿見でね、
驚いちゃったんですよ。

なんだ?! 
このスッポンポンのブヨブヨした生物は!!



・・・もちろん、私。(笑)




で、一念発起しました。
家族を目の前に、高らかに宣言しました。

今年の11月6日の誕生日までの約160日間で
体重を75キロまで落とす。 
絶対に落とすって言ってんだろっ!



75キロは結婚当時の体重。

50歳のその日を、
新婚当時の体型で迎えると!

今現在、83キロありますので、
約160日間で8キロの減量です。



では、どうやって達成させるか。

まずは己を知ることから。

身長170センチ、体重83キロの
49歳男性の基礎代謝は、
計算によると約1740キロカロリー。

生命維持に最低限必要な基礎代謝に加えて、
こうみえても職人仕事ですから、
1日の基礎代謝以外の消費カロリーを
仮に300キロカロリーと仮定するとですね、
私の1日の必要総消費カロリーは
約2040キロカロリーとなるわけですよ。

で、次に敵(脂肪)を知る。

脂肪1グラムは9キロカロリーだそうで、
1キロだと9000キロカロリーになるそうです。
また脂肪には約20パーセントの水分が含まれているため、
脂肪1キロ減らすには
9000キロカロリーの80パーセントの
7200キロカロリーを
消費すればいいということになります。

で、8キロの減量なんですから

7200 × 8 =  57600

160日間で57600キロカロリーを消費すれば
理論上8キロの減量目標達成です。


ここからは具体的で、無理のない、
実現可能な減量方法を考えます。

57600キロカロリーを160日間で消費するとすると
1日あたりの消費カロリーは

57600 ÷ 160 = 360

となります。

1日あたり360キロカロリーを
摂取カロリーより多く消費すればいいわけですね。

とはいうものの、これから夏本番でしょ。
酷暑の中、仕事で汗かく以外に
根性まるで無しのブヨブヨ生物が、
ウォーキングやジョギングといった運動なんぞ、
よほどのM気質でなけりゃするわけがない。


日本古来から伝承されている有名な格言を
今こそ実践するとしましょう。

食わなきゃ痩せる。


そこで、

2040 - 360 = 1680

1日の摂取カロリーを
1680キロカロリー以内に抑えて
160日間過ごせれば、
なんと私はスリムビューティー。


わっはっは!


ここまでわかれば、ちょろいもんですよ。



【朝食】
白米100g (168キロカロリー)
納豆1パック (60キロカロリー)
野菜ジュース180ml (71キロカロリー)

→ 朝食での摂取カロリーは299キロカロリー。



【昼食】
鮭おにぎり 1個(172キロカロリー)
ごま麦茶 (0キロカロリー)

→ 昼食での摂取カロリーは172キロカロリー。



【間食】
コーヒー 砂糖・ミルク (約50キロカロリー)
アイスコーヒー シロップ・ミルク (約60キロカロリー)

→ 10時と15時のいっぷくのコーヒーで110キロカロリー。
(性格が甘ちゃんなもんで、砂糖・ミルクは必須。)



ということで、夕食前までに摂取しているカロリーは
合計581キロカロリー。

ということは、夕食で摂取可能なカロリーは
1099キロカロリー。


晩酌のアサヒスーパードライ(350ml)2缶は必須。
147キロカロリー×2缶=294キロカロリーを差っ引くと、
食事で摂取してよいカロリーは805キロカロリー。


わお! 800キロカロリーも!!


800キロカロリー以内のメニューなんて、
親子丼、さばのミソ煮、しょうが焼き、
そば・うどん類、スパゲッチー各種、グラタン、
チキンカレー、ハヤシライス、ハンバーグ、ラーメン、
麻婆豆腐、八宝菜、回鍋肉、ギョーザ・・・
とまぁ、あるわ、あるわ。

もう、なんでもござれの
何、食ったってOK牧場。


もうね、ダイエット成功を確信いたしましたよ。

わざわざ高いお金出して
「結果にコミット」しに行かなくたって、
この完璧な食事の摂取カロリーコントロールだけで
「おーっほっほ!!」と勝ち誇った高笑いで
11月6日を迎えること、必至なわけですよ。






ただねぇ・・・。


これまでしてきた食事と
何ら変わらない食事内容であることが、
唯一の気がかりなんですけどねぇ・・・。








どうも

三流亭まん丸でございます。


日本のあちこちで
悲惨で衝撃的な交通事故が
起きてますね。

「ブレーキがきかなくなった」
「いきなり急発進した。」

事故起こして
気が動転しちゃうのはわかるんですけど
自動車が、それ自体が意思を持って
勝手に動き始めることはなく、
人が操作したようにしか動かないわけで、
つきつめると結局、
ブレーキとアクセルを踏み間違えた・・・
ってなことに行き着くようです。


私ね、教習所に通っている時、
当時40時間くらい(と記憶している)だった技能講習に
50時間くらいかかってんですよ。

仮免検定・修了検定もそれぞれ2回ずつ落ちて、
3回目でパスしたわけですよ。

そんな私に言われたくはないと思いますが
AIや自動衝突防止装置なんかの目覚しい発達で、
運転能力がそれほどでない人や、
昔だったら「お前が運転なんて危ないからやめとけ」
なんていわれてた人なんかが、
気軽に簡単に運転できるように
なってしまったんじゃないかって思うんですよね。

加えてね、確かな能力を持っていた人も
そういう車に乗り慣れるにしたがって、
徐々にその能力が
落ちてきてるんじゃないかなって・・・。

でね、とりあえずなんですけど、
オートマ車限定免許をやめてみてはいかがでしょう。
あれで、免許取得の難易度っていうんですか? 
ハードルがおもいっきり下がってんですから。

あとね、
免許取得後の最初の更新を迎えたドライバーと
70歳以上の方は、大変申し訳ないんですけど
更新時にマニュアル車の運転実技試験を行うの。

試験に受からなければ、教習所で実技の再講習。
「大丈夫」のお墨付きをもらったら
晴れて免許更新ってなことに。

マニュアル車をちゃんと乗りこなせるということは
ブレーキ・アクセルのほかにクラッチ操作もできる
ということでしょ?

そういうレベルの人が
ブレーキとアクセルの踏み間違いを起こす確率は、
相当低いんじゃないかな?って思うんですね。

いかがでしょうかね。

つまらない前置きが長くなりましたが、
今回はこんな話し。



「最近、高齢者ドライバーの事故が多いね。」
「ブレーキとアクセルの踏み間違いっていうやつね。」
「地方だと他の交通手段がないからやむをえないんだけど、でも、やっぱり高齢者の運転は危ないよね。」
「運転能力や咄嗟の判断能力は間違いなく衰えてきているからね。」
「なんとかいい方法はないもんかね。」
「・・・で、オレ、作った。」
「新システムの車を、か?」
「ああ、アクセルとブレーキ、クラッチが足元、シフトは左手、ウィンカーは右手、で、ハンドルは両手。運転操作が面倒すぎるとは思わないか?」
「思うよ。」
「でだ、運転能力に関係なく、全部、音声を認識して自動で運転する車を開発したんだ。」
「ほほ~!」
「乗ってみたいか?」
「もちろん!」
「じゃ、明日、オレの研究所に来てみな。」

次の日、研究所にて。
車に乗り込んだ2人。

「これが音声認識で動く車だ。」
「お~、なんだかワクワクする。」
「このマイクに向かって指示を出すだけ。」
「それだけって、やっぱりすごいな。」
「よし、準備完了。」
「いよいよか?」
「ああ、よし、じゃいくぞ。・・・エンジン、スタート!」

ブロロロロン ♪

「おお! エンジンがかかった!」
「じゃ、走らせるぞ。」
「おお! 楽しみだ。」
「右ウインカーで発信合図。」

カッチカッチ・・・

「おっ! ウィンカーが勝手に!」
「サイドブレーキ下げて~クラッチ踏み込む。」
「ん?」
「ハンドル2時の方向。ギアをローに。」
「・・・。」

「アクセルペダル軽く踏み込んで。
クラッチ徐々に上げてノッキングしないように半クラッチ~。
はい、ハンドル12時に戻す。
クラッチも戻して~。
・・・はい、クラッチ踏み込んで、ギアをセカンドに。
クラッチ戻して。
はい、クラッチ踏み込んで、ギアをサードに~。
前方の信号、赤になったよ~。
じゃ、クラッチ踏み込んで、シフトダウンしてクラッチ戻す~。
エンジンブレーキきかせて・・・、
はい、クラッチ踏み込んで、ブレーキ踏む!」

「・・・なぁ、それ、いちいち全部口で言うのか?」

「もちろん。音声認識自動運転だからな。」






面倒くさいと思われた方は
運転されないほうがよろしいかと・・・。(笑)











2019.05.21

ドライバー

どうも

三流亭まん丸でございます。


今回の記事は、
お読みいただきながら
実際にやっていただくと
よ~くわかるというお話でございます。



先日のこと。

器具の取り付けの真っ最中、
右手でドライバーを持ち、
そのドライバーでネジをしめている途中に
ケータイがなりまして。

ドライバーをいったんおいて、
その空いた右手で
作業着の左胸ポケットの中のケータイを取り出して、
通話ボタンを左手の人差し指で押して、
右耳にケータイを押し当てて
話し始めたわけですよ。

電話の相手が
「&@小学校の現場はいつから入る予定か」
と尋ねてきたので、
右手で持っていたケータイを左手に持ち替えて、
同じく左胸のポケットに入っている手帳を
右手で取り出して、
左手のケータイを左の耳と左の肩に挟んで、
その空いた左手で手帳を開いたんですね。

右手で手帳の裏表紙側を支え、
左手の人差し指を丸め表表紙側裏を支え、
左手親指の腹を使って
ページをパラパラさせていると、
該当するページが見つかったんで、
そのままの形で「〇日からですね」と答えると、
相手は「△日からにしてもらえないか」
と言ってきたんですよ。

まだ予定が入ってなかったので
「いいですよ」と答え、左手をずらし
その手帳の真ん中を左手親指で押さえ
左手だけで手帳を持ったんですよ。

で、空いた右手で
同じく左胸のポケットにさしてあるペンを取り出して、
〇日の予定を二重線で消して
△日の欄に新たな予定を書きこんだわけです。

通話が終わって、
左手だけで手帳を閉じ、
その左手にある手帳を、
人差し指と中指の間の根元に
ペンを挟んだ状態の右手の、
親指と中指と薬指と小指を使って右手に持ち替え、
空いた左手で
左の耳と左の肩に挟んでいたケータイを
持ったんですね。

で、左手のケータイを
そのまま左胸のポケットにしまいまして。

その空いた左手で
左胸のポケットをちょっと広げ、
右手の親指と薬指と中指と小指で持っていた手帳を
その同じポケットにしまったんですね。

で、右手の人差し指と中指の間のペンを
親指と人差し指と中指で持ち直し
さっき、途中までしめていたネジを・・・




ペンですからねぇ。

我ながら、なんとも情けない
「しまらない」お話でございました。









2019.05.18

鳥のはなし

どうも

三流亭まん丸でございます。


毎年5月10日~16日は愛鳥週間です。
今年はもう終わってしまいましたが・・・。(苦笑)

終わってはしまいましたが、
終わったらもう鳥を可愛がらなくてもいい、
というわけではありませんので、
皆さんに関心を持ってもらうためにも
鳥にちなんだ昔話をいくつかご紹介いたします。



「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、おじいさんが部屋の戸を開けると、
鳥は姿を消し金目のものもすべて無くなっていました。
その鳥は鶴ではなく 「サギ」 だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、部屋の中が騒々しいので
おじいさんが部屋の戸をそーっとあけて中の様子を伺うと、
鳥は一生懸命荷造りをしていました。
その鳥は鶴ではなく 「ペリカン」 だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝早く、何やら屋根の上が騒々しいので
おじいさんが外に出てみると
鳥が朝っぱらから威勢よく足場を組み立てていました。
その鳥は鶴ではなく 「トビ」 だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、部屋の中があまりにも静かなので、
おじいさんは部屋の戸をそーっとあけてみました。
鳥は、すでに息を引き取っていました。
その鳥は鶴ではなく 「ガン」 だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、なんとなく不穏な空気を察したおじいさんが
部屋をそーっとのぞいてみると
鳥がおじいさんめがけて
いきなりレーダーを照射してきました。
その鳥は鶴ではなく「瀬取り」だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、部屋の中から
「はっ! はっ!」と気合の入った声が聞こえてきたので
おじいさんが部屋をのぞくと、
鳥が裸でトレーニングをしていました。
その鳥は鶴ではなくて「堅太り」だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、部屋の中があまりにも潤んでいたので
おじいさんは部屋の戸をそーっとあけてみました。
鳥はみずみずしくてつやつやしていました。
その鳥は鶴ではなくて「しっとり」だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝、その鳥はおじいさんに御礼を言って
去っていきました。
10か月後、おばあさんが元気な赤ちゃんを産みました。
その鳥は鶴ではなく 「寝取り」 だったんですね。




「鶴の恩返し」の話を思い出したおじいさんは
道端で死にそうになっていた鳥を助けてあげました。
その3日後の夜中、
そのおじいさんの家にその鳥があらわれました。
夜も遅かったので今晩は泊まっていくように勧めると
その鳥はおじいさんの家に上がりこみ、
奥の部屋に籠りました。
次の朝早く、部屋の中から金管楽器の音がしたので
おじいさんが文句を言おうと戸をガラッとあけると
鳥の姿はそこになく、
なぜか谷啓がトロンボーンを吹いていました。


ガチョーン





ということでみなさん、
困っている鳥に出会ったら
助けてあげましょうね。

かわいちょーですから。(笑)








プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.