FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2017.10.29

ハロウィン

どうも。

三流亭まん丸でございます。



今年も、東京・渋谷のスクランブル交差点に
ハロウィン仮装した若者達が殺到し
大騒動になったそうで。


「あれ? 課長じゃないっすか!」
「・・・やぁ」
「課長も渋谷に来るなんて意外ですね。」
「・・・ま、まぁね。」
「しかも坊さんの仮装までして。」
「・・・どうだ?」
「そのハゲかつら、ちょーリアルですよ。」
「・・・頭は、ふだん仮装してるんだ。」


えええっ?!




さて、ハロウィンには、
ちっちゃい子供たちが仮装して各家を回り、
おかしをおねだりする風習があるそうですねぇ。


ピンポーン♪

「トリックオアトリート!」
「はい、おかしをどうぞ。」
「ありがとう。」



これがノーマルらしいんですけど、
これだけ世知辛く物騒な世の中で、
知らない子供たちが
いきなり家に押しかけての「おかしくれ!」に、
なんの警戒心も抱かずに気軽に応じてしまうのは、
どう考えてもアブノーマルですよねぇ。(苦笑)

てなわけで。




ピンポーン♪

「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・どうしたの?」
「おばさん、髪の毛、荒れてるね。」
「え?」
「髪、相当傷んでる。」
「そ、そうなのよ。」
「これ、使ってみてよ。」
「何、これ。」
「トリックオアトリートメント」
「御代はおかし?」
「定価10万円だけど、今なら8000円でいいよ。」


えええっ?!




ピンポーン♪

「おかしください。」
「あら、全身に包帯巻いちゃって。」
「大けがした人なの。」
「なるほどね。 では、合言葉をどうぞ。」
「デッドオアアライブ!」


えええっ?!




ピンポーン♪

「おかしください!」
「あら、あなた、もう大人じゃないの。」
「おかしください!」
「大人はダメよ。」
「おかしください! ・・・トイレを。」


えええっ?!




ピンポーン♪

「・・・」
「あれ? 合言葉は?」
「・・・」
「忘れちゃったかな?」
「・・・」
「ま、いいわ。 はい、おかしをどうぞ。」
「・・・」
「どうしたの?」
「・・・おばさん、僕のこと見えるの?」


えええっ?!




お父さんがセーラー服着たり
お母さんもセーラー服着たり
お姉ちゃんが女王様の格好したり
弟がカメムシになったりするハロウィン。

基本的には「ご自由にどうぞ」なんですけど、
興味が無い人達や関係ない周りの方々に
迷惑をかけない程度に楽しんでもらえれば、
と思いますねぇ。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.10.27

ドラフト

どうも。

三流亭まん丸でございます。


早実・清宮君、7球団が1位指名で
日ハムが交渉権獲得したそうで。
おめでとうございます。

とはいえここがゴールではなく
ようやくスタートラインにたっただけ。
ぜひとも頑張って「清宮伝説」を
築き上げて欲しいと思いますねぇ。


さて、まっこと残念ながら
今年も私の指名はありませんでした。
12球団どこでも、何位指名でも、
育成でもOKだったのに。

指名を待ち続けて早30年。
もうすぐ48歳のこのボディは
脂がノリにノッてバリバリというよりは
脂にまみれてブヨブヨになってしまいました。

いつになったら私、三流亭まん丸の
「メジャーへの道」は開けるのでしょうか?

・・・へ?

そうですよ、そうですとも。
ブログタイトルの「メジャーへの道」のメジャーは
アメリカ・メジャーリーグのこと。

何か問題でも?




・・・ま、来年のドラフト会議での指名を期待しつつ
1年間、怪我と病気に留意して、無事かつ健康に
過ごしていければなぁと思っております。




ということで、あらためまして。

ドラフト指名を受けた選手の皆さん、
おめでとうございます。


祝杯はもちろん

ドラフト・ビール

ということで。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2017.10.25

総括

どうも。

三流亭まん丸でございます。


衆院選について、個人的総括を。

投票率は戦後2番目に悪い53%ちょっと?でした。
約半分の有権者が日本の将来に対する責任を放棄。
その一方で一票を投じた約半分の有権者は
日本将来を真剣に考えて責任を行使。

でも、投票日に台風直撃だったことを差し引いて、
期日前投票所の混雑ぶりや
その投票者数が過去最高という結果などをみて、
いっときよりは、「選挙に行くべ!」
っていう風が吹いてきたかなぁと思いますねぇ。

みなさん、投票に行きましょ。



さて、選挙結果。

自民圧勝という報道が多いですが、
それよりはむしろ
野党自滅・惨敗ではないでしょうかね。

野党勢力は事あるごとに
「安倍やめろ!」と迫っているにもかかわらず、
やめる=総選挙の可能性があるというのに
選挙の準備を全くしていないんだから
もう、あいた口もふさがらない。
だいたい当時の野党第一党は、
代表選をのんびりやってたくらいですからねぇ。
ホント、もう救いがたい・・・と思ってたら
無くなっちゃいましたね。(苦笑)

解散から公示にいたるまでの
野党勢力・野党議員のみなさまの
当選するためだけに必死の
離合集散・右往左往の言動は
もう皆様のご存知の通り。
もはやお笑いのレベル、
いや笑うこともできない失笑レベルでした。

なんとか体裁だけは公示前に間に合ったものの
そこで精いっぱいで選挙協力まで手が回らず。
分裂した野党候補の得票総数が、
与党候補得票数を上回った選挙区が
60以上あったわけで、
相変わらず同じ失敗を繰り返すという
(選挙区で与野党1対1の形に持ち込めず)、
ホント、もう情けないったらありゃしない。

で、結局、衆院内与党vs野党の勢力図は変わらず。
各政党の政策の色分けが若干明確になったかな?
程度で、これだって選挙後ふたたび
離合集散が起きること必至ですからねぇ。
どうなるかわからない。(笑)



ということで、まとめ。

野党勢力の準備不足を狙った大義なき唐突解散は
その思惑通り野党側に大混乱を引き起こし自滅を誘発。
自民党は改選前議席数とほぼ同じ議席を確保し
連立与党で2/3を占めている状況は変わらず。
安倍内閣はそのまま続投。

一体何が変わったの?

解散前とほとんど何も変わらない。


今回の総選挙の結論。



大山鳴動してタヌキ一匹









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2017.10.21

投票

どうも。

三流亭まん丸でございます。


昨日、書類を持って役所に行ったら
ロビーは人でごった返しておりました。
衆院選投票日に台風接近ということで
期日前投票にいらっしゃった皆様だったんですねぇ。

投票所前には20人ほど順番待ちの列が
できておりましたよ。
そんな光景をこれまで見たことなかったもので
驚き桃の木三条実美でしたねぇ。


ということで明日は投票日。

これまでの約5年間、
安倍政権がしてきたことを振り返ってみて
あなたとあなたを取り巻く環境にとって
安倍政権が続くことにメリットがあると思うなら与党に、
デメリットだと思うなら野党に投票しましょうね。

「どうせ私が投票しても大勢はかわらない」

そんなことはありません。
1票、1票は小さくても、
それが10万票と積み重なることで
その選挙区の当落結果がかわり、
その1つ1つの選挙区の結果が積み重なることで
国会が変わり、国会が変わることで
日本の将来が変わっていくのです。


チリもつもれば山となる。


チリみたいな小さな1票ですが、
国民1人1人がきちんと行使し、
これからの日本の進むべき道を
国民の意思で決めていくのです。

だから、明日の投票日、
いえ、本日の期日前投票でも構いません。


必ず、必ず、必ず

投票しましょう!






【お詫びと訂正】

参政権という貴重で重要で大切な国民の権利を
「チリ」に例えてしまうのは大変失礼なことでした。
ここに謹んでお詫びするとともに
訂正させていただきます。



あなたが持っている貴重な1票は
決して チリ などではありません。
日本の将来を決める役割を担う
重要な1票なんだという ホコリ を持って
投票してくださいね。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.10.15

調査

どうも。

三流亭まん丸でございます。


しばらく暇を・・・と言っておきながら
ちょっと更新しちゃいます。

昨日午前11時過ぎから12時くらいまでの間に
立て続けに電話がかかってきましてね。
10分~15分おきくらいに3回。
全部違うメディアからでしたけれど3回とも
「今度の衆院選挙についての緊急世論調査」
なるものだったんですよ。

あれ、無作為に抽出した
固定電話の番号にかけているんでしょ?
無作為抽出で、3回もかかってくるなんて
驚き桃の木アントニオ猪木ですよねぇ。
この世に、固定電話のあるところって、
うちしかないんじゃないの?
って真剣に思いましたよ。


ということで、その昔、
こんな記事を書いたのを思い出しました。





「独自調査」 (2014年6月14日)


選択肢がある。

 1.おまんじゅうを食べたい。
 2.おまんじゅうを食べたくない。
 3.今はお腹いっぱいで食べたくないが、
   あとでならおまんじゅうを食べたい。

1と回答した人が40%、
2が35%、3が25%だったとする。
1.2 は何ら問題が無い。
食べたいか、食べたくないか、明確だからだ。
問題は3 をどうカウントするか。
今は食べたくないから「食べたくない」なのか、
あとでなら食べたいから「食べたい」なのか。
調査を行った側の解釈で「食べたい」と判断されれば、
その割合は40%+25%で65%の人が
おまんじゅうを食べたいことになる。
逆に「食べたくない」だったら、
60%がおまんじゅうを食べたくないということだ。
調査を行った団体が「日本おまんじゅう協会」ならば
「食べたい65%」というだろうし
「日本おまんじゅう協会」のライバルである
「全日本プリン普及評議会」ならば
「食べたくない60%」という結果を主張するであろう。

何が言いたいかというと、
最近頻繁に行われれている
独自調査といわれる世論調査の結果は
全くアテにならない、ということだ。
選択肢は調査を行った側が導き出したい答えに
誘導できるような記述だし
そのデータの分析には
調査を行った側の主観が反映され、
出したい結果になるように都合のいいように解釈されて
発表されるからだ。

集団的自衛権行使容認に賛成か否か。

 1.賛成
 2.反対
 3.限定的ならば賛成

3 の「限定的ならば賛成」を、
「特別なケースに限り賛成だから賛成」ととるのか、
「特別なケースに限り賛成なのだから
ほとんどのケースでは反対」ととるのか。
賛否の比率はいかようにも操作でき、
いかようにも解釈できるのだ。

ゆえに独自に行われている
この種の世論調査の結果を鵜呑みにしたり、
それが民意を正確に反映していると
安直に考えるのは非常に危険なことだ。

そしてそのデータを恣意的に利用して、
自分たちの行動の正当性の根拠にして
強引に事を進める危険な輩も
数多く存在することを忘れてはならない。

真の民意を探るならば、
調査する側の主観が入り込む余地を
徹底的に究極的に排除することが必要だ。
つまり選択肢は2つだけ、

YES か NO 

だけでなければならないのだ。

客観的な数字というデータの裏に隠されている
極めて主観的な意図を見抜く目を持つことが、
これからの時代を生き抜く上でとても大切になるであろう。


ということで、今回の記事は参考になったでしょうか?

 1.参考になった
 2.参考にならなかった
 3.限定的には参考になった






というわけで。

ま、こういう調査を基に各メディアが発表している
「〇〇党、300議席に迫る勢い」とか
「△△党、苦戦」だとかいう
選挙戦の党勢調査とか、
有権者の投票先調査とか
それに基づく獲得議席予想なんていうのは
まともに信じちゃいけないってことです。
投票は始まりましたけど、まだ終わっていないし、
あなたの一票で結果なんていかようにも変わるんです。
あんまりアテにしない方がいいってことです。
だってねぇ、
クリントン、クリントンいってたのに
トランプが大統領になっちゃったでしょ。(苦笑)


そしてもうひとつアテにならない理由。

私、3回の電話調査に対して
3回とも答えた内容はバラバラ、
支持政党は3回別々で答えましたので。


まだ熟慮中で決まってないし。
それに私がどこの誰に投票しようと私の勝手だし。
それを正直にマスメディアに伝える必要は全くないし。
伝えても都合のいい解釈をして発表するんだろうし。
だいたいこちとら仕事中だし。
はっきりいって業務妨害だし。
迷惑電話と同じだし。



おっと、取り乱しました。
申し訳ありません。

でもね、
私のような輩も結構たくさんいるんじゃないかな?
って思うわけですよ。
電話に出た人すべてが
真面目に真摯に答えてるとは到底思えないわけで。

みなさんも、
こういう調査に基づく報道内容にあまり左右されず
鵜呑みにしたり、惑わされたり、流されたりせず、
これまでの日本政治を顧みて
これからの日本の行く末を熟慮して

自分の考えで自分の信じる一票を
しっかり投じてくださいね。






それでは。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad