まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。



【 演目 「平成29年度版 ぜんざい公社 」 】


てんてけてけてけてって~ ♪



「ぜんざい公社」というお役所がございまして。

「おっ、久しぶりに、ぜんざいでも食べてみるか」

「あのう、こちらでぜんざい、食べられるのでしょうか?」
受付でおそるおそる声を掛けますと
「はい。」
というなんともそっけない事務的な返事。

その受付のオバちゃんと顔を見合わせて
しばし沈黙が流れます。

「あのう、どうすればよろしいのでしょうか?」
「食べるのはあなたですか?」
「はい。」
「では、4階の2番窓口へ行ってください。」



4階2番窓口。

「あのう、受付でこちらに行くように言われたのですが・・・」
「ぜんざいを食べるのですか?」
「はい。」
「あなたが食べるのですか?」
「はい。」
「では、マイナンバーカードをご提示ください。」
「持ってないんですけど・・・」
「では、マイナンバーをこちらの用紙にご記入ください。」
「マイナンバー、わからないんですけど。」
「では、6階5番窓口で手続きしてから、もう1度こちらに来てください。」



6階5番窓口。

「あの、4階2番窓口でマイナンバーがわからないっていったら、こちらへ行くように言われたんですけど。」
「あ、それでしたら、どうぞこちらへ。」

個室に通されると、PCを前に堅物そうなおっさん。

「あなたの身分確認を行いますので、質問にお答えください。」
「はい。」
「お名前を。」
「三流亭まん丸でございます。」

カチャカチャ、キーをたたいて入力している様子。

「ご住所は。」
「○○区△△町、への5番。」
「年齢は?」
「47歳。」
「好きな女子アナは?」
「えっ?!」
「いいからお答えください。」
「NHKの桑子アナ。」
「・・・確認がとれました。三流亭まん丸さんですね。」
「最初からそういってるんですけど」
「女子アナ好きの」
「そこ、どうでもいいんですけど。」
「どうぞ5番窓口前の待合でお待ちください。」

待合で。

「結婚しちゃう桑子アナ好きの三流亭まん丸さ~ん。」
「個人情報、いわないでください。」
「ショックでしょうけど元気を出して。」
「ご心配なく。」
「この証明書を持って4階2番窓口へ。・・・近江アナもいいですよ。」
「いらぬこと、いわんといてください。」



4階2番窓口。

「証明書、もらってきました。」
「はい、確かに。では、こちらが受付票になります。」
「これで食べられるのですか?」
「まだ食べられません。お金を納付していただかないと。」
「そりゃそうですね。」
「この受付票を持って6階2番窓口で費用を納付してください。」
「6階2番って、たった今6階の5番窓口から戻ってきたのに・・・」
「ここはお役所ですよ。」



6階2番窓口。

「4階2番窓口で、こちらでお金を納付してくださいといわれました。」
「では受付票を。はい、確かに。」
「いくらですか?」
「その前に。ぜんざいにお餅はいれますか?」
「そりゃ、もちろん。」
「では9階1番窓口で餅追加の手続き後、こちらへ戻ってきてください。」



9階1番窓口。

「すいません。餅追加したいんですけど。」
「今、担当者がおりません。」
「あなたでは、ダメなのですか?」
「私は栗追加担当ですので。」
「ひとつお聞きしてもいいですか?」
「はい。」
「そもそもぜんざいは餅入りが当たり前だと思うのですが。」
「餅担当者が不在なのでお答えできません。」
「餅が入ってないぜんざいは、そもそもぜんざいなんでしょうか。」
「餅担当者が不在なのでお答えできません。」
「そもそもあなたはどう思いますか?」
「餅担当者が不在ですのでお答えできません。」
「そもそもは基本的に、という意味なんでしょうか?」
「餅担当者が不在なのでお答えできません。」
「・・・ま、いいや。何時ごろに戻られますか?」 
「13時に戻る予定です。」
「あと2時間もあるじゃないですか。」
「横のビルがあんみつ公社ですので、そちらであんみつでも・・・」
「結構です! 待たせていただきます。」



6階2番窓口。

「行ってきました。」
「ずいぶんお時間かかりましたね。窓口、混んでましたか?」
「ガラガラで、でもヘトヘトです。」
「では受付票を確認させてください。ぜんざい・餅入り、ですね。」
「いくらですか?」
「200円です。」
「お、さすが役所。安いですね。」
「こちらが領収書になります。」
「いよいよ、食べられるんですか?」
「いえ、まだです。この領収書をもって4階2番窓口へ戻ってください。」



4階2番窓口。

「すいません、領収書、もって来ました。」
「確認いたします。では食券引換券を発行いたします。」
「これでやっと食べられるのでしょうか?」
「いえ、まだです。この食券引換券を持って、6階2番窓口へ行ってください。」
「6階2番窓口って、今行ってきたところですよ。」
「はい、そちらで、2500円お支払いください。」
「今、200円払ってきたんですけど。」
「あ、それは手続き代です。2500円はぜんざい代です。」
「ぜんざい一杯2500円って高すぎでしょ。」
「いやなら結構です。200円は返金できませんが。」
「いや・・・、行きます。」



6階2番窓口。

「食券引換券、持ってきました。」
「確認いたします。では、2500円、お願いいたします。」
「はい、2500円、お願いされました。」
「確かに。2500円お預かりいたします。こちらが貼付シールです。」
「シール??」
「このシールを食券引換券の点線の枠内に貼ってください。」
「これで、食べられるんですか?」
「いえ、そのシール付食券引換券を持って4階2番窓口へ行ってください。」
「また、4階2番に?」
「いやなら結構です。返金はできませんが。」
「行きますよ、行けばいいんでしょ!」


4階2番窓口。

「シール付食券引換券を持ってきました。」
「では確認いたします。はい、大丈夫ですね。こちらが食券です。」
「あの、これで食べられるんですか?」
「はい、これで手続きはすべて完了です。」
「何階に行けばいいんでしょ。」
「こちらの食券を持って、別館へ行ってください。」
「別館?」
「はい。 このビルを出て、徒歩20分です。」
「え~っ?! ここで食べられないの?!」
「いやなら結構です。では7階12番窓口で解約手続き申請を行い、これまでの窓口をすべて順番に逆回りして解約手続きをし、最後に6階2番窓口で解約手数料3000円を・・・」
「いえ、行きます!」
「では、その食券の裏に別館までの地図がかかれています。」



汗だくになりながら徒歩20分、別館へ。

「ふう~、ようやく着いた。」
「食券を。」
「はい。」
「お好きな席へ。」

席へ案内され、待つこと15分。
その間、お水一杯出てきません。

「あのう~、ウェイターさん。」
「ウェイターではありません。ぜんざい公社ぜんざい運搬担当副参事です。」
「副参事さん。」
「副参事さんではありません。ぜんざい公社ぜんざい運搬担当副参事です。」
「ぜんざい公社ぜんざい運搬担当副参事。」
「はい、何でしょう。」
「お水は出ないんですか?」
「こちらは役所です。食堂ではありません。」
「汗かいて、ノドがカラカラで・・・」
「ご希望ならば、お水をお出しすることはできますが。」
「じゃ、お水一杯お願いします。」
「では、本館に戻って4階2番窓口で・・・」
「結構です!」



さらに10分。
ようやくぜんざいが運ばれてきました。
ところが、パクッと一口かぶりついたものの
これがまったく甘くない。

「あの、副参事さん」
「ぜんざい公社ぜんざい運搬担当副参事です。」
「ぜんざい公社ぜんざい運搬担当副参事、これ、全然甘くないんですけど。」


「それは当然です。甘い汁は、役所が全部吸っちゃいますから。」







・・・と、ここまでがご存知「ぜんざい公社」でございます。

そしてここからが「平成29年度版 ぜんざい公社」です。

続きをどうぞ。








ムッとしながら、全く甘くないぜんざいをほお張っていると
新たな方が入ってきまして、私の横に座りました。

「あ、あの、ぜんざい食べに?」
「はい。」
「大変だったでしょ。手続き面倒で。」
「いえ。」
「しかも、べらぼうなお金、払わなかったですか?」
「いえ、まったく。」
「ここまで延々と歩いて、遠かったでしょ。」
「いえ、タクシー代、出してもらいました。」
「??」



そこへ、副参事が、誰も何も言っていないのに
栗入りぜんざいと渋い最高級宇治茶のセットを持ってきました。

「お待ち申し上げておりました。最高級ぜんざいでございます。」

その方、おいしそうにパクッと一口。

「おお! これは美味しい! 上品な甘さが絶妙ですばらしい!」



「 「甘い汁を吸わせるように」 と、政府の最高レベルから命じられております。お気に召していただけたでしょうか?  カケ様。」






てんてけけけてけてって~ ♪









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村








続きはこちら >>

プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad