まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2017年03月27日 (月) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。

よく「つーかーの仲」などと申します。
互いに気心が知れていて、
一言を口にしただけですぐにその意図を理解して、
とっさにその一言にもっともふさわしい切り返しをする。
それほど仲がよいこと、とでもいうんでしょうかねぇ。


山 「親友を紹介します。田中くんです。」
田 「どうも、田中です。」
山 「ぼくと田中くんは大親友、まさしく「つーかーの仲」であります。」
田 「はい、山田とはつーかーの仲です。」
山 「どれくらいつーかーなのか、ご覧にいれましょう。」
田 「いいですね、ご覧いただきましょう。」
山 「では簡単なとこから。 ・・・ワン!」
田 「ニャン!」
山 「そっちか。間違いではないがイメージしてた返しとちょっと違う。」
田 「えっ そう? じゃ、もう1回。」
山 「じゃ、いくよ。 ・・・ワン!」
田 「タン!」
山 「それもありだけど、そうじゃないんだなぁ」
田 「そっか、これじゃなかったか・・・」
山 「ワン!」
田 「カベリカシュー!」
山 「ワンカベリカシュー?」
田 「ペルー中南部にある州。」
山 「そんなん知らんわ! ・・・ワン!」
田 「ガン!」
山 「ワン!」
田 「パク!」
山 「ワン!」
田 「ダホー!」
山 「・・・なぁ田中。お前、わざとズラしてないか?」
田 「いや、それはない。山田の意を察して答えているつもりだが。」
山 「そうか、じゃもっとシンプルに考えてくれ。いくぞ、・・・ワン!」
田 「タッチ!」
山 「ツーと言え、馬鹿! 」 



やはり二人は、「つーと言えばかー」の仲なのでございます。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村