まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2017.02.27

どうも。

三流亭まん丸でございます。


「プレミアムフライデーとは?」


んー、プレミアムフライデーですか?
いわゆるひとつの花金、
花金とほぼセイム、
つまりフラワーゴールドですね、ええ。

意味ですか? 

んー、ややもするとミーンはですね、
我が栄光の巨人軍がシーエムしてた
元気ハツラツのリアルゴールド、
そのリアルゴールドが「リアルなゴールド」ですから、
そういう意味においては
フラワーゴールドは「フラワーなゴールド」
ということではないでしょうか、ええ。

え、リアルゴールドではなく、オロナインC?

これはアイ・アム・失礼。



ミスター長嶋さんに聞いたのが間違いでした。(苦笑)



どこの誰が考えたか知りませんけど、これ、
我々庶民と違った次元にいる方々が思いつきで始めてみた
いわゆるひとつの「お戯れ」なんじゃないでしょうか。

これで、本気で消費を喚起させようなんて思っているんでしょうか。

庶民がお金を使わないのは所得が増えないからで、
暇と時間がいっくらあったってお金がなけりゃ使いません。
たとえ仮に多少のお金があったとしても、
将来の先行きが不透明なら、とりあえず貯めとくでしょう。

早帰りさせりゃ一杯飲んでから帰るだろうって、
そりゃあまりにも庶民を馬鹿にしすぎじゃないでしょうかねぇ。


そもそもネーミングセンスも皆無ですよねぇ。
プレミアムには「上等な」とか「高級な」って意味合いもあるけれど
早帰りできたって、上等なことや高級なことなど何もないでしょ。
「追加料金を支払うともらえる品」とか「割増金」という意味で考えるなら
お金を一切使わないでいつもよりも3時間早く帰宅することで
妻のご機嫌悪化速度が割増しされるくらいしかない。(苦笑)

もし百歩譲ってプレミアムフライデーという呼び名でいくなら、
会社側が15時以降の仕事を残業と認定し、
15時からの18時までの3時間は
「いつもの残業代×2倍」の割増し残業代を支払うくらいしないと
プレミアム感がまったく漂わないし、名と内容が合致しない。

ま、どうせ会社側は
一銭たりとも残業代の割増しなんかしないでしょうから
「サービス残業時間が、通常より3時間割増し」
ってあたりがプレミアムフライデー・・・
いえ、リアルなゴールドなんじゃないでしょうかね。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.02.23

暗記

どうも。

三流亭まん丸でございます。


高1の長男は期末テスト直前、
勉強が終わらず真っ青な顔してます。

普段からちょっとずつでも勉強しときゃいいのにねぇ。

「気分が悪くなってきたから、寝る。」

おいおい・・・。




「明日の試験、どうよ?」
「ぜんぜん勉強してねぇよ。」
「まいったなぁ。」
「ほんと、困っちゃったなぁ。」
「あ!」
「どうした?」
「オレ、今、凄いこと、思いついちゃったよ。」
「なんだよ。」
「暗記パンってあるじゃんか。」
「ドラえもんの秘密道具のあれか?」



説明しよう!

暗記パンとは、スライスされた食パンの形状をしており、
ノートや本のページに押しつけ、
書かれた内容をパンの表面に写して食べると、
その内容が確実に暗記できるという、
学生諸氏にとっては夢のような秘密道具なのだ!




「そう、あれ。あれを使えばいいんだよ。」
「のび太が一度に凄い枚数食べて、全部もどしちゃったってオチ、知らないの?」
「知ってるさ。あれはのび太だから、しくじったんだよ。」
「へ~、じゃ、何かいい方法、あるのか?」
「もちのろんさ。オレはのび太と違って、頭いいからなぁ。」
「どうすんだよ。」
「まず、暗記パンをビックライトでデッカクする。」
「ほう、それで?」
「そこに教科書を押し付けて、全試験範囲を写す。」
「完璧じゃん。・・・でもさ、そんなデカいパン、食いきれないじゃないか。」
「まぁまぁ。 ・・・おまえ、暗記パンを何を使ってデッカクしたか覚えてるか?」
「・・・あっ! そうかっ! 」
「そう、今度はスモールライトを使ってパンをちっちゃくする。」
「なるほど!」
「もどさないように、元にもどしてから食うのさ。」
「うまいこというね。冴えてんじゃん。」
「冴えてピカピ~カ ♪ ってな。」
「なんか、ちょっと余裕出てきた。」
「ああ、なんかイケそうな気がしてきたよ。」





もしや、長男は、そのままの暗記パンを食べすぎたのか・・・








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2017.02.20

女子

どうも。

三流亭まん丸でございます。


男子校で育ったせいか、
女子に対して憧れみたいな幻想を抱いているような気がします。
ただ、やっぱり現実を目の当たりにすると、
淡い妄想も木端微塵にされることが非常に多かったです。
妄想世界の女子と現実世界の女子との決定的な違いは、
「現実女子は面倒くさい」ってこと。
「優しい人が好き」と言ったその口で
「優しすぎて気持ち悪い」と平気で言うでしょ。

・・・あ、これからこんな調子が続きますので最初に謝っておきます。
女子の皆さん、ごめんね、ごめんね~。



「私と仕事、いったいどっちが大事なのよ!」

これ、デートに遅刻したり休日が急に出勤になって
デートをキャンセルしなくてはならなくなった男子に対して、
カノジョが用いる非常に面倒くさいお言葉。

「君に決まってるじゃないか」と答えればその場は何とかおさまりそうですが、
なんかあったら「経済力のある男が好き」とほざいてポイッと捨てるんでしょ。

それに、そもそもそんなもん、比べようがない。
そういう比較対象にならない二者択一をせまる女子に対して
「ニートのオレでも好きなのか、オレがニートになっても好きなのか?」
って質問し返したら、なんて答えるつもりなんでしょ。

答えは「ニートは嫌い」でしょうけど。



「ねぇ、私のどこが好き?」

これも面倒くさいですよねぇ。
カノジョ本人が気に入ってるポイントを的確に射抜かないと
逆ギレされる恐れがある、地雷のような質問ですよね。
好きなところが、カノジョが普段から「嫌だな」と気にしてる箇所だったら、
答え方に細心の注意を払わなければいけません。
本当はタルタルでプニプニしている二の腕がすごーく好きでも、
もし機嫌を損ないそうならば
そこをフォローし状況を好転させるための二の矢、三の矢を
いつでも放てるようにあらかじめ用意しておくことが肝心です。

「・・・腕、かな。」
「腕?! このたるんでる太い腕のこと?!」 (ムッとしてる)
「その腕でどんな料理でも美味しく作ってくれるだろ。」

目なら

「・・・目、かな。」
「目?! この一重でちっこい目のこと?!」(ムッとしてる)
「その目で世界中に数いる男子から、こんな僕を選んでくれただろ。」


ふぅ、疲れるぜ。



最後に、もうひとつだけ。
あまり料理が上手でない妻が
「世界の終わりが明日来るとしたら、最後の晩餐には何が食べたい?」
って聞いてきたらどう答えます?
間違っても「おふくろの〇〇」と答えてはけませんよ。
妻にとって義母は、虫の好かない絶対に理解しあえない天敵である場合の方が、
はるかに多いんですから。
「おふくろの」は心の中で呟き、料理名だけ口に出しましょう。
でないと、明日ではなく口に出した瞬間に世界が終わります。



ま、結論を申しますと
女子のことを面倒くさいと思うのは、あなたがあなたであるから。
あなたが福山雅治なら、女子は何を言ってもOKで、ちっとも面倒くさくありません。


・・・って、これも幻想ですかね、女子の皆さん。(笑)







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.02.18

雨水

どうも。

三流亭まん丸でございます。

フサフサ・・・

だったらいいなぁ。



「本当にムカつくな。」
「何を朝からイライラしてんのよ。」
「いや、朝からどのテレビ観てても、うすい、うすいって・・・」
「今日は、二十四節気の【雨水】なの。」
「そんなことくらい知ってるさ。」
「じゃ、何で怒ってんの?」
「今日は【頭髪の日】でもあるんだぞ!」





毎月18日は【頭髪の日】。

雨水の話題は
周囲に十分留意してからいたしましょう。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.02.17

どうも。

三流亭まん丸でございます。


東京は4月並のポカポカ陽気になりまして
近所では梅が満開、空が梅の花でウメつくされております。
きれいですよ~。
なかなかこういう機会はありません。
うつむいてスマホばかり見てないで
ウメを向いて・・・
上を向いて歩いてみてはいかがでしょう。


さて梅といえば偕楽園。
偕楽園といえば水戸。
水戸といえば黄門様。

ということで、今回はこんなお話しです。



「助さん、格さん、ちょっとこらしめてあげなさい。」
「何をこしゃくなジジイが! え~い! やっちまえ!!」

カンカン! バシッ! 
シュルシュルシュル~カーン!
キンキン! ズバッ! ドタバッタン!!

「そろそろ、よろしいでしょう。」
「え~い!! 鎮まれえぃ、鎮まれえい!!」
「この紋所が目に入らぬか!」

ジャ、ジャーン ♪

「こちらにおわすお方をどなたと心得る。畏れ多くも前(さき)の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」
「ご老公様の御前である、頭が高い。控えおろう!!」

「・・・ ふんっ」

「き、きさま! ご老公様を鼻で笑うとは無礼であるぞ!」



愚か者っ!   


「余の顔を見忘れたか!! 」 
「余 ・・・?」
「光圀、そなた、江戸城に登城したことがあったであろう!」 

カーン、カーン、カーン ♪




あ”っ!  



「上様 ・・・。」




ウメにはウメ ・・・

上には上がいるものです。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



 



プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad