FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

三流亭まん丸でございます。

日曜日の13時ごろ。
一人で昼ごはんを食べているときに、
ドアホンのチャイムがなりました。

玄関のドア越しに
「どちらさまでしょうか?」
とたずねると

「早川(仮)です。」

は・や・か・わ???

「早川さん? どちらの早川さんですか?」
「昔、〇〇建設さんの仕事でよくご一緒させていただいた早川です。」
「申し訳ありませんが、早川さんという方は・・・」
「あ、あの、こちらは△△社の社長さんのお宅でしょ?」
「はい、私が社長ですが、ご用件は?」
「昔、社長に大変お世話になった早川です。」
「すいません。ご用件は何でしょうか?」
「あ、ちょっと・・・」
「ちょっと・・・、何ですか?」
「いや、20年前くらいに大変お世話になった早川です。」
「で、ご用件は?」
「あ、ちょっと・・・」
「申し訳ありません。心当たりが無いのでお引取り願いますか?」
「いや、ちょっと・・・」

しばらく時間の無駄的問答が繰り返されたのですが
どうしても引き下がらないのでやむなくドアをあけてみますと
見たことない70歳くらいの小太りの男性が、
ニコニコしながらそこに立っておりました。

「どうも、社長! お久しぶりです。」
「・・・。」
「いやだなぁ、お忘れですか? 早川です。」
「・・・。」
「懐かしいなぁ、お元気そうで何よりです。」
「・・・。」
「いや、ちょっと近くまで来たもので、ご挨拶に。」
「すいません。やっぱり私、あなたのこと存じ上げないです。」
「△△社の社長ですよね。」
「はい、社長ですよ。」
「〇〇建設さんの仕事、されてましたよね?」
「今の会長が社長の頃はね。でも15年位前に取引やめましたよ。」
「えっ! 社長は会長に?! で、あなたは?」
「現社長です。3年前から」
「えええっ!」

おいおい。
見りゃわかるだろ、別人だって・・・。

「今、社長・・・、いや会長はどちらにお住まいで?」
「ここから歩いて10分くらいのところに。」
「教えていただけますか?」

道順を教えると、

「どうもありがとうございます。では早速ご挨拶に・・・」

と言うや否やくるっと向きを変え、さっさと歩き始めました。
その姿が曲がり角を曲がって見えなくなった・・・
と思ったら、再び姿を現しスタスタと戻ってくるではありませんか。

「どうしました? 」
「大事なことを言い忘れました。」
「なんでしょう。」
「今度の都議選、△〇党をお願いいたします。では。」


玄関ドアを閉め、居間に戻ると、
フツフツと怒りがこみ上げてきました。

日曜日の食事時間帯に、
突然、勝手に押しかけられて
いきなりそんなクソみたいな頼みごとされて、
即席にOKする奴がいるとでも思ってんのか!

と、熱くキレながら
冷めて伸びた即席メンを食べる私。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.01.14

同じ穴の狢

どうも。

三流亭まん丸でございます。

ろっ骨を強打し、激痛をこらえながら受診した
近所の整形外科でのはなし。

この整形外科、ちっちゃな頃から捻挫や打撲等々で
しょっちゅうお世話になってたとこなんですけど
ここのところたいした怪我もせずご無沙汰いたしまして、
今回はなんと10年ぶりの受診だったようです。

10年前は
「首が・・・」「じゃ、引っ張っとくかの。」
「腰が・・・」「じゃ、引っ張っとくかの。」
「肩が・・・」「じゃ、引っ張っとくかの。」
どんな症状でも引っ張り治療をし
どんな患者にも湿布と痛み止めを処方するという
名医なんだか迷医なんだかわからない
タヌキみたいなお爺ちゃん先生が一人で診ておりました。
そのお爺ちゃん先生が高齢になられ
どっかの大学病院に勤めていた娘さん(私と同い年)が
診察をちょくちょく手伝うようになった頃、
ちょうどその頃からご無沙汰してました。

今回は、すっかり医院の主と化したその娘さんが
私のお相手をしてくださいました。

ちなみにタヌキじじい・・・
いえ、お爺ちゃん先生は、
数年前に夜明けの東の空に輝く明けの明星になったそうです。



「まん丸クン、久しぶり。カルテみたら10年ぶりみたいよ。」
「はい、ご無沙汰してます。」
「元気?」
「元気じゃないからここへ来たんじゃないですか。」
「ま、こんなとこ、しょっちゅう来るとこじゃないわよね。」

この調子のよさ、10年前とちっとも変わってないなぁ。



「で?」
「風呂場で滑って左のわき腹強打しちゃって。」
「あ、わかる! あれ、痛いのよねぇ。 ・・・痛いでしょ。」
「だから、来たんですけど。」
「そりゃそうね。で、どのへん?」
「このあたり」
「よりによってそこ! お腹だったらたっぷり肉クッションついてるのにね。」
「そういう先生もずいぶん、ついたようで・・・。」
「いいえ、私についたのは、肉じゃなくて貫禄。」

おっ!  切り返しがうまくなってるじゃないか! 



「じゃ、上脱いで、ちょっと診せて。」
「あ、痛ててのて」
「あら、私よりも立派なおっぱい。」
「それほどでも。」
「ちょっとはれてるわね。・・・おっぱいのことじゃないわよ」

わかっとるわい!



いったん別室に移ってレントゲン撮影。
しばしののち、出来上がった3枚のレントゲン写真を見ながら、

「残念でした。ここにビビビッとヒビ。」
「ぺキッて音しましたからね。覚悟はしてました。」
「パキッじゃなかったんだ。」
「そんなん、どっちでもいいでしょ。」
「ヒビ入った瞬間、ビビッてこなかった?」

そのネタ、使いまわしてるでしょ。



看護師さんに湿布ペタ、
固定バンドをキューってしてもらっていると

「痛み止め、いる?」
「ぜひ。」
「どっしよっかなぁ」
「イジワル。」
「イジワルじゃないの。痛くないと、つい動いちゃうでしょ。」
「はい。仕事柄じっとしているわけには・・・。」
「安静にしてなきゃ治らないのよ。」
「でも、やっぱり、それは無理ですね。」
「・・・薬飲んで、痛くなくても無理しちゃダメよ。」
「はい。」
「よし! あなたが折れてんだから、私も折れよう。1週間分ね。」

あなたは折れても、ちっとも痛くないでしょ!




まぁ、最初っから最後まで、
終始この調子ですからねぇ。
さすがタヌキじじいの娘、
したたかメギツネといったところでしょうか。


しかしまぁ、改めて考えてみると
耳鼻科の先生しかり、整形外科の先生しかり、
私の主治医ってこんな人ばっかりのような・・・。(苦笑)








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







どうも。

三流亭まん丸でございます。

いよいよ受験シーズン到来ですね。
我が家の次男坊も中学受験直前です。
臨戦態勢で気合いが入りまくっています。

にもかかわらず・・・


私、おととい、
入浴中にスベって
左わき腹を強打し
ろっ骨を折りました。

「この大事な時期に何やってんだか・・・」
と心も折れて、相当落ち込みました。


スベって、折れて、落ち込んで。



・・・どうやら悪いことは私が全部引き受けたようです。



次男よ

これで合格、間違いないぞ!

思う存分、戦ってきなさい!








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2017.01.08

なんだ

どうも。

三流亭まん丸でございます。

オモチにもあきて、そろそろカレーが食べたい頃ですねぇ。


「カレーについてくるアレ、ほら、あれ、なんだっけ?」
「福神漬けか?」
「あ~、福神漬けね、福神漬けはカレーにあうよね。」
「ああ、パリパリっとして、あうね。」
「でも違う。ホレ、アレ、なんだっけ?」
「ラッキョウか?」
「お~、ラッキョウね。ラッキョウもいいね。」
「な、シャキシャキってな、いいよな。」
「でも違う。あれ、なんだっけ?」
「ん? 違うのか・・・。 じゃあ、なんだろ。」
「あのさぁ、なんだっけってオレが聞いてんだろ。」
「だからさ、なんだろって。」
「よく聞けよ、オレはお前に最初っからナンだっけって聞いてるよな。」
「お前こそよく聞け。オレはさっきナンだろって。」


     ・
     ・ 
     ・


(2人一緒に)「な~んだ」





私はライス派ですね。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。

三流亭まん丸でございます。

年が明けました。

昨年は、ひどかったですねぇ。
ひと言で言い表すならば
「本能が理性を駆逐した年」。
世界中のありとあらゆるところで理性というタガがはずれて、
押さえつけられていた自我やひとりよがりな欲求、
鬱積した不平不満が噴出し
それが暴力や示威的行動となって現れ、
これまでおきなかったようなアンビリーバボーな出来事が
さも当たり前のように頻出した1年だったような気がします。

今年もこの悪しき傾向は続くでしょうか。
私の心の中には先行き不透明の
暗澹たる空気が立ち込めています。

はぁ、こんなとき、タケちゃんマンがいてくれたらなぁ・・・



ではなく


ガンジーさんがいてくれたらなぁ。



The future depends on what we do in the present.  

未来は、「今、我々が何をするか」にかかっている。


Honest differences are often a healthy sign of progress.

率直な意志の相違は、進歩を示す健全な兆候だ。


In matters of conscience, the law of the majority has no place.

良心に関しては、多数決では決して決められない。
価値観・道徳的観念・思想・信条・信念は、
多数派が多数であることを理由に少数派を駆逐してはならない。


No culture can live if it attempts to be exclusive.

排他主義の世界では教養は育たない。
人を選び、人を見下し、人を差別し、
人を理解しようとしない、人を人として尊重しない世の中では
素養・教養が生まれ育まれる余地はない。


The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.

弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは、強さの証だ。


I am prepared to die, but there is no cause for which I am prepared to kill.

私には人に命を捧げる覚悟がある。
しかし、人の命を奪う覚悟をさせる大義はどこにもない。


An eye for eye only ends up making the whole world blind.

「目には目を」という考え方は、世界中の人を盲目にする。
報復は問題解決の手段としてはまったく意味がない。
暴力の応酬は互いを傷つけあうだけで、負の連鎖は永遠に続いていく。


In a gentle way,you can shake the world.

優しく穏やかな方法でも世界を動かすことができる。
力任せは反発を招くだけ。
穏やかに丁寧に諭し、理解を求め、
誰もが納得できるやり方を見つけ出せるか否か。
世界を、人を、動かす方法はいくらでもある。





ひとつ、ひとつの言葉を心にとどめて
ひとり、ひとりが行動すること。

それをできるか、否か。

2017年は歴史の大きな分岐点となる年に
なるかもしれませんねぇ。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.