まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2016.11.30

見て見ぬふり

どうも。

「見て見ぬふり」評論家の
三流亭まん丸でございます。

人間、生きていく上で
様々な決断をしなければならないことがありますよねぇ。
自分にとって不利になるとわかっていても
覚悟を決めて「エイや!」と飛び込まなければならないとき。
めぐってきたチャンスをつかむために
これまで培ってきた何かを諦めなければならないとき。

でもねぇ、ある意味これが一番難しい決断かもしれません。

「見て見ぬふり」

あなたな~ら どうする~ 
あなたな~ら どうする~ ♪

あなたは「見て見ぬふり」、できます?



土砂降りの中、ずぶ濡れになって捨てられている
ダンボールの中の子犬を。

長男の部屋の大掃除中、
ベッドの下から出てきたエロ本を。

家族団らん中、
テレビドラマで突如始まったラブシーンを。

「何でも鑑定団」の石坂浩二を
見て見ぬふりする今田耕司を。

課長の、微妙にズレたカツラを。

「忙しい、忙しい」と言ってるだけで、
結局何も仕事をしていないお局様を。

左の手のひらに書いてある、鎌倉幕府滅亡の年号を。

右の手のひらに書いてある、ペリー来航の年号を。

返却された14点の日本史の答案を。

トイレから出てきて後ろがまくれあがったままのスカートに
気づかない女子高生のパンティを。

体育すわりしている小4・山田君の
短パンからはみでているお稲荷さんを。

童顔でGカップの英語科女教師・みさと(38歳)の
はちきれんばかりに自己主張しすぎる胸を。

道に落ちていた分厚い財布を拾って
あたりをキョロキョロ見渡している親父を。

TSUTAYAのエロDVDコーナーで、
夢中になって物色している親父を。

深夜に居間でこっそりAV鑑賞をしている親父を。

あとをこっそりつけている、「はじめてのおつかい」中の愛娘を。

街中で偶然見かけた、
男の子と仲良く腕を組んで歩いている愛娘を。

彼女の右の鼻の穴から見え隠れする毛を。

彼氏のばっちり決めたスーツ姿、
左袖についている赤い値札を。

彼氏の上着のポケットに隠してある
プロポーズ用のリングを。

一生懸命「赤い羽根共同募金」を呼びかけるボーイスカウトを。

クリスマスプレゼントを
ぼくのまくらもとにおこうとしているおとうさんを。

元日に届いた、
今回から出すのをやめた相手からの年賀状を。

残高439円の預金通帳を。

サウナで、背中に龍のお絵かきしている人を。

ショーの休憩中、
頭部をはずしてくつろぐドラえもんを。

超・超高級たらばがに缶詰に印字されていた
2年前に切れている消費期限を。

「今だけ男~」といいながら
高速道路SAの男子トイレに堂々と入ってくるおばさんを。

「明日、地球が滅びます。」という神様からの手紙を。


子供のころに夢見ていた未来を、 
それを諦めようとしてる今の自分を。 




見て見ぬふり、できますか?





あらら?

なんかいつのまに、
ええ話っぽくなってるやん。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2016.11.26

耳鼻科

どうも。

三流亭まん丸でございます。

以前から「禁・増え続ける脂肪摂取」を
妻からキツ~ク言い渡されておりましたが、
来年2月に次男の中学受験がある関係で
11月中のインフルエンザ予防接種も
厳命されておりましたので、昨日を受けてきました。

とはいうものの、いつも注射してもらっていた
内科のおばあちゃん先生が引退・閉院しちゃいましてね。
「さて、どうしたもんじゃろのぉ・・・」と悩んでいたところ、
もうかれこれ20年以上花粉症でお世話になっている耳鼻科で
接種できるということがわかりまして、初めてそこで。

その耳鼻科、院長以下、他の先生、看護師、
事務スタッフ全員女性ということもあって、
もともと子供の患者が多いんですが、
昨日は、もの凄かったんですよ。
佃煮にできるほどウジャウジャと・・・。

「えらい混んでますねぇ」
と馴染みの受付の木村文乃嬢に話しかけると、
文乃嬢、苦笑いしながら
「火曜の午後が先生の都合で休診だったもので」。

なるほど、水曜日が祝日、木曜は元々の休診日ですから
3日分の鼻垂れ小僧達がこの金曜日に殺到したわけか。
なんと待ち人数25人、時間にして110分待ち。
夢の国・ディズニーランドかと思いましたよ。
ま、木村文乃嬢が可愛いので許しますけどね。

でもねぇ、想像してみてくださいな。
鼻垂れ小僧達がワーワーギャーギャー騒ぎながら、
そこいら中駆け回っているそんな阿鼻叫喚の世界を。
そこに作業着姿のおっさんがポツンと一人座ってんですよ。
場違い感がハンパ無くて、居心地が悪いのなんのって。
悪夢の国にいるようでしたね。
ま、木村文乃嬢が可愛いから我慢しましたけどね。

それでもね、待ってる間って意外と退屈しないもんなんですよ。
竹を割ったような性格の院長がなかなか面白い方で、
治療に対して必死に抵抗を試みようとする子供達との、
白熱したあの手この手を駆使した駆け引きの様子が
待合室まで聞こえてくるんですよ。

「いやだぁ、鼻ジュジュジュってやるんでしょ。」
「ええ、そうよ。でもおとなしくしてればすぐ終わっちゃうわよ。」
「どれくらいで?」
「イチ、ニッ、サン!ってくらい。」
「・・・わかった、じゃ我慢する。」
「お、さっすが男の子! じゃいくわよ。」
「うん」
「はい! い~~~ち、に~~~い、 のおお さぁ~~~ぁ・・・」

う、う、うんぎゃぁ~!! (号泣)

「ぁ~~ん、 ・・・はい!終わり。痛くなかったでしょ。」


ひどすぎる・・・。



そんなこんなで
17時ちょい前に受付して、
順番が来たのが18時50分。

「あら、この時期に珍しいじゃないの。」
「院長に会いたくて。」
「でしょ。・・・で、もう(スギ花粉が)飛んでんの?」
「そんなわけないでしょう。院長、相変わらず飛ばしますね。(笑)」
「じゃあ、どっか悪い?」
「いえ、絶好調です。」
「じゃ、帰っていいわ。私、もう疲れちゃったわ。(笑)」
「・・・そういうわけには。予防接種、お願いしますよ。」
「あ、そういうことね。じゃ、この問診表、書いて。」

問診表、書いて提出。

「じゃ、腕、出して。」

左腕を「く」の字に曲げて、グッとつき出して
遠山の金さんが桜吹雪を見せるような格好になると

「違うの! モナリザみたいにするのよ。」
「モナリザですか?」
「・・・で、何してんの?」
「今、モナリザみたいにって・・・」
「そんな格好したまま微笑んでんじゃないの!」
「だって・・・」
「腕を抱えるの! モナリザみたいに!」
「こうですか?」
「そう。 ・・・微笑まなくていいの!」

「シビれたり、いつもよりも痛かったら言うのよ。」
「へい。」
「じゃ、打つわよ。」

「痛っ!」 

「あ、そう。 もうちょっとね・・・。」

「痛いですってば!」 

「・・・はい、終わり。大丈夫だったでしょ。」
「いや、痛かったですよ。」
「でもシビれはなかったでしょ。」
「いや、シビれましたよ。 ・・・院長の一流の腕にね。」
「あら、嬉しいわ。もう一本サービスしよっか?」

隣に立って、
事の一部始終を見ていた看護師の井上真央嬢が
肩を震わせながら笑いを必死にこらえてましたよ。



診察室から出ると、
次の鼻垂れ小僧(推定5歳)が呼ばれ中に入っていきました。

受付で文乃嬢に診療費を支払っていると
中から院長と子供の緊迫のやり取りが聞こえてきました。

「痛くないわよ、だいじょうぶ。」
「怖いよ~」
「目、開けてるから怖いのよ。目、つぶって!」
「どれくらい?」
「イチ、ニッ、サン! くらいかな。」

ふんぎゃぁ~!! 




では院長、また2月からお世話になります!








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2016.11.24

紅白歌合戦

どうも。

三流亭まん丸でございます。

今年の紅白歌合戦の出場歌手が発表になりましたね。
近年の傾向は「質より量」。
今年も御他聞にもれず・・・(苦笑)

でも本当はね、
大晦日の夜くらい、
聴き応えのある名曲の世界を
心ゆくまで堪能したいものです。


【紅】




【白】





個人的には、これで十分。







・・・え? 


ボケがないから不十分?



じゃ、こちらを。










ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






ということで、
今年の流行語大賞ノミネート30語が選出されました。
やっぱり、わからない言葉ばっかりで・・・。(苦笑)
今年の30語も独自に調べてみましたよ。


【盛り土】
「もりと」と読む。 2016年の男子新生児につけられた名前No1。

【歩きスマホ】
もはや「人間がスマホを操りながら歩く」のではなく
「人間がスマホに操られながら歩いている」状態をさす。

【ポケモンGO】
常識人・非常識人判別アプリ。

【おそ松さん】
え? 私のことですか? 
私、おそ松さんじゃありませんよ。

【斎藤さんだぞ】
と、いわれましても・・・。

【君の名は】
三流亭まん丸と申します。

【都民ファースト】
県民ピッチャー
道民キャッチャー
府民セカンド
市民サード
町民ショート
村民レフト
区民センター
島民ライト。

【アスリート・ファースト】
スタイリスト・ピッチャー
トリマー・キャッチャー
アーティスト・セカンド
デザイナー・サード
エンジニア・ショート・・・ってもういい!

【保育園落ちた、日本死ね】
保育園が落ちてきたら
日本じゃなくて私が死ぬわ。

【シン・ゴジラ】
劇場用ゴジラの最新作。
これまでの作品は「旧ゴジラ」に分類される。

【レガシー】
富士重工が生産する主力乗用車。
1989年に発売された初代モデルは、
カーマニアから「レガシー × レガシー」と呼ばれている。

【ゲス不倫】
確かにゲス野郎かもしれないが
可愛い女性とチョメチョメできたことについては
ちょっとうらやましい・・・と思ってしまう私って
やっぱりゲスなのかもしれない。

【びっくりぽん】
「中」「あ、それポン!」
「白」「おっ、それもポン!」
「まさか・・・、発」「ポォォォン!!!」
「うっひゃああ!」
役満確定、こういう鳴きを「びっくりぽん」という。
徹夜マージャン、そして朝が来た。

【アモーレ】
「愛の奇跡♪」の曲中に行われるヒデとロザンナの掛け合い。
「は~、どっこいしょ、どっこいしょ」「あ、それ、それ!」「ちょいな、ちょいな」・・・
みたいなもん。

【 AI 】
A ~ I ああ~ 君からもら~い泣き ♪
これもまぁ
「は~、どっこいしょ、どっこいしょ」「あ、それ、それ!」「ちょいな、ちょいな」・・・
みたいなもん。

【マイナス金利】
なかなか預金が集めることができない信用金庫が
新規預金を集めるために考え出した新しい預金。
「MY 茄子 金利」
もちろん利息は、茄子の現物支給。

【神ってる】
薄毛で悩んでいた課長が、
週明け・月曜日の朝、
フサフサになって出社したときの様子。

【EU離脱】
定期試験で、やむを得ず英語を捨てること。
「English Understand を離脱する」の省略形。

【PPAP】
①パッツンパッツンな兄貴のパンツ
②ピッチピチの兄貴のパンツ
③プリティピンクの兄貴のパンツ
④プッチンプリンな兄貴のパンツ

【センテンススプリング】
くるくる回っている形状をしたバネのこと。
「旋転、スプリング」
・・・座布団1枚、持ってけ!

【トランプ現象】
想定を超えた信じられない出来事のこと。
虎 + ランプ = 象が現れた!
・・・残りの座布団、全部持ってけ!

【ジカ熱】
温泉地など地下温度の高い場所で試みられている
新発電システムのこと。
「地熱発電」または「地下熱発電」という。
温泉や地温の蒸気等でタービンをまわすが、
蒸気量が一定でなく発電量が安定しないため
電気料金は「時価」である。

【パナマ文書】
租税回避地を利用して蓄財に精を出す、
法的には問題ないが気分的に許しがたい
人たちの名が掲載されているリストのこと。
対義語 : ナマポ文書

【聖地巡礼】
高校球児の聖地は甲子園。
大学受験生の聖地は東京大学。
オヤジ達の聖地は温泉女風呂。
訪れるのは簡単だが、入るのは難しい。

【タカマツペア】
プロ野球賭博問題で巨人軍を解雇された
高木投手、松本投手のこと。

【SMAP解散】
集合は1月4日です。

【文春砲】
角界期待の大型力士が新十両に昇進するにあたり
新たにつけられた四股名。
恐れを知らない現役最強の名ではないだろうか。

【新しい判断】
強引に推し進めてきた事案が失敗しているにもかかわらず
謝罪やそこまでの責任を一切負わなくても良しとなる魔法の文言。
同義語 : 道半ば

【くまモン頑張れ絵】
①くまモンが頑張っている様子が描かれている絵。
②くまモンが頑張れ!と応援している様子が描かれている絵。
③くまモンが頑張って描いている絵。
④くまモンが頑張って鑑賞している絵。
⑤くまモンを頑張れ!と応援している絵。

【民泊】
「終電なくなっちゃったね。」
「・・・今夜は帰りたくない。」
「えっ?!」
「ずっとケンジと一緒にいたいの。」
「アケミちゃん・・・、いいの?」
「うん。」
二人を乗せたタクシーはケンジのアパートへ。
翌朝・・・。
部屋を出ようとするアケミを呼び止めるケンジ。
「アケミ、ちょっと待って!」
「どうしたの?」
「1泊3000円になります。」





今年の30語は、ちょっとボケづらかったですねぇ。(苦笑)





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2016.11.15

新解釈

どうも。

三流亭まん丸でございます。

さて、昔から「言葉は生きている」などと申しまして
新たな言葉やこれまでと違った言い回しなどが
次々に生まれてきているようです。

てなわけで。
今年の流行語大賞ノミネートがある前に
過去の流行語を振り返ってみましょう。
2014年11月25日の記事を再掲載いたします。


今年も(2014年)ももうこんな季節になってしまった。

今年の新語・流行語大賞のノミネート50作品が発表された。
「だめよ~ん、だめ、だめ」「ありのままで」なんかは
「聞いたことはありま~す」だが、
この場で初めて聞くような言葉や、今更この言葉?
というようなモノが結構たくさんあり、
「新語・流行語」っていったいどういう基準でノミネートされているのだろうかと
毎年のように大きな疑問を抱いている。
まぁ、これだけ世間的に注目されるようになったら、
単純に流行り言葉を選ぶというわけにはいかないのだろう。
この結果や影響力を利用して有名になる機会をうかがっている人々や
ビジネスチャンスを広げようとする人々などの思惑が複雑に絡み合って
賞が始まったころの趣旨とはかけ離れてきているもやむを得ないのかなとも思う。

しかしそれにしても、今年の50語は
「えっ?!」というモノが多すぎる気がする。
そこで今回は、新語流行語大賞にノミネートされた50語のうち、
私がこれまでに聞いたことない言葉を
独自に調べてみることにした。


【輝く女性】
ハゲの女性。  同類語 : 光る女性

【バックビルディング】
背中にビルを背負う、
転じて、会社を背負って立つ有望な社員のことをさす。
ただし、背負っているものが重すぎて潰されてしまう社員も多い。

【まさ土】
「まさと」と読む。 2014年の男子新生児につけられた名前No1。

【トリクルダウン】
正確な表記は「鳥、来る、ダウン」。
渡り鳥が日本に飛来する際、鳥インフルエンザを一緒に運んできて、
それに感染した鳥や人たちが相次いでダウンする様子のこと。
…笑い事ではない。

【デング熱】
蚊に刺されることによってかかる感染症。
顔が赤く変色し、鼻が異常な長さに伸びる。
蚊に刺されなくても、おだてられすぎて
調子に乗りすぎるとかかることもある。

【2025年問題】
来年の事を言うだけでも鬼が笑うのだから
10年先の事を言い出したら、
鬼は笑いすぎて悶絶死するであろう。

【危険ドラッグ】
複数のクスリを飲む際、
飲み合わせが悪いと大変危険である。
新たな薬を処方される場合は
お薬手帳を必ず持参し薬剤師さんと相談しよう。

【アイス・バケツ・チャレンジ】
凍らせたバケツを頭の上から落とす。

【マタハラ】
試合を有利に進めているのに、
おもいつき・勘違い・トンデモ采配をおこない、
逆転負けを喫してしまう
巨人軍・原監督を揶揄する言葉。
使用例 : せっかく勝てそうだったのに、
       「また原が余計なことを…」。

【こぴっと】
小人さんのこと。

【ごきげんよう】
デカいさいころを投げ、出た目に書かれているテーマで
だらだらトークを繰り広げる昼のテレビ番組。
「何が出るかな、何が出るかな♪」 「あ、驚いた話だ。」
この番組が30年続いていることが1番の驚きだ。

【リトル本田】
①ちっちゃい本田のこと。ちっちゃくてもエラいそうだ。
②ちっちゃいホンダ、つまりスーパーカブのこと。
③本田さん家に生まれた赤ちゃんのこと。
④本田さんご自身(ムスコ)のこと。

【 J 婚 】
信じられないような組み合わせのカップルによる結婚のこと。
当初は「じぇじぇじぇ婚」だったが、
「あまちゃん」終了後に表記を改めた。

【タモロス】
スーパーホース・オグリキャップのライバルだった
名馬・タマモクロスの省略形。

【JKビジネス】
JR九州の地味で堅実な事業展開のこと。

【レジェンド】
オグリキャップ世代に活躍した逃げ馬レジェンドテイオーが、
1987年天皇賞(秋)で2着に残る激走したレースのこと。
ちなみに1着はニッポーテイオーで、このワンツーフィニッシュは
「テイオー丼」と呼ばれ、競馬史に残る伝説となった。

【塩対応 】
なにか一味足らない時、とりあえず塩をふりかけてみること。

【マウンティング女子】
①株式投資に熱中する30代~40代の金を持っている独身OLのこと。
②炭鉱で働く女性のこと。

【こじらせ女子】
風邪ひいて、無理して出勤し、こじらせて入院し、
周囲に長期的な迷惑をかける女子社員のこと。

【セクハラやじ】
「セクハラおやじ」かと思った! 
一瞬オレのことかと思ってドッキリした!!

【集団的自衛権】
ジャイアンのリサイタルを中止させるために
のび太・スネ夫・静香・ドラえもんらが
一致団結して協力すること。

【積極的平和主義 】
隣町にすんでいる熊さんと八つあんのケンカに、
わざわざ出向いて行って首を突っ込むこと。

【カープ女子 】
広島カープの女性ファンのこと。
若くてカワイイ子が多いことで評判。
広島球団の観客動員数は、
カープ女子とそのカープ女子目当てのオッサン連中で
うなぎのぼり…、いや、コイのぼりになった。

【ワンオペ】
王シフトで一人だけ三遊間に残されるサードのこと。
…王シフトって、わかる人、まだいるのかなぁ。

【ハーフハーフ】
キューピー真央ネーズ。

【壁ドン】
①壁をぶち壊すこと。
②壁を太鼓がわりにすること。
③壁をドンドン作ること。
④壁に親しみをこめて語りかけるときの愛称。
⑤壁を具材にしたドンブリのこと。
⑥壁に寄りかかって「どん兵衛」を食べること。
⑦壁だらけの激安量販店ドンキホーテのこと。
⑧壁の中から化石が発掘された恐竜の名前。
⑨壁ぎわに寝返りうって背中で聞いているドン小西。

【イスラム国】
…こわいので、ノーコメント。

【雨傘革命】
東京ヤクルトスワローズファンが降雨の有無にかかわらず、
応援アイテムに透明ビニール傘を採用したこと。

【塩レモン】
「初恋はレモンの味」というたとえに対して、
「涙で濡れたレモン=しょっぱいレモン=塩レモン」ということから
失恋した時の表現方法の一つ。

【ビットコイン】
インターネット上で使われる仮想通貨。
利便性は高いが、リスクが大きい為
ちょびっと程度にしておくのが望ましい。


これだけ調べて書いても、
どうせ今年は「だめよ~ん、だめだめ」で決まりなんだろう…。




わずか2年前というのに、
すでに死語化しているのもありますね。(笑)

さて今年も次から次へと流行語が生まれてきておりますが
2016年はどんな言葉が選ばれるのでしょうかねぇ。

「ゲス」、「センテンススプリング」、
「第三者の厳しい目」「違法ではないが不適切」、
「ブレグジット」、「リーマン前」、「野党共闘」、
「崖から飛び降りる覚悟」、「盛り土」、
「レガシー」、「〇〇ロス」、「僕のアモーレ」、
「君の名は」、「斉藤さんだぞ」・・・

でも大穴は、
あらゆるウソ、いかなる放言の言い訳に使える便利な言葉、

「新しい解釈」。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad