まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2016.10.30

ハロウィン

どうも。

明日はハロウィンだそうですね。
三流亭まん丸でございます。

別に「ハロウィンとは・・・」などと
講釈垂れるつもりは毛頭ありません。
あ、頭に毛なんて元々無いか。(笑)

ということで、詳しく知りたい方は
どうぞウィキぺディアで調べてくださいね。


なんだかよくわからないハロウィンですが、
日本ではどうやら「コスプレする日」として
定着しつつあるようです。

そういえば土曜日に地元の商店街で
ちっちゃな子供達がコスプレ・パレードしてましたよ。
でもね、子供達は、
わけもわからず変な格好させられて
市中引き回しさせられているような感じ。
むしろ異様に盛り上がってたのは、
子供のそばに寄り添って
一緒にパレードしてたコスプレ姿のママたち。
そりゃもうね・・・
嬉々としてね・・・
カボチャみたいな顔に満面の笑みを浮かべてね・・・
って、これは失礼。

カボチャみたいなお腹してる
私に言われたくはないですよねぇ。



ハロウィンで、もう1つわけがわからないのは
「トリック オア トリート」 ってやつ。
日本語に訳すと
「おう、早くお菓子出せよ。出さねぇと、どうなってもしらねぇぞ。」 
これって恐喝でしょ。

でもね、
橋本マナミみたいな艶やかなお姉さんがね、
ボン・キュ・ボンの身体のラインがわかるピッチピッチで、
おじさんが目のやり場に困りつつも
否応なしにその一点を凝視するような胸元がぱっくり開いた、
それはそれはエロいコスプレをしてね、
「アナタのうまい棒ちょうだい、でなきゃイタズラしちゃうわよ、うふ 
な~んて、耳元であま~くささやくように恐喝してきたら・・・

もしそうなったら・・・

うまい棒あげて、ついでにイタズラされちゃう! 


・・・ってバカか、オレは。



まぁね、興味のある方が勝手に集まって
勝手に楽しむのは一向に構いません。
ただ昨年の渋谷のような
興味のない方にまでご迷惑をかけるような
バカ騒ぎはいただけません。
いただくのなら、家でカボチャ料理くらいが
ちょうどよろしいかと存じます。


「夕飯は?」
「ハロウィンだから、カボチャ煮ようかしら。」
「え~、カボチャでいいけど、もう少しグレード上げない?」
「じゃ、グラタン」


・・・ダジャレオチかい!









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも

三流亭まん丸でございます。

10月21日夜~22日早朝にかけて、
オリオン座流星群がピークだったそうですよ。
ご覧になりました??

未だバタバタ状態が続いておりますので
今回も再掲載でお許しを。

2013年12月15日の記事でございます。



ネットでブログの旅をしていると
文章で埋め尽くされているにもかかわらず、
歯切れがよくユーモアに富んでいて
アッと言う間にその世界に引き込まれてしまう…
そんなブログに出会うことがある。
そういうブログは何も書かれていない行間までもが面白い。
ダジャレとオヤジギャグをあちこちに散りばめた…
いや、無造作にとっちらかっているだけの私のヘッポコブログとは真逆の、
私が理想とする憧れのブログたちだ。
いつか、いつになるかわからないが、こういう文章を書きたいものだ。
文章だけで読んでくださる方々に、
時にはホッコリ、時にはニヤニヤ、
時にはクスクスしてもらえたらいいなと思っている。




毎朝4時に起床し、家族が起きる6時までが私の自由時間、
ゴールデンタイムだ。

起きるとまず、寝室から玄関を経由し朝刊をとり、
台所へ行きコップ一杯の水を飲みながら
朝刊をさーっと流し読みする。
テレビのスイッチをつけニュースで天気予報を確認し、
PC部屋に戻ってPCを立ち上げる。
このブログを確認し、皆さんのブログを拝読する。
ここまでが毎朝無意識のうちに行っている
いつも通りの朝のルーティーンだ。

さて、数日前に1年に1回しか見ることのできない
ふたご座流星群とやらが観測できると聞いて、
心が流星の如くキラリとときめいた。
ちょっと前に見られるはずだったアイソン彗星が
太陽接近で消滅してしまい、
天文ロマンチストである私の期待も
無残に霧散してしまっていたからだ。
情報によると14日の朝方、
陽が昇る直前の2~3時間が絶好の流星群観測チャンスらしい。
夜9時に寝て朝4時に起床する私にとっては好都合だ。
特別に夜更かししたり早起きしたりせず、
いつも通りの生活スタイルのまま
何の無理もせずに観測できるからだ。
ちょっと胸をときめかせながら13日の夜は
いつも通り9時に布団にもぐった。

14日。

朝4時に起床すると、寝室から玄関を経由し朝刊をとり、
台所へ行きコップ一杯の水を飲みながら
朝刊をさーっと流し読みした。
テレビのスイッチをつけニュースで天気予報を確認し、
PC部屋に戻ってPCを立ち上げた。
このブログを確認し、皆さんのブログを拝読した。
6時子供たちが起きてきた。
束の間の静寂が壊れ、慌ただしい1日がスタートした。


ここまで読まれた方はもうお気づきだと思う。


14日は朝、私はいつも通り全く同じ時間に起床し、
無意識のまま全く同じにいつもルーティーンを行い、
何事もなかったかのように1日を過ごしてしまったのだ。
ふたご座流星群は私の記憶の中から彼方へと
ピューッと飛び去ってしまったのだ。

「特別な何かがある日は、
無理してでも何か特別な行動をしておかないと、
何があるのかを忘れてしまう。
いつも通りでいいというのは何ともこわいものだ。」

とつくづくそう思いながらも、
日曜日にもかかわらず朝5時30分から
いつも通りにブログ記事を書いている私であります。





もちろん今回も、
起きてはいましたが、
見ておりません。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2016.10.16

拘泥

相変わらずバッタバタでございますが、
この時の流れが異様に早い世の中で悠長にお休みなどしていると
皆様から忘れ去られてしまうのではという危惧がございまして、
しばしの間、過去の記事の再掲載でその場しのぎをいたしたいと存じます。


今回は2015年1月29日掲載の記事です。




会社で工事写真撮影用に使用しているデジカメが突然壊れた。
もう1台あるデジカメと同じものを早速Amazonで注文した。
お急ぎ便で明日には到着ということで、
業務にそれほど影響がでずにホッとしている。
便利な世になったものだとつくづく思う。
江戸時代ならこうも迅速で簡単には、
とてもいかなかったのではないだろうか。

「ごめんよ。」
「あ、これは八丁堀の旦那、どんな御用件で。」
「うむ、デジカメが突然壊れしまっての、たいそう困っておる。」
「さようでございますか。デジカメでしたらこちらに。」
「お、これは壮観じゃ。数多のデジカメが揃っておる。」
「おすすめは、こちらのでございますが…」
「うむ、どれ、見せてみろ。…ほぅ、…ふむ。なかなか良いではないか。」
「ありがとうございます。ではこちらで…」
「いや、そうはいかぬ。」
「なぜでございますか?」
「武士にニコンはない、と申すではないか。」


新デジカメは、オリンパスでござる。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2016.10.11

  休



「あわてない、あわてない。ズル休み、ズル休み。」



   
一休さん




・・・ズルではありません。(笑)

あれよあれよと、
なんだかわけのわからぬうちに
公私ともにバタバタになってしまいました。

しばしの間お休みをいただきます。
ひと段落つきましたら再開します。

それでは。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2016.10.07

あき

どうも、三流亭まん丸でございます。


秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、
そして、八代亜紀。

雨、雨、ふれ、ふれ、もっとふれ~♪

9月の東京の日照不足は
これが原因だったか・・・。


さて、私は、
秋といえば「読書の秋」でございます。
・・・インテリですからね。(笑)

秋の夜長に推理小説・ミステリー三昧なんて方も
いらっしゃるんじゃないでしょうかね。

ということで、今回はこんなおはなしを。


人の往来がほとんど無い
うっそうとした木々が生い茂った
昼間も薄暗い山道で
1人の男を始末した。
すべてが計画通りに行われ
誰にも目撃されることもなく、
チリ一つの証拠も残さなかった。
まったくもって非の打ちどころが無い。
何から何まで完璧だった。
警察も、何の手がかりもつかめずに
きっと地団駄を踏んでいるに違いない。

2日後の朝だった。
ドンドンとアパートの戸を叩く音で目が覚めた。
「警察です。」
なぜだ?  なぜ警察が?
平静さを装いながら戸をゆっくりとあけた。
そこには2人の刑事が立っていた。
若い方の刑事が
「殺人の容疑がかけられています。署までご同行願えますか?」
一瞬言葉に詰まったが、オレはもう逃げられまいと観念した。
「オレがやりました。」

連行されるパトカーの中で、オレはベテランの刑事に尋ねた。
「刑事さん、一つ聞いてもいいですか?」
「なんだ?」
「なんでオレが犯人だとわかったんですか?」 
「警察を甘く見てもらっちゃあ困るな。」
「でも、自分で言うのもなんですが完全犯罪だと・・・。」
「俺らが現場に着いたとき、ガイシャはまだ生きていたんだよ。」
「じゃ、あいつがオレの名を?」
「いや、ガイシャは何も言わずに、すぐに息を引き取った。」
「じゃ、なんで、なんで足がついたんですか?」
「いま言ったろ。着いた時まだ幽霊じゃなかったって。」





さぁ~むい~ 中身に~ 
腹をたてながら~
読んだぁ 私の このブログ~ ♪




どうもすいませんでした。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad